テニス サーブ

リターン

シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。

つい、受け身になってチャンスが来るのを待って、ブレイク・・・みたいな感じで考えてはいませんか?

私がそんな人にオススメしたいのは、まずネットプレー。

中でもリターンダッシュ、のような展開。

私が過去に実践して効果的だった作戦、まとめてみました。

 

シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

 


 

1.セカンドサーブこそ、最高のアプローチの球出し

相手のセカンドサーブ、速くて深くて返球し辛い・・・みたいな選手、います?

いればかなりの強敵、第一シードじゃないでしょうか。

ほとんどの選手のセカンドサーブは、浅い球出しのようなもの。

いや、実際は厳しいよ・・・と思うかも知れませんが、それくらいの心意気の方がリターンゲームでは良い。

そのままリターンを前で打って、前に詰めていきやすい。

それがリターンゲーム側のメリットです。

 

2.相手にプレッシャーを与えてサーブの自信を失わせる

サーブを打っている側、特に男性は「自信」を持たれると厄介。

サーブもノリノリ、になってしまうので、早めに先制パンチで鼻を折っておくにはネットプレーは最適。

リターンゲーム、ラリーの中で多少無理にでも良いので自分から前、に出てみましょう。

相手は何を感じるでしょうか。

「サービスゲームなのに、ラリーで押されてる?負けてる?」と思ってしまう選手も多いはず。

例えポイントを失っても、アナタ自身が「ネットに出る」という事実が大事なのです。

 

3.格上相手こそ、相手のサービスゲームのブレイクには先手必勝

「待って、でもそれってサーブが弱い相手だから出来ることでしょ・・・?」と思った方、確かにそうかも知れません。

だからこそ、事を興すべきは試合の序盤。

相手が乗ってくる前に、一度ネットプレーを見せておく。

試合に乗って来るのが上手い相手って、「いつも通りの序盤」が大好き。

そうはさせない、アナタの工夫が大事ですよ。

しっかり序盤に勇気を持つ、ことが大事です。

 

4.サーブのプレッシャーが無いので作戦をシンプルに実行しやすい

サーブを打つ方が有利・・・って、本当でしょうか?

トッププロでも無ければ、結構その逆、多くないですか?

リターンのブレイク合戦になる試合も、学生や一般の試合では多い。

何より、「サーブを打つ」ってプレッシャーじゃないですか。

本来攻撃的なプレー、が出来るサービスゲームがサーブを打つことのプレッシャーに押しつぶされてしまう人、実際多いです。

だからこそ、リターンゲームこそ積極的に、前に出るポイントを作っていく。

そう決めて、試合に入ることが大事です。

 

リターンゲームは、作戦を立てやすい。

もちろん、まずはリターンを返球して・・・というのが基本ですが、その後が大事。

ネットプレー、を入れるかどうかは試合前にしっかり決めて、決断しておきましょう。

勇気を持った準備が、試合結果を変えていく。

前に出れば、きっとアナタの世界は変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

    こういう話、みなさん考えたことありますか?私は、ずっと考えています…

  2. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  3. リターン

    相手のセカンドサーブ、ならリターン側の前衛はしっかり前に詰めよう

    ちょっとしたことですが、試合でやれば効果大。ダブルスの試合のリ…

  4. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります

    試合の序盤で、いきなり相手のサーブをブレイク!順調な滑り出しの…

  5. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る

    「リターンのコントロールが悪い」のは、特にダブルスで致命的。ク…

  6. リターン

    セカンドサーブをコントロール出来る人は、実際ほとんどいない

    相手のセカンドサーブ、にどう対応するのか。これは、結構ハッキリ…

特集記事

  1. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手
  2. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます
  4. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さない…
  5. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
PAGE TOP