テニス ポジショニング

フットワーク

「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

相手のナイスショット。

それには、2種類あります。

アナタのポジショニングが明らかに隙があってやられた場合と、本当にリスクを冒したナイスショット。

前者は問題ですが、後者は仕方ない。

それくらいの意識が、実際の試合では大事だと思います。

 

「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

 


 

■相手がリスクを冒したショットが入ったら、それは仕方ない

テニスコートの広さって、絶妙だと思いませんか?

男性でも女性でも、守れそうで守れない。

全てを守るには、今の人間の脚力では難しい・・・ように上手く出来ている。

だからこそ、相手が打って来るときに、アナタはどんな心理で構えておけば良いのか。

来る確率が高い、部分をまずは一番にケアする。

そして、「ココは捨てる」という場所を作っておく、くらいでちょうど良いのです。

 

■「捨てた場所」と思えば、切り替えもしやすい

相手のナイスショット、は仕方ないと思ってもなかなか切り替えられない人。

あえて、自分から捨てた場所、という発想を持ってみてはどうでしょうか?

私の場合、ダブルスの試合なら、本当にライン際、例えばアレーのような場所は結構捨てている。

その代わり、センターストラップ上付近、一番来る確率が高い場所は徹底的に集中して守る、ポジションも寄せる。

試合では、これくらいの意識で良いと思います。

ダブルスであれば、ペアと共通認識で持っておきたい部分、ですよね。

 

■自分なりに捨てる場所、を相手の特徴を踏まえて考えてみよう

では、実際にどこを「捨てる」と割り切るのか。

これは、相手次第。

得意なショットも違えば、タイプ、性格も違うので、一概には言えません。

狭いところを狙うのがやたら好き、な選手であれば、あえてセオリー部分を捨てるという選択が必要かも知れませんね。

大事なのは、「全てのコートを守ろうと無理しない」こと。

漠然と全部守ろうとしても、結局動けないで終わるだけですよ。

 

試合では、どうしても欲が出る。

それは、守備でも同じです。

あそこも、ここも、守りたくなってしまって・・・結局相手に良いようにやられてしまう。

そんな試合は、卒業しましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス チャンス
  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    全てのボールに対応しようとすると、結局プレーは中途半端にしかならない

    テニスの試合、つい欲が出てしまう。いつの間にか、私たちは「何で…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない

    「また同じ話か・・・」と思ったみなさん。きっと、確実に強くなっ…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ

    試合で大事なのに、つい練習で見落としがちなモノ。それは、フット…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・
  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める
  3. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます
  4. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です
  5. テニス 体力

    練習メニュー

    「テニスの練習って、ギターの練習に似てるかも知れない」と思った話
PAGE TOP