フットワーク

自分のコートのどこに、速いボールが飛んで来るのか分かる?

相手が打って来る、まさにその瞬間。

試合に強い人は、何を考えて待っているのか。

それは、速いボールがどこに来るのか、という点に細心の注意を払っているはず。

みなさんも、毎回の失点には共通点がある。

これに気付けるかどうか、が大事ですよ。

 

自分のコートのどこに、速いボールが飛んで来るのか分かる?

 


 

1.どこにでも速いボール、は打てない

テニスは、こういう競技です。

どこにでも、速いボールが打てる訳ではない。

みなさんも試合で、思い出してみて下さい。

速いボールで決められるのって、いつもある程度決まったコースじゃないですか?

ドッカンドッカン、どこにでも相手がエースを取れる訳じゃない。

だったら、まず速いボールが打たれそうなコース、からケアするのが賢い守り方です。

 

2.速いボールは「センターストラップの上」を通過する

ネットが一番低い場所、ですからね。

センターストラップの上を通るボールは、低くて速い。

低くて速いボールが入る、ように設計されているのがテニスコートです。

だから、ダブルスならセンターを前衛が潰す、のが常套手段。

ここをブロック出来るかどうか、が大事なんです。

両サイドはネットが高いから、速いボールは来ないし相手も打てない。

当たり前のようで、これを理解出来て守っているかどうか、はかなり大きな差になります。

センターセオリー、もこのネットが低いところを通せるからセオリー、になってるんですよね。

 

3.速いボールを潰せば、何とか守れるのがテニス

相手に、簡単に決めさせない。

そのためには、速いボールが打てるコースをまず塞ぐこと。

相手のチャンスの場面、ダブルスならガッツリ2人でセンターを守る、で良いと思います。

速いボールを返球出来れば、それだけで良いカウンターになりますしね。

守備から自然に良い攻撃が出来る、そんなペアは自然とこの守りの意識があります。

相手の速いボールを返すのって、快感です。

このカウンターを決める為にも、素早い先回り、が大事なんです。

 

4.慣れると速いボールにビビらなくなる

これも、テニスの上達の証です。

ある程度、速度ごとのコースが読めるようになるんですよね。

そうなると、予測も立てやすいし、速いボールにビビらなくなります。

何が怖いって、「どこに速いボールが来るか分からない」から怖い、と思いませんか?

テニスでは、速いボールが飛んで来るコースはそう多くないですから。

「ここにしか、速いボールは来ないだろう」と思って待てるようになれば、大丈夫。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

 

上手く優先順位、を付けられるようになりましょう。

そうすると、試合でも本当に守りやすくなりますから。

速いボールが来るコースを、予測してみる。

最初は外れたって良いんです、全ては自分で考えてみるところからスタートですから。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. フットワーク

    他人の真似が出来る人は、100人に1人

    「上手くなりたいなら、盗むこと」これが大事です、テニスでも。…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    錦織選手のストロークウォーミングアップ、で改めて気付くこと

    今年も始まりましたんね、全仏オープン。錦織選手の試合、楽しみに…

  3. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう

    フットワークは最初の反応が勝負。途中いくら速く走れても、最初の…

  4. テニス リターン

    フットワーク

    追い付いているつもりが、全然追い付いていない

    ストロークのレベル、皆さんは対戦相手のどこを観て判断していますか?…

  5. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニングを

    テニスの試合、高い軌道のボールがネット際に落ちること。1試合の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めて…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスのフットワークの大原則「かかとから踏み込むこと」がなぜ大事なのか、は明白で…
  4. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう
  5. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くな…
PAGE TOP