ボレー

速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK

速いボールを、ボレーする。

この時に、いかにリラックスして対応出来るか。

フォロースルーを意識するだけで、かなりコントロール性はアップすると思いますよ。

実際に、試合で速いボールを打たれて、弾かれるのは辛いですから。

コツは、フォロースルーを0にする、ということです。

 

速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK

 


 

1.速いボールは、コントロール出来ればチャンスになる

そもそも、試合ではこうなります。

相手も自分が打ったボールが速ければ、次の構えも速くしないといけないのがテニス。

それなのに、結構隙がある相手、多いじゃないですか。

相手の速いボールは、確実に返球するだけで、最高の攻撃になる。

だからこそ、今回のテーマである速いボールをボレーする、ことにぜひ取り組んで欲しいんです。

 

2.フォロースルーは0だけど、ラケットは動かす

全く振らない、感じだとボールは飛んでいかない。

振らないのではなく、当たったらラケットのフォロースルーを停止する。

上からグッと入って、そこで止める、くらいで良いでしょう。

どうしても、ボールを送りたい、運びたい意識が強いと腕を前に出したくなるんですけどね。

そうなると、打点もぶれるし不安定になる。

しっかり止める、ただし、少しだけ上からラケットを打点に入れて、ボールに負けないような形で打つことは大事です。

 

3.打った後、の動きを大事にしよう

むしろ、打った後ですね。

しっかりボレーした後、また次、の準備が出来ているかどうか。

相手がロブを上げて来そうなら、スマッシュの態勢を早く作る。

フォロースルーが0なら、打ち終わってから構え直しまでも早いはずですからね。

とにかく、相手のボールが速いならこちらも準備を早くする。

連続攻撃、をボレーで粘れるかどうか、が試合の肝になるでしょう。

 

4.遅いボレーで返球出来れば、よりミスを誘いやすい

何度か書いて来ましたが、ストロークのボール速度よりも遅くボレーを打ち返す。

このイメージ、湧きますか?

普通、逆をイメージする人が多いんですよね。

ボレーは速く!というのは、試合ではすごく危険。

相手の速いボールを、スライス回転で遅く返球する。

この感覚が持てれば、焦る必要もないし相手からミスも誘える。

速いボールに力んでボレーを強打、しても失点するし怪我するだけ、ですよ。

 

相手をよく見て、プレーすること。

速いボールを打って来る相手ほど、余裕が無い人が多いですから。

確実に返球して、スライスで追い込んでみて下さい。

強いと思っていた相手が・・・簡単に崩れていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ

    試合の中で使えるボレーは、相手をしっかり攻撃していくボレー。で…

  2. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!

    ダブルスの試合、なかなか前衛で活躍出来ないと感じている方へ。も…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    試合で使えるネットプレーは、「ボレーの準備、ラケットセット自分の視界からラケットが消えない」のが大前…

    ボレーの基本は「ラケットを振らない」と、教えられた方も多いと思います。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    コントロールショットほど、ラケットを手首で動かすのは逆効果

    テニスの試合で、どうしてもココに打ちたい!というような場面。こ…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本を見直そう

    テニスでは、ボレーでも深さが重要。なぜならバウンドしたと同時に…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 攻撃

    練習メニュー

    サービスからのクロス&ストレートコース限定のシングルス練習メニュー
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない
  4. テニス 構え

    メンタル

    本当にメンタルが強いテニス選手は、フィジカルも強い
  5. テニス ロブ

    リターン

    サーブを入れることで精一杯な相手には、「タイミングを早くしたライジングでのリター…
PAGE TOP