テニス ロブ

ストローク

相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、悩んでいる方。

もしかすると、アナタのショットは相手に「張られている」かもしれない。

予測されて、呼び込まれている。

特にテニスの試合では、角度を付けるようなショットには注意が必要。

試合では、必要なショットですが・・・相手に「張られる」と怖いショットでもあります。

しっかり注意して打つこと、そして相手に打たせて「自分が張っておく」ことが大事になって来ます。

 

相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

 

1.アングルショットは、ダブルスで必須のショット

シングルスよりも、ダブルスでよく観ますよね。

ダブルスの並行陣を崩すようなショートクロス、アングルボレー、ダブルスならではの華麗なショット。

こういった角度を付けたショットは、ダブルスでは絶対に必要になってくる。

でも同時に、「打つ側の怖さ」も知っておかないと、痛い目に遭う可能性も高いのがこういったショット。

私だったら、こういう「技」を持っている相手には、アングル系のショットを「予測して張る」ことを意識する。

あえて相手に、アングルショットを打たせる、ことだって試合では有効です。

 

2.先に相手の「外側」でボールを触らせてみよう

ダブルスで大事なのは、センターセオリー。

並行陣になると、より2人の「真ん中」を狙うケースが多いですよね。

サーブでもセンター、が基本。

だからこそ、上手い人に限ってコートの外側、のボールは攻撃したくなるんですよ。

冒険したい、ちょっと遊びたい、と思ってしまう。

外側に来たショットは、ストレートにも打ちやすいし、アングルスでクロス方向にも打てる・・・よし!いこう!

と思ってアングルに打たせて、こちらはコースに先回りしておく。

こういう罠って、ある程度上手い選手の方がひっかかってくれやすい。

一番有効なのが、並行陣を敷いてショートクロスを打たせるパターン、ですね。

 

3.並行陣を逆陣形、でショートクロスを仕留める

これは、明日からでも使える作戦です。

ショートクロスのストローク、が得意な相手ってとにかく厄介。

早めに潰しておかないと、試合で並行陣を敷いてもどんどん打たれますからね。

私なら、並行陣の前衛と後衛を逆にして、並行陣のクロスの選手を前にもっていく。

ショートクロスで沈めるスペース、を消しちゃうのも作戦として有り、です。

前衛の選手は少し下がって、ロブ系をケアする。

でも、クロスのナイスロブ、を打たれたら捨てる。

まずは相手のショートクロスのストロークを、しっかり張って潰しておく。

こういう駆け引き、が出来るとダブルスは各段に結果が出だすと思いますよ。

 

4.アングルショットの切り返しは、イメージしておこう!

3.のようなときには、ショートクロスはそのままアングルボレー、でOK。

ストローク対ストローク、でクロスのアングルショットを張れたときには、ストレート方向へのダウンザライン、で外から巻いていくのも良いですね。

ポイントは、自分で攻撃イメージを持って張って待つ、ということ。

前に踏み込んで、ライジングショットで仕留めていくような意識が欲しい。

相手は攻撃しているのに・・・より厳しい反撃、を喰らわせるイメージで。

ダブルスでまずは、ぜひ試してみて下さい。

 

アングルショットは、必須だけどこういう怖さがある。

打った瞬間に、自分が守るべきテリトリー、が拡がってしまうのがテニスですからね。

攻撃したいけど、「もしかしたら、相手張ってるかもな・・・」と、危険を察知出来るかどうか。

自分が「罠を張る側」になると、それも気付けるようになると思いますよ。

全ては、駆け引きをやってみる、覚えるところからですね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テニスの攻撃の幅が拡が…

    浅いボールをどんどん攻撃していきたいけど、テニスというスポーツはネット…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

    テニスの試合では、ポイントを失うにしても最後まで諦めないことが大切。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

    スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。…

  4. ストローク

    「足から直そう、バックハンドストローク」テニスの試合では準備の遅さは致命的

    フォアハンドストロークとバックハンドストローク、俺の場合、比べるとフォ…

  5. テニス フットワーク
  6. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合、強い相手と対戦するときほど、「ラリーを避けよう」と考えてはいけない

    テニスの試合では、自分より格上の選手と必ず対戦する機会がある。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦す…
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    セルフジャッジはクリーンに、しておいた方が良い理由4つ
  3. テニス 観察

    リターン

    サーブ&ボレーの相手に、「しっかりリターンを沈めて攻撃させない」為に必要…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    いつの間にか、「ペアに気を遣って無難な選択しかできない」ダブルスプレイヤーになっ…
  5. テニス 練習

    ボレー

    ネットに詰めたけど、ボールが低い!なら膝を曲げて目線を下げよう
PAGE TOP