テニス テイクバック

ストローク

硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握る左手の意識

両手バックハンドのストローク、皆さんは自在に操れていますか?

不思議なもので、初心者の頃は苦手だったこのショット、中級以上になってくると安定感が増してフォアよりも得意になっていく選手が多い。

特にジュニアの女子選手なんかは、両手バックハンドを得意にしている選手が多いですよね。

そこで大事なのは、利き腕では無い方の手の使い方。

右利きの方であれば、左手をいかに上手く意識して使えるかが、最大限重要になってきます。

 

硬式テニスでの「両手バックハンドの武器を最大限に活かす」為に必要な、グリップを握る左手の意識

 


 

■右利きの選手であれば、左手の手のひらを上に向けてパワーアップ!

つい利き腕には力が入りがちですが、ラケットを持つグリップはしっかり注意が必要です。

オススメは、上にくる利き腕では無い方の手をラケット面と合わせた薄い握りにすること。

グリップの厚さは下の腕、基本的には利き腕側の手で回して調整しますが、上の側の手はラケット面と手のひらが同じ向きを向くようにしておくと、タッチ感覚が磨かれていきます。

スピードのあるストローク、フラット気味に打っていきたいときには、しっかりラケット面とその手のひらを上に向けましょう!

そうすることで厚い当たりになり、下から上にスィングしていくことでドライブがかかって良いボールになるはずです。

ラケット面が下を向くと、テニスではあまり良い回転がかかりません。

 

■フォロースルーで右手は添えるだけ、無駄な動きを加えない

打った後のフォロースルーは、あくまでこの上側の手が主導。

利き腕はリラックスして、添えるだけくらいの意識を持ちましょう。

ここで利き腕側に力が入ってしまうと、ラケットが前方向に伸びていかないのでボールも弱くなります。

両手バックハンドはリーチが短いので、出来るだけフォロースルーを長くとりたいところ

しっかり上側の手、右利きの人は左手をしっかり前に出していく意識を持ってスィングしましょう。

これだけで、かなりパワーアップが図れるはずです。

 

■打ちたいコースは、左手で主導して決めていくイメージがベスト

打ちたいコースも、同じくグリップを握る上側の手が主導していく。

打ちたい方向で、しっかり腕を伸ばしていくイメージを持ちましょう。

速くボールの後ろに入って準備できれば、コースを最後まで隠してこのスィングで打つことができます。

利き腕は本当に、添えるだけ。

シンプルにしていくことが、安定感アップへの近道です

しっかり振り切る為には、むしろ左手のフォアハンドくらいの意識で振ってちょうど良いでしょう。

 

パワフルなストロークは、腕の筋力に頼ってはいけない。

一瞬良いボールを打てても、必ず怪我に繋がります。

身体全体を使ってスィングが基本ですが、まずはグリップを持つ上側の手を意識するだけでかなり違ってくるはずです。

ぜひラリー相手に、「どのくらい伸びたボールが来ているか」を聞いてみて下さい。

少しでも変化があれば、どんどん磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

    クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。錦織選手の…

  2. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありますか?

    「相手が変化を付けたり、展開してくるタイミングが、読めない・・・」と、…

  3. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

    もしアナタがテニス部、またはテニスサークルの中で実力が真ん中くらいであ…

  4. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?

    高くバウンドしたボール、これをストロークで打ち返す。グランドス…

  5. テニス リターン

    ストローク

    力強くストロークを打ちたいなら、横向きキープでボールを押すタイミングを作ろう!

    力強いストロークで、試合をリードしていきたい、押していきたい。…

  6. テニス スライス

    ストローク

    スライスが浮いてしまう人は、ほとんどが〇〇になっている

    スライスを打つたびに、ポーンと打ち上げるような軌道になってしまう。…

特集記事

  1. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント
  2. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件
  3. テニススクール

    動くのに必死な状況で、アドバイス頭に入る?
  4. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスのルールは、「いつも自分の味方!」という意識
PAGE TOP