テニス ストローク

ストローク

「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

テニスの試合では、ポイントを失うにしても最後まで諦めないことが大切。

ボールを追う姿は、相手にしっかりとプレッシャーをかけることができます。

特に前のボールに対しては、出来るだけ必死に追う姿を相手に見せ付けましょう。

 

「厳しいドロップショットは、取れなくても追うこと」で相手にプレッシャーをかけることができます

 


 

■相手が前に打とうとするのが分かった瞬間に、前に走ってチャージ!

ドロップショットは、少なからず打つ前にその兆候が表れるもの。

一般の試合であれば、エースになるようなドロップショットは少ない、と考えておき準備しましょう。

腕を大きく振って、しっかりチャージすることが大切。

その姿は、例え失点しても相手の目に焼き付きます。

 

■たとえそのポイントが取れなくても、相手は次から打ち辛い

アナタが逆の立場になったときには、そんな相手にまた同じようなショットは打ち辛いはずです。

警戒もしているだろうし、精度が落ちればドロップは反撃されやすいショット。

用心深くなって攻撃を控えてくれれば、思うつぼですね。

 

■ドロップショットは、打つ前にチャージすることでミスを誘える!

ダブルスの試合ではコートに2人いますから、比較的相手に近い位置で気付くことができます。

打つ前に雰囲気を感じたら、前のスペースを消しに走りましょう。

その姿を、しっかり相手にアピールすればかなり動揺してミスしてくれるはず。

後ろから前に走ってくる相手は、ネットを挟んでも非常に威圧感がある。

その感覚を相手に与えるよう、意識しましょう。

 

ドロップショットをカバーするのは、まずポジショニング。

ベースラインより後ろにいては、基本的に精度の高いドロップショットは間に合いません。

ストロークで打ち合う際もベースライン上、できればその1歩前に立てるような攻撃の組み立てをしたい。

そうすれば、試合の疲労度もかなり軽減されるはず。

前に走るのは疲れます。

しかし走ってプレッシャーをかけることが大事、というのは覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス コントロール

    ストローク

    相手のストロークに押されやすい人は、「漠然と待たずに、適度な予測」が出来るようにしていきましょう

    ストロークラリーはただ繋げるだけ・・・という方も、試合に出れば相手を攻…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ

    バックハンド側を狙っても、なかなかミスしない。そんなしぶとい選…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ4つ

    しっかり肩が入ったフォームから、深いトップスピンがきたかと思うと・・・…

  4. テニス ストローク
  5. ストローク

    重たいスライス、で気付いたこと

    今年の2月、まだコロナウィルスで自粛の前に練習した、重たいスライス。…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    将来テニスコーチを目指す人は、片手バックハンドをしっかり使えるようになろう!

    最近頂いたご質問の中で、「大学生になったらテニスコーチのアルバイトをし…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのショートクロス」を打ちたければ、コンパクトで短いフ…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    初心者でも簡単に試合で使える、山なりで深いサーブを身に付けるには、「椅子に座って…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合で失敗出来ない雰囲気は、自分で勝手に作り出している
  4. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる
  5. テニス 攻撃

    サーブ

    ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使…
PAGE TOP