テニス サーブ

リターン

シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。

つい、受け身になってチャンスが来るのを待って、ブレイク・・・みたいな感じで考えてはいませんか?

私がそんな人にオススメしたいのは、まずネットプレー。

中でもリターンダッシュ、のような展開。

私が過去に実践して効果的だった作戦、まとめてみました。

 

シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

 


 

1.セカンドサーブこそ、最高のアプローチの球出し

相手のセカンドサーブ、速くて深くて返球し辛い・・・みたいな選手、います?

いればかなりの強敵、第一シードじゃないでしょうか。

ほとんどの選手のセカンドサーブは、浅い球出しのようなもの。

いや、実際は厳しいよ・・・と思うかも知れませんが、それくらいの心意気の方がリターンゲームでは良い。

そのままリターンを前で打って、前に詰めていきやすい。

それがリターンゲーム側のメリットです。

 

2.相手にプレッシャーを与えてサーブの自信を失わせる

サーブを打っている側、特に男性は「自信」を持たれると厄介。

サーブもノリノリ、になってしまうので、早めに先制パンチで鼻を折っておくにはネットプレーは最適。

リターンゲーム、ラリーの中で多少無理にでも良いので自分から前、に出てみましょう。

相手は何を感じるでしょうか。

「サービスゲームなのに、ラリーで押されてる?負けてる?」と思ってしまう選手も多いはず。

例えポイントを失っても、アナタ自身が「ネットに出る」という事実が大事なのです。

 

3.格上相手こそ、相手のサービスゲームのブレイクには先手必勝

「待って、でもそれってサーブが弱い相手だから出来ることでしょ・・・?」と思った方、確かにそうかも知れません。

だからこそ、事を興すべきは試合の序盤。

相手が乗ってくる前に、一度ネットプレーを見せておく。

試合に乗って来るのが上手い相手って、「いつも通りの序盤」が大好き。

そうはさせない、アナタの工夫が大事ですよ。

しっかり序盤に勇気を持つ、ことが大事です。

 

4.サーブのプレッシャーが無いので作戦をシンプルに実行しやすい

サーブを打つ方が有利・・・って、本当でしょうか?

トッププロでも無ければ、結構その逆、多くないですか?

リターンのブレイク合戦になる試合も、学生や一般の試合では多い。

何より、「サーブを打つ」ってプレッシャーじゃないですか。

本来攻撃的なプレー、が出来るサービスゲームがサーブを打つことのプレッシャーに押しつぶされてしまう人、実際多いです。

だからこそ、リターンゲームこそ積極的に、前に出るポイントを作っていく。

そう決めて、試合に入ることが大事です。

 

リターンゲームは、作戦を立てやすい。

もちろん、まずはリターンを返球して・・・というのが基本ですが、その後が大事。

ネットプレー、を入れるかどうかは試合前にしっかり決めて、決断しておきましょう。

勇気を持った準備が、試合結果を変えていく。

前に出れば、きっとアナタの世界は変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  2. リターン

    ファーストサーブのフォルトに、ヒントが!

    試合でリターンに立っている時、相手がサーブをフォルトする。これ…

  3. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

    リターンの攻撃力アップ、これは試合の結果に直結します。前に入る…

  4. テニス サーブ

    リターン

    センターへの厳しいサーブは、振り遅れて逆クロスくらいでちょうど良い!

    ストロークもリターンも、基本は打点を前!と、何度も書いてきました。…

  5. テニス サーブ

    リターン

    ファーストサーブを攻略しないと、流れは来ない

    「相手のセカンドサーブを、攻撃しよう!」これは、T-PRESS…

  6. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニック

    サーブとレシーブ。これはテニスの試合の中で一番大事な場面だ。…

特集記事

  1. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  5. テニス 守備

    ストローク

    テニスでは浅く短いボールを拾いにいくときに、「必ず最後は横向き」で打点に入る意識…
PAGE TOP