テニス ストローク

ストローク

ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?

まっすぐ、縦のラインに添ってストロークを打つ。

テニスで、これが簡単そうに見えて実に難しいショット、なんですよね。

ダウンザラインと呼ばれるこのショット。

しっかり打てれば確実に武器になる。

今回は、初心者の方でも意識して改善出来るポイント、を整理したいと思います。

 

ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?

 

1.なぜ、まっすぐ飛ばないのか?

この問題、もっと真剣に考えておくべきでしょう。

試合では、どんなに惜しくても少しでもアウトなら、失点。

際どいところを狙うことは推奨しませんが、それでも強い相手に勝とうと思ったら、狙うべきポイントはある。

そんなときに、しっかりコントロールする為に、必要なのは身体全体の使い方。

小手先だけでコントロールしようとするから、まっすぐ飛ばないだけの話。

コツは、しっかりと肩を入れた状態を早く作る、この基本に尽きると思います。

 

2.ダウンザラインのショットは、肩を思いっきり入れよう!

プロ選手のフォームを見ても、しっかり肩が入った状態からダウンザラインに打ってますよね。

それこそ、打つ方向、まっすぐの向きに対して背中を向けるくらい。

この身体の準備、が出来ると、基本的にはまっすぐボールが飛んでくれる。

どこかでシュート回転してサイドアウトするような人は、身体の開きが早かったり、腕の動作だけで「えい!」とまっすぐ打とうとしている。

これだと、試合の大事な場面で安定しないでしょう。

しっかりと肩を入れて、打ちたい方向に背中を向ける。

そして打点は若干後ろ、前足と後ろ足の中間くらいのポイント、で良いと思います。

 

3.打点は「後ろ」ではなく、おへその前くらい

クロスに打つときに比べれば若干、それでも後ろ目になります。

でも、「打点が後ろ」だと思っていると、引き付け過ぎてしまって、これもシュート回転してしまう要因になります。

深いボールになると、力も伝わらないですしね。

打点は、自分のおへその前。

その打点で捕えられるように、しっかり速く準備しておくこと。

この意識を、初心者の方も基本として持っておくと良いと思います。

 

4.そして打点は、出来るだけ高く!

最後に、打点の高さですね。

これは、出来るだけ高い位置をキープしましょう。

ベストは、腰から胸の高さ。

昨日、全豪オープンで勝利した杉田選手も、この高さからのバックハンド、ダウンザラインのストロークを何本も決めてましたね。

彼自身、身長は低い方ですが、高い打点でダイナミックに打ち込んでいく。

これって、実はすごく基本に乗っ取った良い打ち方。

一般の方やベテラン、シニアの方でも、大きく身体を使って高い打点で打つところは、ぜひ真似して欲しいポイントです。

 

整理すると、しっかり肩を入れて打点はおへその前、高い打点で打てるように。

これだけで、まっすぐキレイに飛ぶダウンザラインストローク、打てると思いますよ。

つい、ネットが高い両端は通すのが怖い、のがテニスですが・・・やっぱり大事なポイントでは攻撃的にいきましょう。

フォアハンド、バックハンド、両方で使えるように練習しておくと、試合でも効果的。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4つ

    錦織選手の初優勝で幕を閉じた、ATP男子のシティオープン。ビッ…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

    自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    アプローチショットのパワーアップは、軸足のキックから!

    アプローチショット、相手を攻撃していく為に必要ですよね。そのシ…

  5. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイントです

    学生の皆さんの中には、バックハンドストロークを片手で頑張っている方も多…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    ドロップショットの目的を、もう一度確認しよう

    ストロークの打ち合いで、押されてしまう。その中で、まともに打…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ
  2. ストローク

    パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです
  3. テニス メンタル

    メンタル

    際どい判定でリズムやメンタルが崩れるテニス選手は、上に勝ち上がれない典型例
  4. その他

    今の状況になって、気付いたこと
  5. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと
PAGE TOP