テニス フットワーク

ストローク

後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

テニスの試合の中で、難しいのが深いストロークの返球。

スピンがしっかり効いているボール、特にハードコートではかなり厳しい返球場面も求められますよね。

ただやみくもに打っても、ミスになるか相手のチャンスになってしまうだけ。

出来るだけうちたくないショットではありますが、それでもしっかり安定したプレーが出来ないと試合にならない。

コントロール良く確実に返球するには・・・?

ポイントは、下半身の使い方にあります!

 

後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

 


 

1.下半身を「閉じる」動き、できますか?

テニスは身体を回転させながら打つ、特殊な動きが入ります。

この身体を回転させる動きがパワーや切れを生む大事な要素ですが、後ろに下がりながらこれを行うのは・・・かなり難しい。

ただでさえ苦しい状態なので、まずはしっかりラケットの真ん中にボールを当てて、しっかりコントロールしないといけませんよね。

その為には、あえて身体の動きを制限させて、コンパクトにしてスィングすること。

この意識で、ディフェンスの繋ぎの1本の精度がかなり変わるはずです。

その為には、下半身の動きが大切。

上半身の回転とは反対の方向に、捻る動きを入れてみましょう

 

2.右利きの方のフォアハンドであれば、左足の太ももをお腹の前に

身体を閉じるような動きは、前足を「上げる」ことで実践できます。

フォアハンドで上半身が回転するときには、この前足の太ももの部分をお腹の前に持ってくることで、ショットが安定します。

「ん?どういうこと?」と思った方は、その場で身体だけで素振りしてみて下さい。

バックハンドも、考え方は同じです。

前足で身体の回転をブロックすることで、回転を止めてあげる。

この足の使い方で、深いボールの返球もだいぶ安定感が増すはずです!

 

3.あとはラケットをしっかり上に振り切って、軌道を高く!

身体の使い方さえ制限できれば、あとはしっかりラケットを振り切りましょう!

深いボールではしっかり高さを出して、時間を稼いで態勢を整えたい。

テニスはなかなか、一発逆転は難しいスポーツ。

まずは相手の良いボールに対しては、イーブンに戻せるように粘って返球する。

当然打ったら、構え直しを速く!

その為の安定感アップに、この下半身の使い方をぜひ、試してみて下さい。

 

前足を上げると、テニスのストロークは「後ろ足体重」になって、壁が作れるようになります。

壁が出来る、というのはしっかり足が止まって、ストロークが出来るようになること。

これって、意外に出来ていない人が多い。

深いボールを打たれて、バタバタ焦っても何も良いことはありません。

しっかり止まって、前足を上げて高い軌道のボールを意識して返球してみましょう。

下半身の使い方次第で、テニスは変わります。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!

    最近のシングルスの試合での流行、の一つがショートクロスの使い方にある。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない

    クロス方向への、ストローク。これってシングルスでもダブルスでも…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ

    試合で有効な、「重たい」ストローク。よく表現されるのは、回転量…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    「トップスピンを掛けたい!!」打点とスイングスピードの調整が、テニスでは必要!

    「ストロークの回転量を増やしたい!」そう思ってる人多いよね。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?

    ストロークで腰が引けてしまう人、多くない?そういう俺も腰が引け…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネット近くまで詰めることが出来たら、ラケットの位置をアゴ下まで上げて高く構えよう…
  3. リターン

    ストレートアタックが抜けたら、一気に前に出よう!
  4. ダブルス

    前に出ることで、相手は変化を 求められるのがテニス
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない
PAGE TOP