フットワーク

前後の動きに、強くなる!には…?

試合に強い人、の大きな特徴の一つ。

それは、前後の動きに強いということ。

練習なら2バウンドで返しても何てこと無いですが、試合なら失点。

その怖さを知っているから、前へのダッシュも速いしロブで抜かれても諦めない。

こういうプレー1つで、試合の流れは大きく変わります。

みなさんは、どうでしょうか?

 
 

キーワードは、軸足の選択

前に走ったり、後ろに走ったり。

この後に、ポイントは「軸足はどっち?」に尽きます。

軸足をしっかり自分で意識出来れば、前後に動いた後でも自信を持って打てる。

軸足がしっかり作れていないと、フラフラ動いて打つ、自信が無い感じになってしまう。

この意識、しっかり持つことでプレーは劇的に変わります。

軸足を作る、必ずどちらかで

ストロークの時には、基本的にどちらかの足が軸になる。

体重を乗せて、その上で骨盤を動かすようなイメージでストロークを打つと安定感が増します。

前後、特に前に動いた時に大事にしたいのが、「軸足を作る」ということ。

私は右利きですが、フォアハンドで浅いボールはチャンスなら左足を前で軸足、ギリギリキャッチなら右足前で軸足、オープンスタンス気味、で入ります。

きっと、普段みなさんも出来ていることだと思います。

それをハッキリさせるだけで、プレーの精度は変わるはずです。

ボールの見極め、が大事

浅いボールが、全てチャンスとは限らないですよね。

厳しいドロップショット、は自分にとって脅威になる。

攻めるのか、守るのか。

自分の脚力をしっかり把握して、軸足を選択していきましょう。

どう止まって、どこで打つのか、をパッとイメージすることがテニスでは大事。

ぜひ、日々の練習の中で意識してみて下さい。



良いスタンスを作れば、ショットは改善される

上半身から反応してない?

前の浅いボール、どうしても腕を伸ばしたくなりますよね。

でもこれをやってしまうと、届いたとしても良いボールを打てない。

結果的に、当てるだけのようなショットになりがち、ですから。

反応は、下半身から。

足から反応して、足から入って軸足を作る。

そうすれば、良い土台が出来てショットも安定するはずなんです。

上手い人の足の使い方、を見てみよう

腕の使い方、ではなく足の使い方をよく観察してみて下さい。

どっちの足から入るのか、余裕があるときと無いとき、で違いは?

このあたりを、しっかり自分の中で確認しておけると、自分のモノに出来ます。

腕の使い方も大事ですが、それよりまずは良い土台を作ること。

そうすれば、コートカバー力は一気に改善されます。

後方への動きも、基本は同じ

ロブで抜かれて、後ろに走る時も。

基本は同じで、どこかで止まって打たないとテニスでは返球が難しい。

どっちの足を出して、ボールを打っているのか。

軸足として機能しているのが、どちらの足なのか。

ロブを追いかけた後に、駆け抜けるようなショットでは返球が難しいでしょう。

進行方向に軸足を出して、そこで土台を作るのが基本、になります。

ぜひ意識して、ボールを追いかけてみて下さい。

   

お勧めの練習方法

ボレー対ストロークからの、ボレーボレー

最初は、ボレー対ストロークでスタート。

2往復したくらいで、ボレー側の選手が浅くドロップボレー気味に打って、そこからはボレーボレー。

ストローク側の選手が浅いボールをしっかり打って、前に出る。

この前に出る為のストロークを、しっかり意識して打てるように軸足を確認してみて下さい。

ボレー対ストロークからの、ロブで抜かれて逆転バージョン

最初、同じようにボレー対ストローク、からスタート。

ストローク側がロブを打って、そのボールをボレー側の選手が追いかけて返球、ロブを打った選手が前に出る。

この形で、逆転してボレー対ストローク、のラリーを継続していけるように進めてみて下さい。

後ろ向きでボールを追いかけて、しっかり返球出来るにはどういう足、土台を作れば良いのか。

試行錯誤しながら、ぜひトライしてみて下さい。

自分に余裕があるのか、無いのか

ここだけ、しっかり練習しながら意識しましょう。

余裕があれば前足で踏み込んで良い、無ければ・・・?

自分の中で、良いスタンスで入れた時の感覚を大事にしましょう。

誰かのコツ、ではなくアナタ自身で掴むコツ、が何より大事ですからね。

ぜひ、意識してみて下さい。



前後に動くと、結構ボロが出ます。

試合で緊張した場面だと、なかなか難しいことも多いですよね。

土台をどう作るのか、をしっかり考えておくだけで、練習でもハッキリ出来て良いですよ。

迷いがあると、それは全てプレーの精度に影響が出ますから。

スタンス、軸足、ここにテニスの秘密があります!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない

    テニススクールや高校の部活動で、よく見る光景。テニスのルールの…

  2. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線

    ストロークの生命線、スタンス。足がしっかり決まっていると、振り…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のドロップショットを読めるようになるには、フライングダッシュを繰り返すのが一番

    試合の中で、強い相手にドロップショットを繰り返される。ドロップ…

  4. テニス メンタル

    フットワーク

    ほんの0.1秒、0.1メートルが、テニスではポイント差になる

    テニスの守備、攻撃。何度か聞いたことのある話だと思いますが、こ…

  5. テニス ポーチ

    フットワーク

    テニスにおいてダブルスが上手い前衛の選手は、「ポーチの後の動き」を観ればすぐに分かる

    ダブルスが上手い選手と聞いて、アナタはどんなプレイヤーを思い浮かべます…

  6. フットワーク

    試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的

    ミスが多い、と試合で感じたら。まず、何をどう変えるべきかを準備…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    練習メニュー

    ダブルスの並行陣に対抗する、「サーブ&ボレー対策」を練習するロブボレーメニュー
  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要…
  3. ボレー

    ネットプレーで特に難しい、「バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ」為に必要な身…
  4. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準…
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー
PAGE TOP