テニス ストローク

フットワーク

カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

テニスをしていて、皆さんが「やり辛い・・・」と感じる相手、どんなタイプですか?

私は、とにかくカウンターが上手い相手、です。

最近のプロ選手のシングルスの試合を観ていても、若手の選手もすごくカウンターが上手いんですよね。

ただ下がって粘る、だけじゃないカウンターテニス。

でも、皆さんちょっと誤解してませんか?

 

カウンターテニスの基本は、下がることじゃなくて要所で「前に入る」ことで強くなれる

 

1.下がってる状態からカウンターなんて、非現実的

よく考えてみると、そうじゃないですか?

どんなに鋭い読みで、相手のボールに先回りしても、それがベースラインの遥か後方だと・・・何も怖く無い。

ただの粘りの一環、でしかないでしょう。

そして、強い相手にはこういう粘りはそう長くは続かない。

大事なのは、下がって粘りつつも、カウンターで攻めていくときには「前に入る」という意識です。

攻撃の姿勢が無いと、試合で使えるカウンターショットなんて打てないですよ。

 

2.相手に「打たせる」「誘う」意識が大事

対戦相手を、自分でコントロールしていく意識を持ちましょう。

すごく難しい?ですか?

確かに、簡単では無いでしょう。

でも、自分であえてコースを空けて待ってみたり、テニスでは色々と罠を張るような仕掛けは作れるはず。

意図的に相手を動かし、打たせて、そこに自分は待ち構えておく。

このコントロール意識こそ、カウンターの名手には不可欠です。

 

3.前に入ってタイミングを速くする、から相手は慌てる

「え?そのタイミングで返ってくるの・・・?」と、相手に実感させる。

ボールの威力、よりもタイミングの速さ。

相手が攻撃して、その余韻が残っているくらいのときに、相手コートにボールを運んでいく。

激しく打ち返す、というよりは、構え直せていない相手にもう一回触らせる、くらいでちょうど良い。

きっと、相手は慌ててミスしてくれる。

でも、これはミスではなくてアナタのカウンター技術そのもの、なんです。

 

4.ボレー戦になったときに、とても有効!

私はこのカウンター意識、特にダブルスのボレー戦で意識しています。

ボレー対ボレー、になったときには、相手は結構余裕が無いんですよ。

打ったボールを見ている、構え直せていない、だから相手に出来るだけ2回目のボールを早く触らせていきたい。

そうすれば、すごくチャンスが拡がりますからね。

強いボールを打つ、必要はありません。

出来るだけ前に入って、速いタイミングで相手コートにボールを戻してあげる。

それだけで、慌ててパニックになる人たちが多いですから。

 

待っているだけ、ではいつまで経ってもカウンターに必要な技量は身に付かない。

「あ、こういうのが相手は嫌なんだな・・・」というのが分かれば、すごく快感になる。

だからこそ、しっかり前に入る、速いタイミングで戻してあげるだけで良い。

カウンターって、テンポを変えることだと思って下さい。

後ろで待っていても、何も事を興すことは出来ないですからね。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス フットワーク
  3. テニス 体力

    フットワーク

    試合中に足が動かないと感じたら、「腿上げジャンプ」をして自分でエンジンをかけよう

    「試合中に足が動かない・・・」と感じると、気持ちが落ちていってしまう。…

  4. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません

    テニスは戦略のスポーツ、読みのスポーツだと言われます。その理由…

  5. テニス ストローク

    フットワーク

    アナタが試合で勝てないのは、「時間を稼ぐショット」を使えないだけかも知れない

    良いショットは打っている、だけど試合に勝てない。ミスが多い?い…

  6. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフットワークとは?

    現代テニスでは、特にトップスピンのストローク力が一般レベルでも急激に上…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 雑誌

    練習メニュー

    失敗の質こそ、その人の未来
  2. 戦術

    テニスにおけるベストなポジションなんて、無い
  3. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす
  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い
PAGE TOP