テニス メンタル

リターン

ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体が開いてしまうとき、でしょう。

つい力が入る、打つ方向を早く向いてしまう。

それって、ダブルスのストレートに打つとき、なんて一番の典型じゃないでしょうか?

ココを意識するだけで、かなり変わってくると思いますよ。

 

ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

 


 

1.ダブルスのリターン、ストレートへの展開の精度が決め手!

アナタ自身、ココを一番磨いて欲しい。

しっかりと「ストレートに打ちたいときに、精度の高いリターンを打てる」ようになれれば、間違いなくダブルスの試合に強くなる。

でも、実際にどうでしょう。

クロスへのリターンはサーブ側へ打つ、打って来た相手へ方向への返球なので楽ですが、ストレートは大変ですよね・・・慣れないですし。

だからこそ、まずは身体の開きを抑える。

丁寧に、打点に顔を残す。

これだけで、だいぶ精度が変わってくるはずです。

 

2.コントロール精度が高まれば、それは相手にプレッシャーになる

ダブルスのストレートリターン、何度も書いてきましたが威力はいりません。

大事なのは、「しっかりコントロールされたリターンを、ストレートに運ぶ」ことだけ。

相手前衛を抜こう、なんて考えは捨てること。

スピードを抑えて良い、しっかり打ちたい時にコントロール出来る安定感が欲しい。

「この選手、ストレートへのリターンは速くないけど正確だな・・・」と思わせられれば、ポーチにも出て来れない。

そういうプレッシャーは、強い相手ほど感じてくれるでしょう。

 

3.身体の開きを抑えるには、何が必要?

まずは、上半身をしっかりターンさせること。

リターンですから、テイクバックはこれで完了です。

ターンといっても、通常のストロークほどハッキリ横向き、でなくて良い。

45度くらい、斜めに肩を入れる感じで良いでしょう。

そして、打った後にも前を向かない、そのまま横向きで終わる、くらいの意識でいきましょう!

つい、結果を早く見たいところですが・・・打点に顔を残して身体の開きを抑える。

それでボールはきっと、イメージ通りストレートに飛んでいくはずです。

 

身体の開きは、アナタが思っている以上に抑えるのが難しい。

きっと、不安に思う、ストレートへ展開してその後のことが不安だと、前を向いてしまうんですよね。

もっと良いリターンを打つ、ことにまずは集中しましょう!

その後は、リターンの精度が良ければ何とでもなります。

それくらい、割り切った気持ち、大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. + POWER CUP について
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!

    リターンミスを減らしたい、減らせばブレイクのチャンスが拡がる。…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します

    相手のサーブで、バックハンド側を狙われてしまうと・・・苦しい人。…

  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教えます

    リターンの反応の速さ、アナタは自分で速い方だと思いますか?個人…

  4. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  5. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

    対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。でも、なかなかブレイ…

  6. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割

    相手のサービスゲームで、何を考えるのか。私はいつも、「あっと驚…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
  2. テニス 目

    戦術

    テニスの試合では、前傾姿勢よりも胸を張って視野を広げていこう
  3. テニス 格上相手

    戦術

    「技術的なミスと戦術的なミス」をしっかり分けて考えておけば、テニスの成長スピード…
  4. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?
  5. テニススクール

    西葛西でのプロ選手のレッスンで感じたこと
PAGE TOP