テニス ストローク

ストローク

ストロークを力強くしたい人は、テイクバック時に前に出す腕を上げていこう

ストロークをもっと、力強いものにしていきたい。

きっと、学生からベテラン、シニアの方まで、テニスの試合に出ていれば共通の課題だと思います。

これには、激しいトレーニング、重いウェイト、必要ありません。

力強いストロークは、今のアナタの実力で、ちょっとした工夫で必ず打てるようになる。

あるコツを意識するだけえ、フォアハンドストロークは絶対に変わります!

 

ストロークを力強くしたい人は、テイクバック時に前に出す腕を上げていこう

 


 

1.フォアハンドストロークの盲点とは?

ほとんどの方が、片手で打っているフォアハンドストローク。

この威力、が試合でも大きな武器になるのがテニスですね。

自分のフォアハンドストロークが弱いと感じると、一気に試合で気持ちが引いてしまう。

そんな経験、ありませんか?

フォアハンドストロークが力強い人って、どんな特徴があるでしょう。

片手で打っているのに、まるで身体全体を使って打っているような雰囲気、ありませんか?

コツはラケットを持たない腕、にあるんです。

 

2.使っていない腕が死んでいると、身体全体を使えない

例えば右利きの方なら、左手。

左利きの方なら、右手・・・は、フォアハンドを打つときにどうでしょう。

死んでいるような感じで、だらーんと落としてはいませんか?

ストロークが力強い人って、この使っていない腕の「見せ方」が上手い。

セットしている位置が高いし、まるで両手で打っているかのような威圧感、がありますよね。

フォアハンドストロークを構えて、前に腕がバーン!と出ていると、すごく強そうじゃないですか?

この腕、相当意識しないと高い位置には上がらない。

特に腕が上がり辛くなってくるシニア、ベテランの方こそ意識が必要です。

 

3.肩と同じ高さまで、上げてみよう

私はいつも、この高さを意識しています。

肩と同じ高さまで、腕を上げてセットする。

高い打点で打つときには、そのままボールがキャッチ出来そうな位置にまで、腕を上げて準備する。

この構えが出来ると、コースも隠せるし相手の足を止めることが出来る。

しっかり構えられると、守っている側はやり辛いですからね。

肩の高さまで、反対の腕を上げてみる。

意識するのは、これだけです。

 

4.打つ段階になったら、その腕をグッと引き寄せよう

「じゃあ、その後はどうするの?」というご質問、にお答えします。

実際にスウィングに入ったら、一気にその前にセットした腕を自分の身体に引き寄せる。

そうすると、「でんでん太鼓」のように反対のラケットを持っている腕が前に出ますからね。

すごく切れ味の良いフォアハンド、が打てるはずです。

反対の腕を使って、ラケットを持っている利き腕を動かす。

この意識だと、すごくリラックスして打てますよ。

ぜひ、次の練習の時に試してみて下さい。

あ、その前に素振りしておくと良いですよ!

 

実際に、パワーのあるフォアハンドストロークは、構えが高い。

構えの位置が高いから、相手も怖気づくし、足が止まる。

反対の腕を上手く使えば、今の実力でもストロークは確実にパワーアップ出来る。

片手フォアハンドストロークに安定感が無い、パワーが無いと悩んでいる方は、試してみて下さいね。

■個人練習でも、ラケットを持たない腕を意識しましょう

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう

    ストロークを、ダウンザラインへ展開する。ダブルスでもシングルス…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

    意外とみなさん、遅いです。テニスでは、グリップ選びこそ、「ショ…

  4. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返球」だけ意識したい

    シングルスの試合もダブルスの試合も、一番打つ機会が多いのがクロス方向へ…

  5. テニス メンタル
  6. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみて下さい

    ストロークはテニスの試合でも、最も打つ機会が多いショット。シン…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打…
  2. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?
  3. フットワーク

    メリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い分けを!
  4. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りで勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね
PAGE TOP