テニス テイクバック

ストローク

硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握る左手の意識

両手バックハンドのストローク、皆さんは自在に操れていますか?

不思議なもので、初心者の頃は苦手だったこのショット、中級以上になってくると安定感が増してフォアよりも得意になっていく選手が多い。

特にジュニアの女子選手なんかは、両手バックハンドを得意にしている選手が多いですよね。

そこで大事なのは、利き腕では無い方の手の使い方。

右利きの方であれば、左手をいかに上手く意識して使えるかが、最大限重要になってきます。

 

硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握る左手の意識

 


 

■右利きの選手であれば、左手の手のひらを上に向けてパワーアップ!

つい利き腕には力が入りがちですが、ラケットを持つグリップはしっかり注意が必要です。

オススメは、上にくる利き腕では無い方の手をラケット面と合わせた薄い握りにすること。

グリップの厚さは下の腕、基本的には利き腕側の手で回して調整しますが、上の側の手はラケット面と手のひらが同じ向きを向くようにしておくと、タッチ感覚が磨かれていきます。

スピードのあるストローク、フラット気味に打っていきたいときには、しっかりラケット面とその手のひらを上に向けましょう!

そうすることで厚い当たりになり、下から上にスィングしていくことでドライブがかかって良いボールになるはずです。

ラケット面が下を向くと、テニスではあまり良い回転がかかりません。

 

■フォロースルーで右手は添えるだけ、無駄な動きを加えない

打った後のフォロースルーは、あくまでこの上側の手が主導。

利き腕はリラックスして、添えるだけくらいの意識を持ちましょう。

ここで利き腕側に力が入ってしまうと、ラケットが前方向に伸びていかないのでボールも弱くなります。

両手バックハンドはリーチが短いので、出来るだけフォロースルーを長くとりたいところ

しっかり上側の手、右利きの人は左手をしっかり前に出していく意識を持ってスィングしましょう。

これだけで、かなりパワーアップが図れるはずです。

 

■打ちたいコースは、左手で主導して決めていくイメージがベスト

打ちたいコースも、同じくグリップを握る上側の手が主導していく。

打ちたい方向で、しっかり腕を伸ばしていくイメージを持ちましょう。

速くボールの後ろに入って準備できれば、コースを最後まで隠してこのスィングで打つことができます。

利き腕は本当に、添えるだけ。

シンプルにしていくことが、安定感アップへの近道です

しっかり振り切る為には、むしろ左手のフォアハンドくらいの意識で振ってちょうど良いでしょう。

 

パワフルなストロークは、腕の筋力に頼ってはいけない。

一瞬良いボールを打てても、必ず怪我に繋がります。

身体全体を使ってスィングが基本ですが、まずはグリップを持つ上側の手を意識するだけでかなり違ってくるはずです。

ぜひラリー相手に、「どのくらい伸びたボールが来ているか」を聞いてみて下さい。

少しでも変化があれば、どんどん磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう

    以前にも少し書いたコツ、ですが、ストロークが振り切れない方へ。…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合では、「相手に主導権を握られて走らされる」ポイントで、異常に疲れます

    試合が終わると、いつも疲れが溜まってしまってしばらく動けない。…

  3. テニス 錦織圭
  4. テニス ボレー

    ストローク

    「スライスのアプローチショットで、ネットに出る」のが、有効な理由とは?

    スライスでのアプローチショット、皆さんの周りには使って来る相手、います…

  5. ストローク

    試合で体力を温存できる、「ブロック系スライス」を練習してみよう!

    スライスってよく使う?俺はかなりシングルスだけじゃなく、ダブル…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

    試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブ、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「下がりながらの守備的なハイボレー」は、後ろ足をしっかり止めると…
  3. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛は、ネットに詰めてアングルボレーが基本です
  5. メンタル

    自分にプレッシャー、相手はそれ以上
PAGE TOP