テニス 観察

ダブルス

ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく

学生の方や、試合にがっつり出ている方は、ダブルスのペアを固定して戦っている方が多いですよね。

強いペアは、お互いの特徴である武器の活かし方を知っています。

どこかペアとかみ合わない、またはシングルス以上の力が発揮されないと感じている方は、まずは確認作業から始めてみましょう!

 

ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく

 


 

■ペアと自分の武器、苦手な部分をしっかり確認しておく

アナタと、ぺアの武器や特徴について、客観的な情報はどの程度ありますか?

まずは事実の確認から。

左利き?バックハンドは両手か、片手か?足は速い?身長は高い? といった項目から、洗い出してみましょう。

その後に、ネットプレーが得意、ショートクロスはあまり打てない、ロブで逃げてしまう性格、など、想定される特徴を出してみます。

この「事実」の部分と、「想定される特徴」の部分を分けて考えるのがポイントです。

「想定される特徴」については調子次第のところもありますので、情報としてはあくまで事実を優先してみてください。

 

■チャンスを作るゲームメーカー、決めるポイントゲッター、の両方ができるように

ダブルスでは後衛と前衛、硬式テニスでは両方をこなす必要があります。

それぞれ、ゲームメーカーとしての後衛、ポイントゲッターとしての前衛での武器が必要です。

例えば、「ストロークはフラット系でクロスで押していける!」というのも武器になりますし、そこに「ポーチが得意」を組み合わせれば、一つのポイントの型ができます。

「スライスサーブが得意」であれば、「スマッシュが得意」な前衛と相性が良いでしょう。

こうやって具体例をいくつかパターンで出してみて、いかに試合で使っていけるかを考えることが大切です。

 

■苦手な部分をカバーできる戦略は、試合前に準備できる!

逆に、苦手な部分も2人でカバーできます。

例えば前衛が「ボレーが苦手」であれば、リターンゲームは下がってしまっても良い。

またはネットにど詰めしてしまって、後ろは後衛がカバーする、という作戦も取れますよね。

スマッシュが苦手であれば、バンバンサイドチェンジしましょう。

ただし、アナタのストローク力が無ければそれも厳しい作戦になります。

苦手と苦手が重ならないように、相手にばれないような工夫を、2人で考えてみて下さい。

 

完璧なダブルスペアなんて、世の中にいません。

強いペアは、お互いで強みを高め、弱みを隠す。

ダブルスも格上ペアと対戦するときには、真っ向から戦うのではなく、ペアで統一意識を持った工夫が大切です。

一度しっかり、時間を取って話し合ってみることをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない

    ダブルスの試合では、いかに前衛が積極的にポーチに出て絡むかが大事なポイ…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう

    ダブルスの試合で、ちょっとしたことだけど大事なこと。その一つは…

  4. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

    ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。私は、主役…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇的に勝率が変わるかも…

    テニスのダブルスの試合で、前衛がポーチに出て後衛がストレートをケアする…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠す…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    勝ちたいという想いが周りに伝わらない選手は、最期まで勝てない選手で終わる
  4. テニス知識

    「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止め…
PAGE TOP