テニス ストローク

リターン

コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。

もちろん、安定感がアップするし、リターンの精度自体がアップする、のはすごく良いこと。

でも、私はそれ以上に価値があるのが「その後の動作」がスムーズになることだと思います。

リターンは、打った後が大事。

特にダブルスの試合では、すぐに相手のネットプレーに対応しないといけないですからね。

 

コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

 


 

1.ダブルスの試合は、忙しい!

まず、相手の前衛がいます。

ここに捕まったら、もうすぐに返球されるしテンポが速い。

前衛につかまらなくても、相手のサーブ側の選手が前に出て来る、サーブ&ボレーで並行陣を敷いて来ることも多い。

とにかく、ダブルスの試合って忙しい。

リターンから次、相手のボレーでスタートというケースが多いですからね。

大きなフォームで打ち終わっていると、その次の対応が遅れてしまう。

相手のボレーへの反応だけじゃなくて、自分たちの戦術の幅も狭まっていくんですよね。

 

2.リターンから前にダッシュ!も、コンパクトなフォームなら楽

私は試合でもよくネットダッシュします、リターンから。

だからこそ、リターンダッシュに必要なコンパクトなフォーム、というのが必要になるんです。

リターンを打った瞬間に、構え直して次のボレーに備える。

この打ち方、みなさんイメージ出来ますか?

フォロースルーはほとんど無し、ボレーのように面を作ってリターン、の感じですね。

あくまで、勝負は次のボレーですから。

自分の態勢が崩れないようにしっかり注意すること、を優先することが大事です。

 

3.リターンダッシュだけじゃない、色々な戦術がある

リターンからの戦術パターン、どれくらいイメージ出来ますか?

リターンダッシュはもちろん、他にもたくさんあるはずです。

ストレートに打って前衛に触らせる、または一度クロスにリターンして、その後味方の前衛とチェンジ!してポーチに出てもらうようなプレーも有りますね。

大事なのは、リターンの後にスムーズに動けるような態勢、になっているかどうかということ。

打った後にフラフラしているようなバランスでは、どんな戦術も実行出来ない。

態勢を戻すので、精いっぱいですからね。

 

4.ダブルス用リターンを鍛えよう!

私も、シングルスではそこまで気にしない。

多少態勢が崩れても、強引にフォアで回り込んでみたり、強打したりもします。

ダブルス用のリターンは、そうじゃない。

自分の中で、少しだけ分けて考えて良いと思います。

この辺り、自分で整理出来ていると強いですよ。

「今のは、シングルスみたいなリターンだったな・・・」と、気付けば修正出来ますしね。

ぜひ、自分の中で考えてみて下さい。

 

コンパクトなリターン、前に入って打つ癖が身に付けば難しくありません。

前に入るなら、自然とシンプルに、テイクバックもフォロースルーも短くなりますからね。

下がってリターンしている人、は大問題。

ダブルスの試合、動きの速さに適したリターンに変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス 準備
  2. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  4. テニス ストローク

    リターン

    キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

    スピンサーブがバウンドして、キックして飛んで来る。こんなサーブ…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識すると改善出来る

    ダブルスの試合では、シングルスと違いリターンに「低さ」が求められます。…

  6. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない

    ダブルスの試合、自分のリターンが相手前衛につかまる。これくらい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る
  2. テニス スマートフォン

    テニス知識

    iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?
  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
PAGE TOP