ボレー

ボレーの基本の構え、意外と出来ている人が少ない

目次

ボレーの基本の構えって、みなさんどうでしょう。

何となく出来ているようで、でも実戦では振ってしまったり、反応が遅くなったり。

基本の構えって、意外と出来ていない方が多いんですよね。

 

ボレーの基本の構え、意外と出来ている人が少ない

 


 

1.自己流でもOK、ただし根拠が必要

試合を見ていると、結構自己流の方もいますよね。

私は、根拠があって自分で考えた結果ならそれも有りだと思います。

それから、もう一つ大事な要素が。

必ず、基本を通ってきているかどうか、というのが大事。

基本となる形、を知ったうえで、あえて崩している。

これを知らないで、ただ何となく自分で打ちやすいと感じる形、になっている自己流なら大問題。

それって、根拠が無く薄っぺらい自己流、ですから。

ボレーの構えは、ちょっとした隙が大きな問題になってしまうこと、になるでしょう。

 

2.ポイントは肘の作り方

私が意識してるのは、肘の作り方。

肘を軽く曲げて、ラケットが胸~お腹の前くらいに来るようにセット。

顔の前、だとちょっと上過ぎかなと思います。

脇も軽く空けて、リラックス出来る感じでラケットを支える手=利き腕で無い方の手、が胸の少し下、前くらいに来る。

ラケット面はバックボレー側を相手に向けて、斜めにセット。

こんな感じでしょうか。

この基本の構え、がベースにあるかどうか、再度確認してみて下さい。

 

3.シンプル・イズ・ベスト

この構えが出来ていると、実はボレーってもう完成したようなもの。

ほとんどバックボレーなんて、ラケットを動かさなくても打てるんです。

力が欲しいときには、踏み込めば良いだけ。

フォアボレーも、ラケットを開くだけ。

ムダな動きを入れない、シンプルな動作だからボレーは安定する。

構えを作る段階で、もう打ち方が始まっている。

それくらの感覚、で私は良いと思いますよ。

 

4.構えがしっかり出来ていれば、少し身体をひねるだけでOK!

ボレーを振ってしまう人は、この感覚で打ちたいですね。

構えがしっかり出来ていれば、少しだけ上半身をひねる、だけでもうボレーは打てる。

正面に近いボールも、上手くさばけるはずです。

テイクバック、ではなく上半身をひねるだけ。

構えが出来ていれば、動かす部分は本当に少なくて良い。

ボレーが上手い人って、ほとんど動いていない、ように見えるじゃないですか。

このあたり、きっちり出来ているからだと思いますよ。

 

時間が無いショットです、ボレーは。

だからこそ、構えでもう8割は完成させておく、後はひねるだけ。

これくらいの意識、で真剣に構えについて考えてみて下さい。

まずは基本、をしっかりやってみる。

そこから、自分で考えながら少しずつ調整、はありだと思います。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. ボレー

    テニスの試合で、「ネットに詰めてのフラットボレーは、肘を伸ばして前に押し出して打つ」ことが大事!

    ネットに詰めての決定力のあるボレー、はつなぐボレーとどこが違うのか。…

  2. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット

    最近大活躍の、マクラクラン勉選手。まだ私自身、何度かテレビで観ただ…

  3. ボレー

    足下のボレーを克服する、5つの秘策

    みなさんも、ネットプレーで足下のボール、苦労しますよね。基本…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  6. テニス 戦術

    ボレー

    沈められるって、実はチャンス

    みなさんは試合で前に出る、ネットに詰めて沈められると…どうですか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  2. テニス 楽天

    フットワーク

    相手の走力を把握できれば、安全なコースで試合に勝てる
  3. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく…
  4. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら待ちかまえよう
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない
PAGE TOP