テニス ストローク

リターン

遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く持つこと

速いサーブは、返し辛い?

確かに脅威ではありますが、それだけ相手の力を使って合わせやすい、というのもあります。

むしろ遅いサーブのほうが、返球するのを苦手にしている方が多いはず。

相手のセカンドサーブ、遅いからこそ色々と迷って考えて・・・中途半端なプレーになってはいませんか?

 

遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く持つこと

 


 

■遅いサーブは、ポジション前で引き付ける意識を持とう!

まずセカンドサーブになったら、しっかりポジションを前にしておく。

遅い=浅い、という要素も含まれていますので、打点を高い位置に保ちましょう。

そして、しっかり引き付けて打てるように、テイクバックは早めに終えて、しっかり踏み込むこと。

通常のストロークよりもテイクバックは小さくして、その分前方向へのフォロースルーを意識して大きくしましょう。

 

■早く足を決めてしまうと、身体が泳いでしまう

フットワークはしっかり足を決める、のが大事ですが、リターンは例外。

あまり早く決め過ぎると、身体が泳いで調整しながら打つような感じになってしまいます。

サーブはイレギュラーも多く、回転量による変化も大きい。

自分で幅を持って対応できるように、「踏み込みながら打てる」と返球の確率は上がるでしょう。

 

■しっかり回転をかけることを、リターンでも忘れない

リターンはフラット気味になる、という人は、セカンドサーブでは要注意。

しっかり回転をかけて安定した軌道にすることを、忘れてはいけません。

腕全体でかけようとするとフォームが大きくなりますので、インパクトの瞬間に少しラケットヘッドを「クイッ」と上に上げる。

この意識だけで、かなり良いスピン回転がかかるはずです。

ぜひ練習から、前に踏み込んで回転をかける、ことを意識してみて下さい。

 

セカンドサーブをリターンミス、してしまうと流れが変わります。

相手にとって、入れにいったサーブでミスしてくれることほど、楽にしてくれるものはない。

ではしっかり、セカンドサーブを泳がずに返球出来るよう、練習しましょう!

意識して練習でも、セカンドサーブのリターンは量をこなすように、メニューを組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

    リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。あくま…

  2. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

    サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?球足…

  3. リターン

    相手のサーブ攻略、意外と簡単です

    相手のサーブが返せないと、どんどん落ち込んでしまいますよね。シ…

  4. テニス フットワーク

    リターン

    ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる

    ミックスダブルスの試合、今日私自身もプレーしてきました。何度か…

  5. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前提の基本

    今回は、「当たり前じゃないか・・・」と言われるような、基本的なことにつ…

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ
  2. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い
  3. テニス メンタル

    戦術

    いつでもどこでも、「反撃コース」を想定しておこう
  4. テニス ストローク

    戦術

    タイミングの早いテニスに対応するには、何が出来るだろう?
  5. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン
PAGE TOP