テニス 動画

戦術

「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。

誰が見ても、「すごく上手い」感じなんですよ。

男性で体格も良くて、サーブも安定している、ストロークもキレイ・・・なのに、本人曰く「あまり試合では勝てなくて・・・」と。

こういう人って、実は少なくないんですよね。

「誰が見ても、上手い」人って、実はちょっと損してる。

私はそう思います。

 

「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

 

1.上手いと強いは、違う

私は、こう考えています。

上手い選手って、たくさんいる。

今の学生、ジュニアの選手にも本当に多いんですよ。

でも、本当に「強いな」と感じるような選手は少ない。

ラリーが続いていけば、いつの間にか上手い選手も崩れている。

そこに、強さは感じられないんですよね。

これは、大人やベテランの世界でも一緒でしょう。

技術的に上手い人は、たくさんいるけど・・・試合で勝ち上がれるかと言えば、そうでも無い。

それって、なぜでしょう?

 

2.要因の一つは執着心の欠如、だと思う

私がテニスをしたその選手もそうなんですが、勝負への執着心が薄いんですよね。

きっと、テニスだけじゃない。

器用だから何でも出来る分、出来た時点ですごく満足してしまう。

皆さんの周りにも、こういうテニスプレイヤーの方、いませんか?

勝負ではなく、あくまで自分の技術の芸術点、周りがそれを見て「上手いなー!」と言って反応してくれることに、満足感を覚えてしまう。

だから結果的に、試合に勝てない。

勝てなくても、さほど悔しさは無い・・・。

一見上手い選手でも、アナタは絶対に諦めてはいけないのです。

こういうタイプの選手、意外とテニス界では多いですから。

 

3.もう一つの要因は、相手が「警戒心MAX」で挑んで来る

まぁ、強そうな相手って、そうじゃないですか。

私だって、序盤からもう全力で入る。

だって、そうしないと勝てない、と思うから。

この点、いかにも強そうな人って少し損ですよね・・・相手の強さも引き出してしまう。

強い相手には、序盤勝負。

アナタ自身、もし自分が「上手いと思われている」ような格下相手の選手とやるときには、序盤は覚悟して臨みましょう。

相手は全力で、離されないように序盤にエンジン全開なはず、ですから。

 

4.見た目と実力は、比例するようでしないのがテニス

いざ試合、でも相手は強そう・・・。

そんなときに、ちょっと今回の話を思い出して欲しい。

特に、男性の方はそうですね。

上手い選手が強い、とは絶対に限らない。

いや・・・確かに本当に強い選手はいます。

でも、中途半端な選手にこっちから試合を諦めていくのって、本当にもったいないじゃないですか。

テニスは、テニス選手は、見かけによらない。

私はそう信じて、いつも試合に入るようにしています。

 

対戦相手、周りのテニスプレイヤーに興味を持つと、こういう視点が癖になる。

「あの人は、きっと損してるな・・・」と考えると、ちょっと試合で戦いやすくないですか?

見た目が上手そうな選手って、試合で損している。

今日も、自分が損させてあげようかな・・・なんて。

思って試合出来ると、もうアナタは勝利に一歩近づいているでしょう。

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い

    試合に勝つために準備していざ試合!となっても、リードを奪ってからの試合…

  2. テニス

    戦術

    太った対戦相手は、遠慮無く前後に走らせよう

    「そんなの、当たり前じゃないかー!」と、思いますか?ですよね。…

  3. 戦術

    ネガティブなミス、だけを減らせば勝てる

    勝てる、確率は上がります。みなさんの試合の中で、ミスは避けら…

  4. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

    テニスの試合に勝つ、ということ。それは、相手との差を付ける、と…

  5. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで

    男子ダブルスの、ボレー戦。この打ち合いを制することが出来れば…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

    テニスの試合って、基本どちらかが試合を動かしている。主導権を握…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「パッシングで抜かれない選手」になる為に、意識したい5つのポイント
  2. 戦術

    取りに行くポイント、自分で決めよう
  3. テニス メンタル

    ロブ

    テニススクールでは教えてくれない、スマッシュをロブで返球する為の技術5つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    上手いテニス選手は、相手が打つ瞬間に空きコースの確認を終えている
  5. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る
PAGE TOP