テニス ストローク

ストローク

ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

ストロークのコントロールで、差が出る部分。

それは、ストレート、ダウンザラインに展開するときに一番現れやすい。

皆さんは、しっかりコントロール出来てますか?

このショットのレベル、がそのまま試合の勝敗を分けているケースも多いはずです。

 

ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

 

1.ストレートへの展開は、攻撃的な展開

シングルスでもダブルスでも、ストレート方向へ展開するときはアナタが主導権を持っているはず。

それなのに・・・そこでミスしたり、甘くなったりするともったいない。

クロスの勝負で押し込んで、せっかく展開出来るチャンス。

だからこそ、攻撃的な展開のショット、をシンプルにコンパクトにしておきたい。

大きく振る必要、ありますか?

しっかりコンパクトなスウィング、に仕上げておくと試合でも計算出来る武器になるはずです。

 

2.打った後にすぐに打ち終わる、くらいのイメージでちょうど良い

ストレート、ダウンザラインのショットはフォロースルーを短くしたい。

ストレートに打つ、ということはクロスのストロークよりも滞空時間が短いし、相手が触るまでの時間も短い。

アナタが攻撃しているけど、返球されるタイミングは速いのです。

だからこそ、打った後にすぐに打ち終わる、また構え直す、相手の態勢を観てネットに出ることも大事。

コンパクトに振り切る、ことでストレートへのストロークはシンプルになる。

パン!と打って、ラケットをすぐに戻す、くらいの意識でちょうど良いでしょう。

 

3.コンパクトに打てれば、パッシングショットにもなる!

例えば相手がネットに出て来たとき、ストレートへのパッシングショットを打ちたい!と思いますよね。

プロ選手、のショットを観てみると、本当にシンプル。

ストレート方向へ打つストロークは、フォロースルーが短いしテイクバックも小さい。

だからこそ、良いコントロールで打てるんですよね。

この機会に、攻撃的な展開のストローク、ほどシンプルにしていきませんか?

つい力が入ってしまう人にとっても、良い改善になるはずです。

 

攻撃って、つい力が入る。

ストレート、ダウンザラインのショット、がまさにそうですよね。

これを直すには、打ち方を変えること。

シンプルにするだけで、もっとアナタのテニスを活かした攻撃、出来るはずですよ。

 

今回のまとめ

ストレートへ展開していく攻撃ほど、小さくコンパクトなフォームに変えていこう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い

    回転系のストローク、しっかりスピンをかけて相手を追い込みたい。…

  3. ストローク

    攻撃的なストロークは、前足を決めて先に体重移動を終えてインパクトしていこう!

    「攻撃的にストロークを打ちたい!」と思っている方。今のアナタの技術…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず戸惑います

    相手からポイントを奪えるのは、速くてライン際のボールだけ?もち…

  5. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない

    テニスの試合、最初の打感でどうもおかしい。そう感じながら、序盤…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    今も昔も、「ストロークの変わらない基本は、前に踏み込んで打つ!」この基本、忘れていませんか?

    人は何かを上達させていくときに、壁にぶつかれば必ず基本に立ち返る。…

特集記事

  1. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・」のは、本当にそう…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない
  4. ストローク

    テニスの試合では、「どこでラケットダウンさせてる?」を意識するとストロークの安定…
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れる…
PAGE TOP