リターン

リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。

シングルスでも大事ですが、ダブルスは前衛がいますからね。

それに、サーブ&ボレーで並行陣の相手も増える。

低く、鋭いリターンを繰り返し、何度も精度高く打っていく必要がありますよね。

難しいショットですが、だからこそ基本を大事に、意識していきましょう。

 

リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

 


 

1.小さく、引き付けて振り抜く

私が意識しているのは、これです。

ダブルスのリターンは、引き付けて小さく振り抜く。

相手の足下を狙う、目標をネットの上に作る。

センターストラップ上、50cmくらいを通すイメージで。

自分から突っ込むのではなく、しっかりと自分のポイントまで引き付ける。

大振りをしないで、小さいスウィングでスピンスライスをかけていくイメージが大事です。

どうしても、突っ込んでしまいがちですからね。

 

2.突っ込んでしまう人は、最初から前に立とう

リターンで前に突っ込んでしまう人は、最初から前に立ちましょう。

相手のセカンドサーブなら、サービスライン近くに立っても良いと思いますよ。

相手のサーブは、必ずサービスラインよりネット寄り、にバウンドしますから。

最初から前に立っていれば、前に入ろう、と思わなくて良いじゃないですか。

その場で引き付けて、小さく振り抜けば良いリターンになる。

「前に入りながらリターン」って、悪くない形ですが最初から前にいても良い。

特に、サーブが弱い、浅い相手には有効ですね。

 

3.力を与えるのは、「小さい振り抜き」

大振りしなくても、大丈夫。

ラケットとガットで、小さい振り抜きでも充分にボールスピードは出ます。

打ち終わり、もシンプルですし次への構え直しも早い。

力まずに相手にボレーさせるような低いリターン、を意識しましょう。

浮かなければ、そう攻撃されることは無いですから。

相手の前衛に動かれても、慌てる必要はありません。

 

4.低いリターンなら、相手前衛も・・・困る!

強打は出来ないし、ドロップボレーは怖いし・・・。

と、なるはずです。

ポーチに出られても、何も慌てる必要はありません。

しっかりと低く鋭いリターン、をクロスに打つことに集中すれば良い。

低いリターンの癖が付くと、相手もそうポーチに出れないですから。

このリターン、小さい振り抜きでぜひ練習してみて下さい。

引き付けて、捕らえる。

リターンが得意になれば、ダブルスの試合は勝ったも同然ですよ。

 

小さいテイクバックと、小さいフォロースルー。

フォアハンドは、上手く利き腕じゃない方の手、を使ってラケットを止めましょう。

癖付いてしまえば、ボレーの感覚に近い。

ダブルスの試合、ネットプレーへの対策は絶対必要。

まずはリターンから、磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. リターン

    リターンミスが多い時は、相手を見ないでコンパクトに

    リターンが安定しないとき、きっと相手を意識し過ぎていることが多いはず。…

  2. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」の2パターンで対抗し…

    シングルスの試合ではあまり見なくても、ダブルスの試合ではたくさん見る。…

  3. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こう…

  4. リターン

    サーブのプレッシャーが無い、レベルは3回戦まで

    みなさんも、トーナメントを勝ち進んでいくと感じるはず。3回戦く…

  5. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK

    私たちの試合、ほとんどは1セットマッチ。たまに3セットマッチ、…

  6. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く持つこと

    速いサーブは、返し辛い?確かに脅威ではありますが、それだけ相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です
  2. テニス イベント

    戦術

    最低限の試合が出来る、テニス選手になろうよ
  3. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい
PAGE TOP