テニス 準備

戦術

リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

テニスの試合、リードして、されての繰り返し。

つい、リードされたまま終盤を迎えると・・・「もうダメかな」と思いがち。

でも、それって実は勿体ない話なんですよ、実は。

だって、リードしている相手だって苦しいんですから。

皆さんも、自分がリードしている時のこと、思い出してみて下さいよ。

結構余裕無い、ことないですか?

 

リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

 

1.リードしている選手だって、余裕は無い

私はいつも、こう考えるようにしています。

いや、実際は余裕・・・な相手もいるでしょうね。

そういう相手には、どっちみち勝てないでしょう。

どんな相手でも、「きっとリードしているけど、そんなに余裕は無いはず」と思って、見る、観察する。

すると、結構勝ち急いだり、試合を終わらせようとしていることに気付く。

そうなると、挽回の芽が見えてくる。

相手が、隙を見せてくれるんですよね、リードしていても。

意外と余裕無いんだな、と。

そう気づければ、折れそうなメンタルも持ち返してくれるでしょう。

 

2.試合を終わらせようとしてくる相手、を予測しよう

1セットマッチなら、5ゲーム目を取るともう「終わり」が見えてくる。

そこで普通の相手なら、試合を終わらせようと結構強引なショットが増えて来る、ような気がします。

こういう時には、まずしっかり粘ること。

少し下がって、自分から変なミスはしない。

相手に攻めさせる、くらいの意識で良いでしょう。

緊張して、ミスしてくれる可能性も高い。

勿体ないのは、アナタ自身が負けるプレッシャーに押されて、ミスしてしまうこと。

相手にだって、大きなプレッシャーはかかっている。

そう考えて、挽回のチャンスを常に狙っていきましょう。

 

3.苦しい相手には、とことん苦しんでもらおう

「勝てそうで勝てない」ことは、かなり苦しい状況。

テニスって、毎回ゲームは0-0からスタートする。

だからこそ、取れそうで取れない最後のゲーム、は絶対にリードしている相手にとって苦痛なんですよ。

こういうシチュエーション、どんどん繰り返して苦しんでもらいましょう。

競ったゲーム、30-30のような場面では絶対にリードしたい。

2.では粘る、と書きましたが、ゲーム内でリードしたり拮抗したときには、思い切った攻撃の作戦も大事ですよ。

手負いの熊、の怖さをしっかり相手に見せつけていきましょう。

 

4.死にぞこないの選手が、一番怖い

ちょっと言葉が悪いですが、テニス選手ってそういうモノ。

「もう、負けた・・・」と思っても、蘇る選手っていますからね。

死にぞこないの選手が蘇ると、強いですよ。

何せもう、諦めた試合ですからね、失うものは何もない。

だからこそ、相手も焦る。

「こいつ、諦めたんじゃなかったのかよ!」と思って、焦る。

アナタ自身、リードしている相手を客観視する。

負けているときでも、「さて、これから苦しんでもらおうかな・・・」という気持ち、大事にしてください。

挽回の芽、きっと見えて来ますから。

 

これも経験、なんですよね。

一回経験すれば、快感になるし挽回も現実的に考えられるようになる。

私も、2-5から挽回するのが楽しくて仕方ありません。

だって、自分がやられてきたことだから。

リードしている選手は、とっても苦しい。

そう気づければ、アナタはもう立派な粘り強いテニス選手です。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  2. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

  3. 戦術

    実力で勝負、その実力とは?

    テニスの試合で、必要な実力。それは、言い出せば、書き出せば、…

  4. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスでは、「ショットの呼び名」が出ると意識し過ぎる人が多い

    テニスのショットには呼び名がある。サーブ、リターンのように「最…

  6. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう

    テニスの試合の中で、必要な考え方。特に「自分はチャンスに弱い・…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意
  2. その他

    ※満員御礼【イベント告知】北山智也選手 練習会 2/23(日) in 東京都調布…
  3. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて
  4. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オスス…
  5. テニス ドロップショット

    ボレー

    「強く打ち込む雰囲気」を相手に見せれば、ドロップボレーは8割完成
PAGE TOP