ボレー

速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK

速いボールを、ボレーする。

この時に、いかにリラックスして対応出来るか。

フォロースルーを意識するだけで、かなりコントロール性はアップすると思いますよ。

実際に、試合で速いボールを打たれて、弾かれるのは辛いですから。

コツは、フォロースルーを0にする、ということです。

 

速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK

 

1.速いボールは、コントロール出来ればチャンスになる

そもそも、試合ではこうなります。

相手も自分が打ったボールが速ければ、次の構えも速くしないといけないのがテニス。

それなのに、結構隙がある相手、多いじゃないですか。

相手の速いボールは、確実に返球するだけで、最高の攻撃になる。

だからこそ、今回のテーマである速いボールをボレーする、ことにぜひ取り組んで欲しいんです。

 

2.フォロースルーは0だけど、ラケットは動かす

全く振らない、感じだとボールは飛んでいかない。

振らないのではなく、当たったらラケットのフォロースルーを停止する。

上からグッと入って、そこで止める、くらいで良いでしょう。

どうしても、ボールを送りたい、運びたい意識が強いと腕を前に出したくなるんですけどね。

そうなると、打点もぶれるし不安定になる。

しっかり止める、ただし、少しだけ上からラケットを打点に入れて、ボールに負けないような形で打つことは大事です。

 

3.打った後、の動きを大事にしよう

むしろ、打った後ですね。

しっかりボレーした後、また次、の準備が出来ているかどうか。

相手がロブを上げて来そうなら、スマッシュの態勢を早く作る。

フォロースルーが0なら、打ち終わってから構え直しまでも早いはずですからね。

とにかく、相手のボールが速いならこちらも準備を早くする。

連続攻撃、をボレーで粘れるかどうか、が試合の肝になるでしょう。

 

4.遅いボレーで返球出来れば、よりミスを誘いやすい

何度か書いて来ましたが、ストロークのボール速度よりも遅くボレーを打ち返す。

このイメージ、湧きますか?

普通、逆をイメージする人が多いんですよね。

ボレーは速く!というのは、試合ではすごく危険。

相手の速いボールを、スライス回転で遅く返球する。

この感覚が持てれば、焦る必要もないし相手からミスも誘える。

速いボールに力んでボレーを強打、しても失点するし怪我するだけ、ですよ。

 

相手をよく見て、プレーすること。

速いボールを打って来る相手ほど、余裕が無い人が多いですから。

確実に返球して、スライスで追い込んでみて下さい。

強いと思っていた相手が・・・簡単に崩れていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    前に詰めてのドロップボレー、はなぜ決まりやすいのか?

    ドロップボレーが甘くなる、なかなか決まらない・・・と、悩んでいるみなさ…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?

    自分が打ってるボレー、長さを上手く調整したい。ドロップボレーも…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

    「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。みなさんは…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを誘える

    遅いボールは打ちやすい?きっとテニスをやっている人は、この答え…

  5. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージしておくこと

    自分がネットに出ていて、相手のパッシングショットが厳しいコースに飛んで…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」…
  2. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
  3. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?
  4. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意
  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる
PAGE TOP