テニス テイクバック

ストローク

「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

200キロのサーブを打つためには、200キロ以上のスウィングスピードが必要だよね。

速いショットを打ちたいならスウィングを速くしないといけないし、ボールのスピン量を増やしたい人もスウィングのスピードは上げていかないといけない。

そこでどういった方法でスウィングスピードを上げるかが、大きな課題となってくる。

 

「スウィングスピードを上げたいでしょ?」だったらテニスの試合で使えるように考えてみよう

 


 

まずサーブやトップスピンのストロークで「スウィングスピードを上げたい!」って思った時に、真っ先に頑張ってしまうのは腕。

でも腕だけ頑張ろうとすると、上半身がブレてしまうし、ラケットダウンからフォロースルーまでの軌道がどうしても横振りになってしまいやすく、上下動が難しくなる。

しかも一生懸命振った割には、意外とスウィングスピードが上がってなかったりするという悲しい結果になりやすい。

ではどのようにしてスウィングスピードを上げていくか

大事なことはまずスウィング始動時のプロセス。

一番エネルギーを必要とするのは、止まっている物を動かし始める時でしょ?

スウィングスピードを上げるためには、このスウィング開始時の動きのキッカケをどこに求めるか・・・が重要となるんだけど、サーブもストロークもまずは身体のターンから始まり、ラケットはそのターンをキッカケにして動き始める。

動き始めたラケットはそこから更に重力に従ってラケットダウンの最底点を目指しながら、大きくゆっくりと動きながら徐々に動きが速くなるけど、もちろんまだまだトップスピードではない。

ラケットが最低点のラケットダウンを迎えたら、落ちた反動で今度は上に上がっていこうとするんだけど、この自然と上へ上がっていこうとする動きを活かしていきたいんだよね。

さあ、このタイミングを利用して腕を一気に振り抜いて、最高速度のスウィングスピードに上げて行くんだけど、ここで更に加速させる要素として必要となるのが軸足の床反力と、スウィングさせる腕の振りをコンパクトにさせること。

軸足の床反力は腕の振りの労力を大きく軽減させてくれるし、コンパクトな腕の振りはラケットヘッドが一気に走るので、スウィングスピードが劇的に加速するのだ。

まとめると、身体のターンをキッカケにラケットが大きくゆったりと動き始め、そこからラケットダウンを経て徐々に加速。ラケットダウンの反動で上がろうとする力を利用して一気に打点に向かってスウィングスピードを上げるんだけど、軸足の床反力の助けを利用することで労力は抑えながら、コンパクトな振り抜きでスウィングスピードをより加速させるということも忘れずに・・・ということになる。

 

速くスウィングするということは、こんなにプロセスを経て、初めて実現出来るんだよ

ということは、大事なのは準備を早くに始める事で、ゆったりとしたモーションを序盤に作らないといけないってこと。

準備が遅くて慌ただしい人は、慌ただしいだけで決してスウィングスピードは上がらないからね。

でもね、こんなに言っておきながら、もっとも重要なのは真似だと思っている。

これらのプロセスを頭に入れて何球も何十球も何百球も練習する以上に、無茶苦茶速いスウィングの人達と練習したり試合したりすることで、彼らの打ち方を真似するのが一番なんだよ。

真似をしようとすると、準備をし始めるタイミングからゆったりさせる間の取り方、リストの使い方、何より速いスウィングとはどのくらい速い事なのか、どのくらいの労力が必要なのかを見定める事が出来るからね。
 



 

速いスウィングを覚えるとショットが速くなるだけじゃなく、回転量も増える

ということは安定感も増すという事だし、労力を抑えてスウィングしないといけないから、省エネの打ち方にも繋がる。

誰もが200キロのサーブを目指す必要はないと思うけど、今よりもスウィングスピードを上げようって気持ちは、どんなタイプの人達にも持っていてもらいたい。

その代わり、労力を抑えてより楽チンにラケットを振れるようにすることや、安定感に結びつけようって気持ちを持つ事だね。

間違っても、スウィングスピードが上がった事で「パワー」ばかりに目を向ける単純テニスにならないよう気を付けて!!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう

    ストロークの基本、だけどあまり意識されていない部分。それは、「…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    「高めのバックハンド」の対策が無いと、テニスの試合でのストローク戦は戦えない

    色んなところで色んな高校生とか中学生をレッスンしているが、全体的に見て…

  4. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

    深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。この葛藤、…

  5. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合で超絶使える、バックハンドのスライスストロークのコツ5つ

    シングルスの試合で、苦戦するショットの代表格。それは、バックハ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

    意外とみなさん、遅いです。テニスでは、グリップ選びこそ、「ショ…

特集記事

  1. 戦術

    周りに意識される、ポジションを作ろう
  2. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう
  3. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れる…
PAGE TOP