テニス ストローク

リターン

お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

テニスのリターンの構えって、独特ですよね。

腰を折って、お尻を突き出すような構え、ほとんどの選手が近しい態勢を取ってサーブを待ち構える。

この構え、実は私たち一般のテニスプレイヤーは、ちょっと「真似しよう」という意識が薄いと思います。

普通に立って構えているだけ、のような選手も草トーでは多いですからね。

私なりに、この構えの理由について考えてみたいと思います。

 

お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

 

1.リターンは「前に入って打つ」から前傾姿勢になる

きっと、この意味合いは強いと思います。

リターンって、前に入って打つショット、という点で普通のストロークと違う。

私自身、ダブルスの試合ではリターンダッシュをする機会が多いので、上半身を前傾させておかないと、動き辛い。

普通に立っているだけだと、普通のストロークに近い感じになるんですよね。

それに、前傾姿勢を作っておくことで、他にも大きなメリットがあります。

それは、「コンパクトなスウィング」が出来るということです。

 

2.リターンは小さく振る、だから前傾姿勢がベスト

私自身、リターンは動かすラケットの幅としては30cmくらい。

それ以上振らないし、テイクバックもほとんど無し、を意識しています。

そう考えると、前傾姿勢を取っておけば、腕がもう前にある状態、ですからすごく楽。

少しだけ身体をターンさせて、それで準備完了。

後は小さく当てて、コントロールと確率重視、で良い。

自分の普段のストロークとハッキリ分けてあげることで、リターンに集中出来る。

これって、メンタル的にも大きいと思いますよ。

 

3.前傾姿勢だけど、相手がサーブを打つ瞬間には・・・?

少しだけ、起き上がります。

そして、背筋を伸ばして、胸を張る。

この意識が無いと、頭から突っ込んでしまうようなリターンになって、これもまた安定しない。

相手サーバーが準備しているときは、だらっとリラックスしていても良い。

でも、トスアップと同時に上半身を起こして背筋を伸ばす、ただし、お尻は付き出したままにして前傾姿勢は保つ、ような感じですかね。

言葉で書くとイメージし辛いと思いますが、プロ選手の試合を観てみて下さい。

きっと、相手がサーブを打つ瞬間には、少しだけ起き上がって前にスプリットステップ、を踏んでいるはずですよ。

 

4.リターンとストローク、を明確に分けておこう

試合で調子が悪い、崩れていくときって、リターンからということ多いじゃないですか。

こういう方は、自分のストロークとの区別、がついていないケースが多い。

リターンは、こう、だからストロークと違う、というのを持っていれば、試合で大崩れすることは少ないですよ。

今回の構え、にしてもそう。

自分の中で納得したリターンの構え、が出来ていれば、それだけでメンタルは安定します。

「ストロークもリターンも、どっちもぐちゃぐちゃになる・・・」という人は、まずリターンからハッキリ、形を作ってみましょう!

 

きっと、小さい部分にすごく大事なことは宿っている。

プロ選手のリターンの構え、近しく共通する部分には、200km/hを超えるサーブに反応する神髄が込められているんですよね。

もちろん、私たちの試合でそこまでのサーブに相対することは無いでしょうが、自分の形を作るうえではとても参考になる。

全豪での西岡選手、杉田選手の武器でもあるリターン。

形から入って、一緒に模索してみませんか?

■背筋を鍛えると、よりリターンは安定します!

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない

    ダブルスの試合、自分のリターンが相手前衛につかまる。これくらい…

  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識すれば良い?

    速いサーブも嫌だけど、試合の緊張した場面では「ゆるくて遅いサーブ」も嫌…

  3. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる!

    初心者の方、テニスの試合に慣れていない方はまず「リターン」が課題になっ…

  4. リターン

    スライスサーブを、自在にリターンするコツ5つ

    試合に出ていて、感じること。それは、スライスサーブを打って来…

  5. テニス ストローク

    リターン

    勝ちたければ、アングルリターンを狙おう!

    リターンゲームで、何を武器に戦っていくのか。30-40、のよう…

  6. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「この1本なんだ!」という息を合わせていけるペアが、本当に強いダブルスペア
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    ボレー対ボレーのラリーの中で、ロブボレーを混ぜて攻撃する為の練習メニュー
  3. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?
  5. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます
PAGE TOP