テニス ストローク

ストローク

ストロークを力強くしたい人は、テイクバック時に前に出す腕を上げていこう

ストロークをもっと、力強いものにしていきたい。

きっと、学生からベテラン、シニアの方まで、テニスの試合に出ていれば共通の課題だと思います。

これには、激しいトレーニング、重いウェイト、必要ありません。

力強いストロークは、今のアナタの実力で、ちょっとした工夫で必ず打てるようになる。

あるコツを意識するだけえ、フォアハンドストロークは絶対に変わります!

 

ストロークを力強くしたい人は、テイクバック時に前に出す腕を上げていこう

 


 

1.フォアハンドストロークの盲点とは?

ほとんどの方が、片手で打っているフォアハンドストローク。

この威力、が試合でも大きな武器になるのがテニスですね。

自分のフォアハンドストロークが弱いと感じると、一気に試合で気持ちが引いてしまう。

そんな経験、ありませんか?

フォアハンドストロークが力強い人って、どんな特徴があるでしょう。

片手で打っているのに、まるで身体全体を使って打っているような雰囲気、ありませんか?

コツはラケットを持たない腕、にあるんです。

 

2.使っていない腕が死んでいると、身体全体を使えない

例えば右利きの方なら、左手。

左利きの方なら、右手・・・は、フォアハンドを打つときにどうでしょう。

死んでいるような感じで、だらーんと落としてはいませんか?

ストロークが力強い人って、この使っていない腕の「見せ方」が上手い。

セットしている位置が高いし、まるで両手で打っているかのような威圧感、がありますよね。

フォアハンドストロークを構えて、前に腕がバーン!と出ていると、すごく強そうじゃないですか?

この腕、相当意識しないと高い位置には上がらない。

特に腕が上がり辛くなってくるシニア、ベテランの方こそ意識が必要です。

 

3.肩と同じ高さまで、上げてみよう

私はいつも、この高さを意識しています。

肩と同じ高さまで、腕を上げてセットする。

高い打点で打つときには、そのままボールがキャッチ出来そうな位置にまで、腕を上げて準備する。

この構えが出来ると、コースも隠せるし相手の足を止めることが出来る。

しっかり構えられると、守っている側はやり辛いですからね。

肩の高さまで、反対の腕を上げてみる。

意識するのは、これだけです。

 

4.打つ段階になったら、その腕をグッと引き寄せよう

「じゃあ、その後はどうするの?」というご質問、にお答えします。

実際にスウィングに入ったら、一気にその前にセットした腕を自分の身体に引き寄せる。

そうすると、「でんでん太鼓」のように反対のラケットを持っている腕が前に出ますからね。

すごく切れ味の良いフォアハンド、が打てるはずです。

反対の腕を使って、ラケットを持っている利き腕を動かす。

この意識だと、すごくリラックスして打てますよ。

ぜひ、次の練習の時に試してみて下さい。

あ、その前に素振りしておくと良いですよ!

 

実際に、パワーのあるフォアハンドストロークは、構えが高い。

構えの位置が高いから、相手も怖気づくし、足が止まる。

反対の腕を上手く使えば、今の実力でもストロークは確実にパワーアップ出来る。

片手フォアハンドストロークに安定感が無い、パワーが無いと悩んでいる方は、試してみて下さいね。

■個人練習でも、ラケットを持たない腕を意識しましょう

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バ…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット

    テニスの試合、練習、ついフィニッシュとなる花形のショットばかり意識して…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい

    試合をしていて、感じること。「あ、この相手は苦労して来てないな…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    鋭いスライスって、どうやって打つ?

    鋭いスライスが、武器の選手。これは、ベテランやシニアのプレイヤ…

  5. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

  6. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング

    色んな学校に行ってレッスンをしているので色んな子供達のテニスを見ている…

特集記事

  1. テニス 雨

    日々の雑記

    最近の雨って、10年20年前と全然違うんじゃないか説
  2. シングルス

    「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスショットを身に付ければ、「同じフォームから3種類のショット」を繰り出せま…
  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ…
  5. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
PAGE TOP