テニス 観察

ダブルス

ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく

学生の方や、試合にがっつり出ている方は、ダブルスのペアを固定して戦っている方が多いですよね。

強いペアは、お互いの特徴である武器の活かし方を知っています。

どこかペアとかみ合わない、またはシングルス以上の力が発揮されないと感じている方は、まずは確認作業から始めてみましょう!

 

ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく

 


 

■ペアと自分の武器、苦手な部分をしっかり確認しておく

アナタと、ぺアの武器や特徴について、客観的な情報はどの程度ありますか?

まずは事実の確認から。

左利き?バックハンドは両手か、片手か?足は速い?身長は高い? といった項目から、洗い出してみましょう。

その後に、ネットプレーが得意、ショートクロスはあまり打てない、ロブで逃げてしまう性格、など、想定される特徴を出してみます。

この「事実」の部分と、「想定される特徴」の部分を分けて考えるのがポイントです。

「想定される特徴」については調子次第のところもありますので、情報としてはあくまで事実を優先してみてください。

 

■チャンスを作るゲームメーカー、決めるポイントゲッター、の両方ができるように

ダブルスでは後衛と前衛、硬式テニスでは両方をこなす必要があります。

それぞれ、ゲームメーカーとしての後衛、ポイントゲッターとしての前衛での武器が必要です。

例えば、「ストロークはフラット系でクロスで押していける!」というのも武器になりますし、そこに「ポーチが得意」を組み合わせれば、一つのポイントの型ができます。

「スライスサーブが得意」であれば、「スマッシュが得意」な前衛と相性が良いでしょう。

こうやって具体例をいくつかパターンで出してみて、いかに試合で使っていけるかを考えることが大切です。

 

■苦手な部分をカバーできる戦略は、試合前に準備できる!

逆に、苦手な部分も2人でカバーできます。

例えば前衛が「ボレーが苦手」であれば、リターンゲームは下がってしまっても良い。

またはネットにど詰めしてしまって、後ろは後衛がカバーする、という作戦も取れますよね。

スマッシュが苦手であれば、バンバンサイドチェンジしましょう。

ただし、アナタのストローク力が無ければそれも厳しい作戦になります。

苦手と苦手が重ならないように、相手にばれないような工夫を、2人で考えてみて下さい。

 

完璧なダブルスペアなんて、世の中にいません。

強いペアは、お互いで強みを高め、弱みを隠す。

ダブルスも格上ペアと対戦するときには、真っ向から戦うのではなく、ペアで統一意識を持った工夫が大切です。

一度しっかり、時間を取って話し合ってみることをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「並行陣のセンターを攻められたとき」には、後衛のドロップショットが絶対に必要です

    ダブルスの上位の試合では、サーブやリターンから積極的に2人でネットに出…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ペアで実力差があるときは、逆に活かす道を

    ダブルスペア、自分たちのペアに差がある・・・。自分が上、下、色…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚えよう

    ダブルスの試合で、よく前衛がサーバーにサインを出しているケース、ありま…

  5. ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!

    ダブルスの試合を観ていて、感じること。並行陣でせっかく前を取っ…

  6. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

特集記事

  1. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している
  4. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスの前衛、「常に自分の1メートル前」には宝の山がある
  5. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?
PAGE TOP