テニス ストローク

リターン

コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。

もちろん、安定感がアップするし、リターンの精度自体がアップする、のはすごく良いこと。

でも、私はそれ以上に価値があるのが「その後の動作」がスムーズになることだと思います。

リターンは、打った後が大事。

特にダブルスの試合では、すぐに相手のネットプレーに対応しないといけないですからね。

 

コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

 


 

1.ダブルスの試合は、忙しい!

まず、相手の前衛がいます。

ここに捕まったら、もうすぐに返球されるしテンポが速い。

前衛につかまらなくても、相手のサーブ側の選手が前に出て来る、サーブ&ボレーで並行陣を敷いて来ることも多い。

とにかく、ダブルスの試合って忙しい。

リターンから次、相手のボレーでスタートというケースが多いですからね。

大きなフォームで打ち終わっていると、その次の対応が遅れてしまう。

相手のボレーへの反応だけじゃなくて、自分たちの戦術の幅も狭まっていくんですよね。

 

2.リターンから前にダッシュ!も、コンパクトなフォームなら楽

私は試合でもよくネットダッシュします、リターンから。

だからこそ、リターンダッシュに必要なコンパクトなフォーム、というのが必要になるんです。

リターンを打った瞬間に、構え直して次のボレーに備える。

この打ち方、みなさんイメージ出来ますか?

フォロースルーはほとんど無し、ボレーのように面を作ってリターン、の感じですね。

あくまで、勝負は次のボレーですから。

自分の態勢が崩れないようにしっかり注意すること、を優先することが大事です。

 

3.リターンダッシュだけじゃない、色々な戦術がある

リターンからの戦術パターン、どれくらいイメージ出来ますか?

リターンダッシュはもちろん、他にもたくさんあるはずです。

ストレートに打って前衛に触らせる、または一度クロスにリターンして、その後味方の前衛とチェンジ!してポーチに出てもらうようなプレーも有りますね。

大事なのは、リターンの後にスムーズに動けるような態勢、になっているかどうかということ。

打った後にフラフラしているようなバランスでは、どんな戦術も実行出来ない。

態勢を戻すので、精いっぱいですからね。

 

4.ダブルス用リターンを鍛えよう!

私も、シングルスではそこまで気にしない。

多少態勢が崩れても、強引にフォアで回り込んでみたり、強打したりもします。

ダブルス用のリターンは、そうじゃない。

自分の中で、少しだけ分けて考えて良いと思います。

この辺り、自分で整理出来ていると強いですよ。

「今のは、シングルスみたいなリターンだったな・・・」と、気付けば修正出来ますしね。

ぜひ、自分の中で考えてみて下さい。

 

コンパクトなリターン、前に入って打つ癖が身に付けば難しくありません。

前に入るなら、自然とシンプルに、テイクバックもフォロースルーも短くなりますからね。

下がってリターンしている人、は大問題。

ダブルスの試合、動きの速さに適したリターンに変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

    シングルスの試合では、コートが広い分打てるコースが色々あって選ぶ楽しさ…

  2. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

    ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。…

  3. リターン

    速いけどリターンしやすいサーブ、遅いけどしにくいサーブ

    みなさんも、試合で経験無いですか?速度はあるけど、リターンは…

  4. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっ…

  5. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

    これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、…

  6. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 試合

    その他

    「ダブルスよりもシングルス!?」テニスの試合で成長する為に必要な考え方
  2. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレ…
  4. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨…
  5. ダブルス

    抜かれても良い、前衛が動けば試合が動く
PAGE TOP