メンタル

ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある

みなさんにとって、必要なもの。

厳しく苦しいですが、意外とテニスで少ない経験がこれです。

ハッキリした負けって、なかなか無いと思いませんか?

格上との試合、になる前に競って負けたりする、ことが多いはず。

シード選手と戦っても、競って負けると達成感もあるじゃないですか。

見えないものが見えないままでいることって、危険です。

 

ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある

 


 

1.手を尽くして、大敗する試合

これが、あるかどうか、です。

格上相手に、精いっぱい手を尽くしたけど、負ける試合。

それも、大敗。

これが無いと、人はテニス選手として、成長が出来ない。

というか、見えて来ないんですよね、自分の弱い部分が。

普通の負けって、アンラッキーな要素だったり、何とでも言い訳出来るじゃないですか。

ダブルスなら、ペアのせいにだって出来る。

「自分はそんなこと、一切ない!」と言える人、どれくらいいるでしょうか?

私は、そういう人ほど周りも自分も見えていない、と思いますよ。

 

2.中途半端な負け、では堪えない

試合で負ける、もちろん悔しい。

でも、すぐ忘れるじゃないですか。

切り替えは大事ですが、必要な「負けから学ぶ部分」まで忘れてしまいがち。

次の試合はまたすぐにあるし、中途半端な負けってなかなか残らないんですよね。

自分の中で、頑張ったし良いか、となってしまう。

この危機感を持てる人って、そう多くはないですよ。

誰だって、負けを正当化したくなる。

それが人間、だと思っておくのがテニス選手でしょう。

 

3.自分を変えるきっかけは、掴みにいかないと

誰だって、強い相手とやるのはキツイ。

成長になると分かってはいても、辛いですよね。

でも、やっぱり必要なんですよ。

テニスって、1セットマッチなら0-6以上のスコア差って数値では残らない。

でも、ブレイクチャンスが一度も無かった試合ってもっと差がある。

そこまで気付いて、もうどうしようも無い、自分を変えないといけないと気付けるかどうか。

いつだって、自分を変えるきっかけは「ガツン」と頭を殴られたような負け、だと私は思います。

それを経験するには、自分から掴みにいかないとダメ。

行動を興さない人には、何のきっかけも無いままに時間だけ過ぎていきます。



4.いつも大体、敗因は同じ

以前にも書きましたが、これが現実だと思います。

いつだって、敗因は同じ。

自分の中にある弱さって、そう変わらないですよ。

これを自覚出来ているかどうか、向き合っているかどうか。

テニスだけじゃなく、人生をどう生きるかにつながっていく部分だと思います。

大げさな話ではなく、ここに向き合わないとテニスの成長って無いですから。

敗因はいつも同じところにある、ということ。

誰もが毎回、違う敗因を求めていくんですけどね。

そんなに人って、そもそも変わらないですよ。

 

5.お勧めの練習法

まず、試合に出ること。

それも、今までとは違うような大会、環境で試合に出ることをお勧めします。

ずっと出ている試合や大会って、どうしても慣れてしまうんですよ。

慣れてしまうから、自分の実力が正確に測れない。

ぜひ、新しい環境で猛者を相手に、自分がどこまで出来るのかを試してみる。

周りに聞いて、強い人が出ていると噂の大会に、エントリーしてみる。

苦しいことは百も承知、でも強くなるなら、これが一番の近道かも知れませんよ。

 

負けた後、どうするのか。

そのまま変わらないのか、立ち上がるのか。

これって、私はテニス選手として大きな岐路だと思います。

立ち上がらないで終わる人が、ほとんどですから。

立ち上がることを覚えたテニス選手は、ゾンビみたいで強いですよ。

私自身、これからも負けては立ち上がりを繰り返していくしかない。

そうすることが、みなさんに良い情報を届ける記事につながっていくと信じてますから。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け

    何も問題無いのに、焦ってしまう。試合で、実はこういう悪循環に陥…

  2. テニス メンタル
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止めよう

    テニスの大会は、ほぼ全てトーナメント形式。ということは、どんど…

  4. テニス テニスボール

    メンタル

    悔しいという感情を表に出すことは、恥ずかしいことでも何でも無い

    最近、私が改めて感じていること。大人になって、社会人になって、…

  5. テニス ボレー

    メンタル

    試合中に「良い時の自分」と、比べてはいけない

    試合の中で、なかなか調子が上がらない。そんなときに、つい「良い…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?

    T-PRESSを始めて4年、最近私も感じていることがあります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 戦術

    自分の火付けショットは、何?
  3. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?
  4. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの試合で求められるパッシングショットは、速いストレートとショートクロス…
  5. テニス メンタル

    戦術

    相手から逃げるのと、勝負を避けるのは根本的に違うという話
PAGE TOP