テニス ボレー

ボレー

テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟

ダブルスの並行陣、または少しロブで下げられた場面。

テニスでは、意外とネットより低い位置でのボレー、をする機会が多い。

この処理を観ていれば、すぐに分かります。

その選手が、テニスというスポーツをしっかり理解しているのか、試合に強い選手なのかどうか、ということが。

 

テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟

 

1.ネットを越えても、入らないですよ

ネットより低い位置から、球速の速いボレーを打とうとする。

それって、ネットを越えても・・・アウト、ですよね?

コートに入れようとすると、ネットを越えない。

どんなにキレイな軌道、ナイスコースでも、テニスって相手コートにバウンドさせるか相手に触らせないと、得点にはならない。

低い位置から、攻撃しようと欲を出してもそれは試合で必要無い考え方。

きっと相手は、「この相手はローボレー、打たせておけば大丈夫だな・・・」と思って楽になる、だけでしょう。

 

2.低い位置からのボレーは、ゆっくり山なりでOK!

サーブ&ボレーのファーストボレー、もゆっくり山なり。

相手に深い位置でストロークさせる、ことが出来れば大成功。

エースも必要無いし、むしろ相手に攻撃されている要素が強い訳ですから、まずは安定感が欲しいところ。

ボールに少しスライス回転をかけて、球速を意図的に遅くする、くらいで低い位置のボレーはちょうど良いはずです。

 

3.相手がポーチに出て来るような、実力者なら・・・

でも、遅く山なりなボールは、どんどんポーチに出られそう。

私も、実際の試合では相手のローボレーを狙ってポーチに出る。

これがダブルスの試合では、常套手段ですからね。

では、必要なものは何か?

それは、コースだけはストレート、クロスと展開出来るようにしておくこと、です。

低い位置からのボレーをクロスにしか返球出来ないと、相手前衛につかまりやすい。

早い段階でストレートにも流して、前衛をけん制する。

そのボールも、遅い速度でOK。

低い位置からは、球速ではなくコースで揺さぶり勝負、でいきましょう!

 

低い位置でのボレー、をどう処理するのか。

試合慣れしていない人ほど、迷い流れで結論が出ていない。

遅いボールで、コースを散らしていく、と考えれば大丈夫。

きっと、試合で上手くさばけるようになるはずです!

 

 

今回のまとめ

低い位置でのボレーは、遅い球速でコントロールして相手を揺さぶっていこう!

 

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの高等技術「ハーフボレー」は、膝曲げ押し出し打点前、で誰でも身につきます

    テニスの試合の中で、サービスライン付近で打つ機会が多いハーフボレー。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「テニスでは意外とコレが難しい!」ハイボレーを安定させるコツのまとめ記事7つ

    簡単そうに見えて、試合ではまったく使い物にならない・・・。そん…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ

    テニスのダブルスで2人がネットに出てプレーする、並行陣の陣形。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれる

    ボレーはしっかり、足を踏み込んで横向き!は、確かに基本です。…

  6. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術

    なかなか前に出る自信が無い、並行陣も難しいという方。きっと、こ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続けるから怖い
  2. ストローク

    シングルスの試合で基本となる、サーブからのバックハンド狙いの展開
  3. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で対応するところから始め…
  4. その他

    Q&A「試合中に痙攣した相手に対して、どう攻めて良いか分からないのですが…
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    踏み込んでストロークで攻撃、していくときには「高い位置でのテイクバック」で上から…
PAGE TOP