テニス ダブルス

ボレー

「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不可欠です

テニスのラリーは、速い、遅いが瞬時に切り替わる。

相手が打って来るボールの速度は、自分ではコントロール出来ませんからね。

だからこそ、何が必要なのか?

それは、ボールのスピードやリズムに合わせない、自分で常に「速い」準備を意識すること。

特にこれは、ネットプレーに求められる大事な要素です。

 

「脱・中級者のネットプレー」の為には、ボールスピードに合わせない速い構え直しが不可欠です

 


 

■「ボールに合わせる動き」に、いつの間にかなっている選手は多い

テニスの主役は、ボール。

そのボールに合わせてみんなが動くし、反応する、ポイントの得失が決まる。

だからつい、ゆっくりなボールにはゆっくり、速いボールには速い・・・反応をしたくなる。

ボールに合わせた動きをしていると、反応が遅くなるのは言うまでもありません。

ストロークでもありがちですが、ネットプレーでは特に意識を高く持っておかないと、相手の緩急に振り回されてしまいます。

 

■1球目は良いボレー、でも2球目は・・・?

ボールに合わせた構え、になっている人はまず「構え直し」が遅い。

1球目は良いボレーを打っても、2球目が続かない。

構え直しをすぐにしないといけないのに、自分が打ったボールがバウンド、相手が打つまで「様子見」な時間がある。

これって試合では致命的。

速く準備出来ればフェイントも入れられるし、相手の感じを観てロブを先読みしたり、色々対応が出来るのに・・・。

 

■打った瞬間から、次への動作が具体的に開始しているか?

ネットプレーは特にラリーのテンポが速い。

自分が打った、ラケットからボールが離れた瞬間に、次への準備は始まります。

「すぐ構えよう!」と思っても、そこに具体性が無いとモヤッとしてしまいますよね。

しっかりスロートに手を添えて、胸の前に引き寄せる、前に出した足はもとに戻してポジションを調整する。

大事なのは、準備の速度を高める具体性です。

 

意識を高くする、だけでは行動は変わらない。

何を変えて、何を守るのか。

ネットプレーでは冷静な判断力と、正確なプレーが特に求められる。

高めていくには変えること。

変えて試行錯誤して、試合で使えるようになるのです。

まずはボールに合わせない、自分から速く!を、考えてみていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. ボレー

    「オープンスタンスで片手フォアボレー」を身に付けると、テニスの試合で守備範囲が劇的に広がる!

    ネットプレー、ボレーは攻撃的なイメージが強いですが、守備的な側面も大き…

  2. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術

    なかなか前に出る自信が無い、並行陣も難しいという方。きっと、こ…

  3. ボレー

    遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?

    ドロップボレーを打つ!時に、相手のボールが緩い、遅い。こうい…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう!

    苦手意識があると、テニスではそれが下半身に出る。ローボレー、低…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    自由に打てるフォアハンドボレーを安定させたいなら、「足のつま先を横向き」にすることで壁が出来る!

    フォアハンドストローク同様に、フォアハンドボレーも簡単なようで難しい。…

特集記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ
  2. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について
  4. テニス 名著

    メンタル

    試合でパニックにならない為にも、「自分にとって分かりやすい数値」で作戦を覚えてお…
  5. テニス知識

    「怪我をする前に気を付けろ!」テニスの試合で勝つには疲労をコントロールすることが…
PAGE TOP