テニス フットワーク

ストローク

後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

テニスの試合の中で、難しいのが深いストロークの返球。

スピンがしっかり効いているボール、特にハードコートではかなり厳しい返球場面も求められますよね。

ただやみくもに打っても、ミスになるか相手のチャンスになってしまうだけ。

出来るだけうちたくないショットではありますが、それでもしっかり安定したプレーが出来ないと試合にならない。

コントロール良く確実に返球するには・・・?

ポイントは、下半身の使い方にあります!

 

後ろに下がりながらのストロークは、上半身の開きを下半身回転でおさえると安定する!

 


 

1.下半身を「閉じる」動き、できますか?

テニスは身体を回転させながら打つ、特殊な動きが入ります。

この身体を回転させる動きがパワーや切れを生む大事な要素ですが、後ろに下がりながらこれを行うのは・・・かなり難しい。

ただでさえ苦しい状態なので、まずはしっかりラケットの真ん中にボールを当てて、しっかりコントロールしないといけませんよね。

その為には、あえて身体の動きを制限させて、コンパクトにしてスィングすること。

この意識で、ディフェンスの繋ぎの1本の精度がかなり変わるはずです。

その為には、下半身の動きが大切。

上半身の回転とは反対の方向に、捻る動きを入れてみましょう

 

2.右利きの方のフォアハンドであれば、左足の太ももをお腹の前に

身体を閉じるような動きは、前足を「上げる」ことで実践できます。

フォアハンドで上半身が回転するときには、この前足の太ももの部分をお腹の前に持ってくることで、ショットが安定します。

「ん?どういうこと?」と思った方は、その場で身体だけで素振りしてみて下さい。

バックハンドも、考え方は同じです。

前足で身体の回転をブロックすることで、回転を止めてあげる。

この足の使い方で、深いボールの返球もだいぶ安定感が増すはずです!

 

3.あとはラケットをしっかり上に振り切って、軌道を高く!

身体の使い方さえ制限できれば、あとはしっかりラケットを振り切りましょう!

深いボールではしっかり高さを出して、時間を稼いで態勢を整えたい。

テニスはなかなか、一発逆転は難しいスポーツ。

まずは相手の良いボールに対しては、イーブンに戻せるように粘って返球する。

当然打ったら、構え直しを速く!

その為の安定感アップに、この下半身の使い方をぜひ、試してみて下さい。

 

前足を上げると、テニスのストロークは「後ろ足体重」になって、壁が作れるようになります。

壁が出来る、というのはしっかり足が止まって、ストロークが出来るようになること。

これって、意外に出来ていない人が多い。

深いボールを打たれて、バタバタ焦っても何も良いことはありません。

しっかり止まって、前足を上げて高い軌道のボールを意識して返球してみましょう。

下半身の使い方次第で、テニスは変わります。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「打ちたい方向にストロークを打つ」シンプルな方法5つ

    ベースラインからのストローク、試合で思い通りのコースに打てていますか?…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!

    これは、私自身のテーマでもあります。スライスの、パワーアップ。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    速い展開でバックハンドストロークを打たされると弱い、人は?

    皆さんから頂くお悩みで、最も多い部類に入るのがこの問題。バック…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライジングショットも打ち…

    ストロークを攻撃的に改良していきたい、と考えている人は、しっかり「一番…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的になる!

    アナタはまだ、きっと「ロブ」の本当の強さを知らない。私自身、1…

  6. テニス リターン

    ストローク

    低い打点のストロークは、とにかく回転をかけることに集中しよう

    低い打点のストローク、打ち辛いですよね試合で差が出るのって、こ…

特集記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    試合では「自分でコントロール、制御出来るもの」に集中しよう
  2. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術
  3. テニス 雪

    その他

    もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベ…
  4. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で「リターンから強気に攻撃する」ために必要な練習方法5つ
  5. テニス トレーニング

    日々の雑記

    大事なことは、何度でも書きます
PAGE TOP