テニス メンタル

ストローク

「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。

どういう攻め方をしてくるのか、どういう逃げ方をしてくるのか、一番速いショットはどのくらいなのか、それをどこに打ってくることが多いのか、他にどんな球種やパターンを持っているのか・・・。

 

「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

 


 

例え自分よりもレベルが高い相手であっても、相手を学習することで、そんな格上を泥沼に引きずり込み、勝利を得ることが出来るのがテニス。

だから試合が始まると、学習能力をフル稼働させて、相手のテニスに「慣れる」ということに集中するのだ。

そうすると、「凄いスピード!!」って最初に感じた相手サーブとかストロークも、意外と返せるようになるし、凄いコースのショットも読めれば逆にカウンターで切り返せたりするようになるものなんだよ。

しかし、そんな相手のプレーを学習する中で、俺自身ちょっと苦手にしているものがある

それは何かと言うと「バウンド」。

ボールの回転量や種類によって、ボールのバウンドに変化が生じるけど、その対応って実は難しい。

そもそもバウンドって、飛んでくるボールのスピードや、軌道からバウンドの弾み具合を予測するんだけど、ここに予想以上の回転が加わっていると、その弾み方が予想とはちょっと違ってくる。

そんなのは分かっているんだけど、ついついバウンドするまでのボールのスピードと軌道の具合から、どんなバウンドなのかを割り出してしまい、結局ラケットの真ん中を外したり、打点が遅れたりしてしまい、それが甘く返って次で決められるという展開になるのだ。

こういう予測とは違ったバウンドになってしまうショットに共通しているのは、バウンドするまでは、さほどショットの速さが無い代わりに、ボールの回転量はかなり多いということ。

その激しいトップスピンの回転が地面でバウンドした時にボールをキックさせ、その分弾み方に変化が表れ、打つ人にとってはむしろバウンドと同時にショットが加速したかのように感じてしまう。

切れ味鋭いスライス系のショットも回転は正反対だけど、同じバウンド後に「伸びてくる!!」って印象がある

もちろんバウンドするまでのショットスピードはさほどではないから、エースにはなりにくい。

でも追い付けるけど、バウンドが読みにくいから踏み込んで打てず、ついつい待ってしまいやすいし、ボールと一緒に後ろへ下がってしまうなんてことも起こりやすい。

そうなるとチャンスボールが得られやすいし、ミスも期待出来るよね。

そう、バウンドをしっかりさせるショットというのは、エースで派手に決める・・・と言うより、相手に打ちにくいショットを打たせるためのテクニックなんだよね。
 



 

言い方変えれば、ちゃんと相手と打ち合う意識がないと、使えないという逃げ腰の人には使えないテクニックである

「エースを取りたい」って思うと、ついつい速いショットを練習してしまう。

でも現実的に試合のことを考えると、エースで決めることより相手と打ち合いながらミスをもらったり、相手の陣形を崩してボレーで仕留めたり・・・というのがメインとなる。

だからこそ、バウンドを磨こうよ。

ストロークはもちろんだけど、サーブもね。

バウンドするまでのショットの速さ以上に、バウンド後のボールに勢いがあるトップスピンや、バウンド後に伸びのあるスライスを手に入れることが出来れば、そこからもっと色んな展開が広がってくると思わない?

さあ、意識してバウンドを磨く練習をしてみよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. バボラ ピュアドライブ

    ストローク

    「現代ラケットなら現代テニスを」理解しておかないと勿体無い現代テニスの基本的な考え方

    最近のラケットの傾向は、軽いくせしてコントロール力がある・・・というも…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ

    最近、実はテニス界で見直されつつある「片手バックハンドストローク」の技…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、〇〇が多いことに気付こう!

    試合中に、まず皆さん経験したことがあるでしょう。ストロークが、…

  4. テニス フットワーク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。こ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

特集記事

  1. テニス 雨

    戦術

    第1シードの選手が相手なら、「良いプレー」だけじゃ足りない
  2. 練習メニュー

    テニスに慣れてしまった時点で、成長は止まる
  3. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!
  4. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増…
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    「ノーミス」の掛け声を、練習中に自分からかけていこう
PAGE TOP