テニス ストローク

シングルス

テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。

自分がどういう攻撃をして、どういう守備で相手に備えるのか・・・。

試合前の準備として、どんなことを考えておけば良いのでしょうか?

自分が得意なパターンで攻撃していくためには、どんな準備が必要なのか。

考えてはっきりさせておいて、損は無いと思います!

 

テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

 


 

1.サーブからの3球目の展開を決めておく

まずはサーブからの攻撃。

リターンから次のボールは、必ず意図のあるボールを打っていきたい。

1stサーブを入れてしっかり攻撃していくパターン、まずは2つ作っておきましょう。

ベースとなるコースと、そこに対応してからの逆のコース。

おススメは、まずは基本となるバック側へしっかり深く高いボールを入れていく。

その逆として、フォア側へ攻撃していくボールも準備しておく、のがオーソドックスな戦い方でしょう。

あくまで例、ですのでアナタ自信で考えてみて下さい。

 

2.1stサーブのコース、球種をしっかりカウント毎に考えておく

40-0、0-40、この2つのシチュエーションでは求められるサーブは全く異なります。

1stサーブをしっかり、カウント毎でどうやって打つかをしっかり考えておきましょう。

ベースとなるのは、67%の確率、3球に2球はしっかり入れていくこと。

一度全てのカウント毎、シチュエーション毎に、どういうサーブが自分で有効か考えて準備しておきましょう。

 

3.セカンドサーブの攻撃パターンを、はっきりと

相手のセカンドサーブは、はっきり攻撃していきたい。

その意図が相手に伝わるくらい、どういう攻撃をしていくか準備しておきましょう。

コースはもちろん、どこかのタイミングでリターンダッシュも入れて相手を揺さぶりたい。

錦織選手のアグレッシブさ、見習って参考にしましょう!

 

4.試合の後半、どうやってギアを上げるかの具体策

試合の終盤、自分がリードしていてもそのまま終わるとは限らない。

どこかでギアを上げて、相手に絶望感を与えるくらいの何かしらの「変化」を準備しておきたい。

具体策として、例えば踏み込んでライジングショットを入れる、得意なサーブのコースを取っておく、など。

ただ速いボールを打ち出しても、勝ち急いでいるだけ。

せっかく勝っていても自滅してしまうような試合の終盤、にだけはならないようにしましょう。

 

準備は、言葉にして文字にする。

テニスノートに書いてこそ、準備と言えます。

なんとなくで考えていても、絶対に上手くいきませんし、何より成長が無い。

だって、準備していないのであれば成功も失敗も無い・・・訳ですからね。

一度じっくり準備して、試合に入っていきませんか?

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

  2. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

    私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。試合後には相手から、…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    アタック後のポジション、ボール方向へ

    シングルスの攻撃の基本、改めて確認しておきましょう。これは、当…

  4. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  5. シングルス

    シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

    シングルスの試合で、最近なかなか勝てないというみなさん。もしか…

  6. テニス リターン

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    試合で落ち込むレベル、は確実に上がっているはず
  2. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない
  4. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージし…
  5. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない
PAGE TOP