テニス ストローク

フットワーク

テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよう

テニスの試合に出ていると、「守備のときに予測ができない・・・」という声をよく聞きます。

私も昔は、そうでした。

だって強い相手はどこにでも打てそうだし、自分が守るコートってとてつもなく広い。

シングルスの試合なんて泣きそうになる、予測どころじゃない・・・と思ってました。

ですが、ある視点を覚えてから、その意識もちょっと変わりました。

そう、テニスコートと相手のポジションをよく知る、ということが大事なのです。

 

テニスのポジショニングが分からない人は、「自分の守備出来るテリトリー」を把握しよう

 


 

■ネットを挟んだ相手は、「どこにでも打てる」訳ではない

テリトリーとは、守備範囲、担当する範囲、というような意味合いの言葉。

スポーツ以外でも、よく使われる言葉ですね。

相手はどこにでも打てる?

そんなことはありません。

まずはネットがあるので、それをボールが越して来ないといけないし、ネットの両端は真ん中よりも高い。

そして何より、テニスコートは「縦に長い」形をしている。

つまりは、両サイドのサイドライン際、には自然にボールが飛んで来る確率は低い。

まずはしっかりベースライン付近と、それから浅いボール、ここをケアしておけば最低限のつなぐプレーは可能になるのです。

 

■相手のポジションから打てる範囲、の真ん中に立とう!

相手が打つポジション、そこからボールは必ず飛んできます。

コート上で動いている有効なボールは、どんな試合でも必ず1個だけ。

その場所から、自分のコートの端から端、を線で結んでみてその真ん中にしっかり立つ。

つまり、必ずしもいつもアナタは自分のコートの「真ん中」にいて良い分けではない。

相手のポジションによって、本当の意味での相手が打てる範囲の「真ん中」は、常に変化しているのです。

 

■テニスには、速いボールが打てるコース、打てないコースがある

もう一つ、特にダブルスで大事な視点がある。

それは先ほども書きましたが、「ネットの両端は、速いボールが来る可能性が低い」ということ。

「えっ?めっちゃパッシングショット来るけど・・・」と思った方、それはきっと相手が高い打点で打っているときですね。

ある程度低い打点のときには、ネットの高い場所を速いスピードで超えていく、のはリスクが高い。

むしろ、ショートクロスのような遅いボールが来る可能性が高い。

速いボールはセンターストラップ付近、を中心の配球になるのがテニス。

こういう感覚も身についてくると、優先して守るべき場所、が見えてくるのです。

 

テニスでの守備が難しいのは、「真ん中で守る」状況が常に変化するから。

相手のポジションによって、自分でそれを調整していかないといけない。

あと、打点によっても変わってきますよね。

低い打点からは、一度持ち上げる分高い軌道になりやすく、高い打点からはネットの高さが高い両端も狙われやすい。

そうやって考えていくと・・・勘が鋭い人は、気付いたかもしれません。

テニスで最高に攻撃し辛い、そして自分が守りやすい相手のポジションと打点って、実はコートの後ろど真ん中、からの打点低めだったりします。

みなさんも自分のテリトリー、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 守備

    フットワーク

    テニスの試合では、シングルスでもダブルスでも、「コート全体」を守る必要はありません

    ダブルスでもシングルスでも、テニスの試合でボールが飛んで来る場所は限ら…

  2. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です

    テニスの試合、フットワークで差が出る部分。それは間違いなく、「…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    習慣って、怖いなと。私自身、すごく感じます。練習の内容…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

  5. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう

    毎回、打った後に必要なこと。基本ですが、これをしっかり出来てい…

  6. テニス 準備

    フットワーク

    フットワークが正確で守備が上手い人は、実は「大股」で合わせるのが上手い人

    フットワークは細かく!小さい歩幅で!私もよく、この言葉を聞いてまし…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想
  2. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    「バウンドの高さに合わせたテイクバック」で、テニスのストロークはより正確になる!…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ
PAGE TOP