テニス ボレー

ボレー

「チャンスだ!ボレーで決めれる!」ときにこそ、パワーではなく強気にコースで勝負したい

中級と上級の差。

試合に勝てる人と、負けてしまう人。

チャンスで決めることが出来る人、出来ない人・・・。

その差はどこにあるのか?と考えると、一つはこの問題にいきつきます。

チャンスと思って力が入るのか、それとも力が抜けるのか。

この差は大きな差となって、試合結果に反映されるでしょう。

さぁ、変わるべきときは今、です。

 

「チャンスだ!ボレーで決めれる!」ときにこそ、パワーではなく強気にコースで勝負したい

 


 

1.アナタのテニスは充分、コントロールで勝負できる

力で押していくのは、ある意味簡単です。

狙いはある程度、「あの辺かな・・・」という感じで、あとは力で押し込んでいく。

ボレーのチャンスボールは、特に無意識でも結果的にこういうプレーになってはいませんか?

そこには、「このボール1球で、決めないといけない!」と思ってしまっている背景がある。

このプレッシャーが、アナタを苦しめているのは間違いありません。

 

2.スピード勝負のテニスは、絶対に限界がくる

男性でも女性でも、「ボールスピード」を求める方は多い。

入りもしないファーストサーブ、あれは本当に無意味です。

ボレーのチャンスボールでも同じ。

速いボールを打ちたくなる気持ちは分かりますが、意外と自分の前のスペースが空いていたり、打つと決まるコースはたくさんある。

チャンスのときこそ、脱力して相手コートを見て選択できるようなネットプレーに、変えていきましょう。

 

3.平凡なボレーでチャンスを決める、ために必要なことは?

ストロークもそうですが、このサイトでずっと言い続けていることはこれです。

結果的に決まるショットは、無理の無いアナタ自身の平凡なショット。

それを良いコースに打っていくことで、リスクを少なくポイントが獲れる。

「当たり前だけど、それが難しいんじゃないか!」と思った方、平凡ショットのバリエーションを増やしましょう。

増やしていく中には、ドロップボレーもあるでしょう。

ロブボレーも必要だと思います。

激しいハイボレーは・・・平凡ショットのレベルを上げていくしかありませんね。

 

リラックスする一つのコツとしては、横向きボレーを覚えることです。

チャンスは身体から突っ込んで、いつの間にか正面向きになっているケースが多い。

余裕があるようなチャンスでは、しっかり肩を入れると頭が冷静になる。

そんな暗示をまずはかけてみて、試合でも意識してみて下さい。

チャンスをミスして「あーーーっ!!」と言っている自分とは、決別しましょう!

そうすればきっと試合でも、自然に勝てるようになります。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう

    試合の中での、ハイボレーの踏み込み足。これを、しっかり上げてい…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ミドルボレーの安定感アップには、フォロースルーの高さと短さが必要

    自分の腰から胸の高さで打つ、ミドルボレー。簡単そうに見えて、意…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度のイメージが大事

    学生の皆さんの部活の練習を見ていると、ストローク同士のラリーはとてもレ…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大

    皆さんは「ドロップボレー」と聞くと、どんなイメージですか?どち…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを…

    シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないで…

  6. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショットになります!

    ダブルスでもシングルスでも、「上手いな~!」と周りを唸らせるショットの…

特集記事

  1. 戦術

    足し算から、引き算へ
  2. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう
  3. テニス 客観視

    テニス知識

    セルフジャッジの試合で酷いことをされても、テニスでやり返す気持ちを大切に
  4. 日々の雑記

    全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い
PAGE TOP