テニス ストローク

リターン

コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。

もちろん、安定感がアップするし、リターンの精度自体がアップする、のはすごく良いこと。

でも、私はそれ以上に価値があるのが「その後の動作」がスムーズになることだと思います。

リターンは、打った後が大事。

特にダブルスの試合では、すぐに相手のネットプレーに対応しないといけないですからね。

 

コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

 


 

1.ダブルスの試合は、忙しい!

まず、相手の前衛がいます。

ここに捕まったら、もうすぐに返球されるしテンポが速い。

前衛につかまらなくても、相手のサーブ側の選手が前に出て来る、サーブ&ボレーで並行陣を敷いて来ることも多い。

とにかく、ダブルスの試合って忙しい。

リターンから次、相手のボレーでスタートというケースが多いですからね。

大きなフォームで打ち終わっていると、その次の対応が遅れてしまう。

相手のボレーへの反応だけじゃなくて、自分たちの戦術の幅も狭まっていくんですよね。

 

2.リターンから前にダッシュ!も、コンパクトなフォームなら楽

私は試合でもよくネットダッシュします、リターンから。

だからこそ、リターンダッシュに必要なコンパクトなフォーム、というのが必要になるんです。

リターンを打った瞬間に、構え直して次のボレーに備える。

この打ち方、みなさんイメージ出来ますか?

フォロースルーはほとんど無し、ボレーのように面を作ってリターン、の感じですね。

あくまで、勝負は次のボレーですから。

自分の態勢が崩れないようにしっかり注意すること、を優先することが大事です。

 

3.リターンダッシュだけじゃない、色々な戦術がある

リターンからの戦術パターン、どれくらいイメージ出来ますか?

リターンダッシュはもちろん、他にもたくさんあるはずです。

ストレートに打って前衛に触らせる、または一度クロスにリターンして、その後味方の前衛とチェンジ!してポーチに出てもらうようなプレーも有りますね。

大事なのは、リターンの後にスムーズに動けるような態勢、になっているかどうかということ。

打った後にフラフラしているようなバランスでは、どんな戦術も実行出来ない。

態勢を戻すので、精いっぱいですからね。

 

4.ダブルス用リターンを鍛えよう!

私も、シングルスではそこまで気にしない。

多少態勢が崩れても、強引にフォアで回り込んでみたり、強打したりもします。

ダブルス用のリターンは、そうじゃない。

自分の中で、少しだけ分けて考えて良いと思います。

この辺り、自分で整理出来ていると強いですよ。

「今のは、シングルスみたいなリターンだったな・・・」と、気付けば修正出来ますしね。

ぜひ、自分の中で考えてみて下さい。

 

コンパクトなリターン、前に入って打つ癖が身に付けば難しくありません。

前に入るなら、自然とシンプルに、テイクバックもフォロースルーも短くなりますからね。

下がってリターンしている人、は大問題。

ダブルスの試合、動きの速さに適したリターンに変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません…

    ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増…

  2. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

  3. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

  4. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!

    リターンの反応速度、みなさんどうでしょうか?きっと、良い時は良…

  5. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

  6. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

    こういう話、みなさん考えたことありますか?私は、ずっと考えています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ
  2. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう
  3. テニス知識

    寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事
PAGE TOP