戦術

振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について

目次

テニスを長く続けていると、この問題にたどり着く。

ラケットでボールを打って飛ばす、コントロールする。

これが難しい、と感じるようになるはずです。

ただ返すだけ、つなぐだけなら、出来るようになる。

でも、試合ならより力のあるボールで相手の脅威とならないといけないじゃないですか。

振り切ろう、と思うと今度はコントロールが怪しくなる。

今回は、少し根本的な話をまとめてみたいと思います。

 

振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について

1.打つ方向にラケットは、出さない

これ、みなさんどうでしょう。

意外と、理解出来ていない方も多いと思います。

打球方向にラケットを出す、のが基本だと思っている方も多いでしょう。

それは、正解のようで、正解じゃない。

部分的に正しい、と言えると思います。

例えば、サーブ。

ラケットを振っていく方向と、ボールが飛んでいく方向って、同じですか?

違いますよね。

右利きの方のスピンサーブなら、ラケットは右上に振っていくのに、ボールは左上方向に飛び出していく。

この感覚を養わないと、「振り切ってコントロール」って出来ないんですよ。

 

2.全てはインパクトのラケット面、で決まる

私は、こう考えて振っています。

全ては、インパクト時のラケット面。

これがどうなっているか、が大事。

その後のフォロースルー、ラケットの動きって、打球方向と同じじゃないはずなんです。

これを同じにしようとすると、置きにいくような弱いスウィングになってしまう。

振り切ってコントロールするには、「ラケットはこっちに振るけど、ボールはこっちに飛ぶ」という感覚がすごく大事。

分かりやすい例になるか分かりませんが、フォアハンドストロークの逆クロス、で考えてみましょう。

 

3.フォアハンドストローク、逆クロスに打つには・・・?

一番分かりやすい、フォアハンドの逆クロス方向へのストロークで考えてみましょう。

みなさんも、実際の試合ではもうこの打ち方、になっている人も多いはずです。

まず、フォアハンドで回り込むところから。

リターンなので、サーブ&ボレーの相手の足下に沈めたいと考えているとイメージして下さい。

ラケットセットしながら、上半身をターン。

特にリターンでは、準備を早くしたいですね。

そうすると、肩を入れることが出来て、強力なリターンが打てます。

そしてインパクト。

このインパクトの時には、ラケット面は瞬間的に打ちたい方向を向いています。

ただ、この後のラケットの動きに注目です。

打つ方向、右方向ではなく左方向、にフォロースルーは動くはず。

こうすることで、振り切ってもコントロール出来るショット、が打てるんです。

 

T-PRESS YouTube公式チャンネル



4.飛ばす方向ではない、だから振り切れる

既に実施している方も多いと思いますが、改めて確認してみて下さい。

ボールを飛ばす方向と、ラケットを振り抜く方向。

ここが整理出来ていると、無理のないスウィングが出来ますし威力もアップする。

3.で書いたような、相手の足下に沈めるようなショットも打てるはずです。

何となくモヤモヤしていると、試合では不安定になりがちですよね。

ぜひ、みなさんらしいイメージで、フォームを意識して練習していきましょう。

 

5.お勧めの練習法

2.で紹介したように、動画で撮影してみることをお勧めします。

自分のイメージ通りに、身体とラケットが動いているかどうか。

これって、普通にテニスしているだけでは分からないんですよね。

客観的に、動画で確認してみて気付くことも多いはず。

気付くことが出来れば、テニスは変わります。

振り抜いて安定する、試合で強いテニスに変わっていけるでしょう。

 

このコツ、を掴めばテニスは話が早いです。

振り抜けない人って、メンタルが弱いんじゃなくて、こういうところが整理出来ていないだけ。

基本に思っていることが、実は基本ではないかも知れない。

自分で疑ってみて、気付くことってたくさんありますよ。

ピックアップ記事

  1. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. 戦術

    戦術

    ダブルスの後に、すぐシングルスの試合に入る時の心構えについて

    学生のみなさんのテニスの大会は、きっと大忙し。ダブルスの試合の…

  2. テニス 試合

    戦術

    決断の精度は、回数に比例する

    試合の中で、良い決断が出来るかどうか。コースの選択、ポジショ…

  3. テニス 環境

    戦術

    「自分のテニスを変えていく」為には、目先の勝利にこだわらない勇気も大切です

    今、目の前にある試合、1ポイント1ポイントはもちろん大切。です…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「策があって負けるのと、無策で負ける」のでは大違い

    皆さん、試合の中で勝敗以外の部分、気にして振り返れていますか?…

  5. テニス フットワーク

    戦術

    ドロップショットの合格点軌道、を決めておけば試合で楽に使える

    浅いボールを打って、相手を動かす。ドロップショットも、本来これ…

  6. 戦術

    調子の良し悪しこそ、自分の実力

    試合後に、つい逃げたくなる。調子が悪かった、体調も悪かった、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    大事な試合に、どう臨むのか?
  2. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方
  3. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことで…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!
  5. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
PAGE TOP