テニス ボレー

戦術

「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる

テニスの試合って、みなさん打ち合うスピード、をどの程度意識していますか?

色々な試合を観てみると、レベルが高い試合になって来ると「打ち合う速度」が変わってくる。

ただ単に、「速くなるだけ」じゃないんですよ。

これは、テニスの試合を進歩させていけば、絶対に必要になってくる部分。

つい、速いショット=良いショット、と捉えがちですけどね。

今回は、そこだけじゃない、対抗する部分を考えていきましょう。

 

「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる

 

1.ショットスピードが同じ、なのは拮抗している状態

テニスの試合、ショットのスピード、球速がお互いに同じくらいのとき。

これは、お互いが拮抗している、探り合っているような段階、ですね。

そこから、片方の選手のショットが速くなり相手を動かす、そしてその相手は「遅いショット」で対抗していく。

これがテニスの試合の基本です。

特に、シングルスの試合はそうですよね。

攻撃的な選手がスピンで攻めて、動かされてる側はスライスでつなぐような光景、テレビの試合でもよく観ると思います。

この、球速が速いショット対遅いショット、の場面でしっかり「遅いショット」の側のプレーが出来るかどうか。

アナタ自身、どうでしょうか?

 

2.速いショットを遅くする、スライスという選択肢はありますか?

相手が攻撃して来る、アナタは走って追いかけて、返球する・・・ときに、何を選択するか?

一か八か、のスピンしかないようだと、辛いですよ。

だってそのショットが入っても、戻る時間は無いですからね。

スライスなら、滞空時間が長いし打点が後ろ、になっても返球出来る。

スピンは打点が前、じゃないとコントロール出来ない球種ですからね。

スライスなら、ロブだって使いやすい。

速いショットを遅くする、テンポを下げるようなショットが、2本3本打てるかどうか。

これは・・・試合で勝敗を分けるポイント、だと思いますよ。

 

3.相手の攻撃を無効化する、ことを得意になろう!

私は、結構これが好きです。

まぁ、シコいと言われればそれまでなんですが・・・相手の攻撃を無効化する。

深いスピンのストロークも、スライスで深く返球して、何とかイーブンな状態と保つ。

相手の攻撃を無効化出来れば、それはもう立派な攻撃でしょう。

相手が力んでミスしてくれる可能性も高くなりますからね。

攻撃しているようで、どんどんリスクを冒してもらう。

速いショットを、遅くする、リズムを変える。

これは、テニスの試合で絶対に必要なこと、です。

 

4.遅くするショットは、「置きに行く」感じだと意味が無い

ここで注意したいのは、スライスでも「しっかり振る」ということ。

置きに行く、合わせるだけのスライスは、絶対にやめましょう。

なぜなら、滞空時間も稼げないし、相手の攻撃を抑える力は無いから。

良いスライスは、回転量が多くてボールが本当に遅い、そしてバウンド後に弾まない。

こういうスライス、をしっかり打っていかないと攻撃は凌げないし、無効化出来ない。

上からしっかり、ボールを抑えるようにラケットを動かすこと。

走らされながらも、この意識は強く持っておいて下さい。

 

5.相手をイライラさせるのが、楽しくなる

結構快感、ですよ。

相手は必死に攻撃しているのに、こちらは卓球で言うカットマンのような感じで返球して、遅くする。

最低限、自分が下がり過ぎてドロップが取れないようにならないこと、はケアしておく。

相手が攻撃しているんだけど、イライラしている・・・ようなポイントを増やすと、試合の流れがこっちに来る。

こういうテニスを、楽しいと思えるようになりましょう。

そして、自分が攻撃するときには、「遅くする」ボールを許さない。

一気にネットに詰めたりして、粘らせない意識も大事です。

 

本当に粘り強い選手って、粘っているけど攻撃している。

楽しそうに、相手のメンタルの上をいってるんですよね。

速いショットを打つのが得意な人より、それを遅くコントロール出来る人の方が、テニスの試合は強い。

これは事実です。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    キレイなテニスの選手は、「試合になると崩れていく」ことを覚えておくと試合で戦いやすい

    パッと見で、すごく強そうな相手、いますよね。フラット気味でボー…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合の雰囲気が悪い時の、明るい兆しの見つけ方5つ

    試合の雰囲気が、重たく、暗い。そんなときに、アナタ自身に出来る…

  3. テニス ハードコート

    戦術

    「正直、団体戦が苦手・・・」な人こそ、私はチャンスがあると思います

    最近頂いたご相談の中で、こういう内容のものがありました。「団体…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

  5. テニス 陸上

    戦術

    楽して勝つのが許せない、という人は生涯トーナメントを勝ち抜けない

    先日、こんなご意見を頂きました。「サイトをいつも拝見しています…

  6. テニス メンタル

    戦術

    短い学生テニスの期間に、自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りにやって勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで
  2. テニス メンタル

    戦術

    アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?
  3. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを
  4. テニス メンタル

    ストローク

    試合中に自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう
  5. テニス スライス

    フットワーク

    「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でも…
PAGE TOP