テニス メンタル

メンタル

本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考えたい

試合になるとラケットを振れない、サーブを置きにいってしまう・・・という方の悩み、たくさんご相談で頂きます。

練習試合もたくさんしてるし、テニス歴も長い。

なのに試合になると急に縮こまってしまうのは、「負けられない試合」での経験が少ないから。

この秋、出来るだけ自分で工夫して良い経験を積める場所、作ってみませんか?

 

本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考えたい

 


 

■練習試合、は所詮練習の域を出ない

部内、または仲間内の練習試合、それは練習の域を出ません。

自分が勝っても負けても、あまり感情の起伏もないし本気で悔しい、と思う機会も少ないはず。

同じ相手との対戦が増えれば、それはもはや真剣勝負のテイをなさないでしょう。

試合はやはり、緊張感が必須。

その中で自分が何を出来て、出来ないのかを把握していくことが大事です。

 

■真剣勝負が出来る場は、外に出れば作れる

出来るだけ、初めて会う人、外で観客もいる状態での試合をしたい。

「自分には、そんな場が無い・・・」と思ったアナタ、ちょっと目線を変えましょう。

中学の同級生、また試合の対戦相手と、なるべくつながっておいて試合を組んでみる。

そして、外の市民大会に出たり、テニススクールに通うのも良いでしょう。

「お金、かかるし・・・」と思うかも知れませんが、それを安くするのか高いままで終わらせるかは、アナタ次第です。

 

■自分に対して向かってくる相手、自分が向かっていける相手を探そう

身近な仲間でも、「自分が勝たないといけない相手」とは意外と試合をしなかったりする。

弱い相手とやっても、上達しないと思いますか?それは違います。

敗けられないプレッシャーを養うには、しっかり普段から自分に向かってくる相手と試合をすることが大事。

そして、同じように自分が向かっていける格上相手にも、頼み込んで試合を出来るような環境、作りましょう。

 

踏み出す勇気は、強くなりたければ沸いてくる。

自分がそのままの強さでいたいなら、そのまま現状維持でも良いでしょうが・・・きっと皆さんは違うはず。

全国で頑張る皆さんにも、近くにきっと真剣勝負の試合経験を積める場所はあるはず。

ぜひ一度、本気で探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で「まくられ癖が抜け無い」人に共通する、たった一つのこと

    テニスの試合、大抵はリードして終盤を迎えるのに、気が付けば逆転されてい…

  2. テニス テニスノート

    メンタル

    アナタのテニスノートに、「宣言」はあるか?

    テニスノート、皆さん・・・書けてますか?もちろん書いておくこと…

  3. メンタル

    「緩く募集」しても、集まらないし残らない

    すっかり、オンラインでの飲み会や会議が当たり前になってきましたね。…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

    すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多い…

  5. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

  6. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    アナタのテニスを強くするヒントは、「実は対戦相手が持っている」ことに早く気付こう…
  2. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ
  3. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?
  4. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう
PAGE TOP