テニス ストローク

リターン

ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

ミックスダブルスで、もったいないポイント。

それは、男性が女性サーブを「簡単に」ミスしてしまうことでしょう。

ですが、実際はこれって難しいんですよ、リターン。

周りが観るほど、男性が女性のサーブを返球するって、簡単じゃない。

ミックスダブルスの試合で勝ち上がりたいなら、このリターンの改善は急務です。

 

ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

 

1.相手前衛が男性、これが厄介・・・

みなさんも、経験あると思います。

女性サーブということは、相手の男性が前衛にいる。

多少サーブは遅くても、この男性に捕まりそうでリターンはつい、力んでしまいますよね。

むしろ、サーブが遅いとより視界に入ってくるし、嫌な間が生まれてしまう。

だからこそ、アナタ自身しっかり「コンパクトなリターン」にしておかないと。

ラケットの振り幅が小さく、ギリギリまでコースを変えることが出来る、隠せるようなリターン。

女性サーブだから強打?

それって余りに安易な発想ですよ。

 

2.女性サーブは、コントロールリターンで

私なら、まず女性の前のスペース、雁行陣の泣き所を狙います。

ドロップショット気味のリターン、特に相手の女性がサーブ&ボレーをしてこない、ようなときですね。

そして、同じ構えから男性の頭上、ロブを使う。

これは男性にスマッシュを打たれないように、バックハンド側に上げて触らせるようなイメージ。

女性サーブは、コントロールリターンで対応するのが、ミックスダブルスの基本。

こういう意識だと、すごく良い感じで対応出来ると思いますよ。

 

3.コンパクトなリターン、こそダブルスの基本

コンパクトなリターンって、みなさんイメージ出来ますか?

しっかり振っていく、よりも小さい振り幅、ボレーのような感覚で動かしていく。

スライスがオススメ、なのはこれが理由です。

女性のサーブって、ゆったりと深く、叩こうと思えば叩けるけどミスも多い。

コントロールリターンで相手を動かせば、問題無く対応出来るはずです。

意識したいのは、出来るだけサーブを打った「女性」に2球目も触らせること。

先ほどのドロップ気味のリターンも、余りに浅いと前衛の男性が触りに来ますからね。

少し深めで、アングル気味に女性に触らせる、くらいでちょうど良いでしょう。

 

4.リターンミスは、結論が出ていないからミスになる

意外とこういうケース、多くないですか?

リターンで、結論が出ていない。

クロス?ストレート?ロブ?

アナタ自身、ハッキリさせてパートナーに伝えておきましょう。

この伝える、という作業は大事ですよ。

伝えるからこそ、結論を出せる。

ダブルスなのに自分一人でプレーしている人は、どこか迷いがある人が多い。

良いんです、結果的に出した結論でミスになっても。

出さないでモヤモヤ終わるより、よっぽど次につながりますから。

 

5.女性サーブ対策、絶対に必須です!

繰り返しますが、ミックスダブルスは女性サーブをどう攻略するか、大事です。

意識を高めないとダメ。

男性サーブにばかり、意識がいってはいませんか?

強いミックスダブルスのペアは、ここをしっかり対策して来る、女性サーブを甘く見ていない。

いつでもブレイク出来ると思っていると、そうはいかないですよ。

みなさんのミックスダブルスのペアとして、相手が女性サーブのときに、どう挑むのか。

自分たちは、どうキープするのか。

しっかり具体策で準備しておきましょう。

 

ミックスダブルスの強さ、それは女性のプレーを見れば一目瞭然です。

女性サーブのキープ、ブレイクが、しっかり意図のあるプレーが出来ているかどうか。

これに尽きるでしょう。

コンパクトなリターンは、男性は苦手な人が多いですよね。

この機会に、しっかりコントロール出来るリターン、磨いてみませんか?

きっと男子ダブルスでも役立つはずですよ。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

    ダブルスの試合、リターン。目の前にはまず、相手の前衛がいる。…

  2. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、軸足から踏み込んで体重を乗せることだけ意識しよう

    リターンが安定しない人は、フットワークがちょっとおかしい。普通…

  3. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、ときこそ身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  4. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを活かせるかどうかは、アナタの決断力次第です

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。…

  5. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、スライスでさばく技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、…

  6. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「粘れるネットプレイヤー」に必要な、守備力を高めるオープンスタンスボレーの有効な…
  4. ストローク

    「スライス中毒に要注意!」テニスの試合で陥りやすいストロークの落とし穴
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です
PAGE TOP