テニス メンタル

戦術

テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ

12月に入り気温も下がり、テニスでは怪我が多い時期になりましたね。

寒くなり始めた今が、一番注意が必要な時期でしょう。

でも、私の感覚では怪我をする人ってどこかしら共通点があると思いませんか?

みなさんも、ココを意識するだけで自然と怪我予防出来ますよ。

基本的なことを、しっかり意識するだけで良いんです。

 

テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ

 


 

1.おしゃべり大好き

まぁ、基本集中していないんですよね、練習に。

待っている間におしゃべりは良いんですが、周りを見ていない。

自分が話しかけている相手しか見ていないし、視野が狭い。

テニススクールでも、よく他人が打ったボールが流れて来て当たる人って、誰かと話に夢中になっている人が多いです。

どこで今、誰がボールを打っているから危ないのか、をしっかり把握しておかないとダメ。

テニスの練習は、そこかしこに危険が潜んでるんです。

 

2.準備運動が適当

こういう人も、怪我を繰り返します。

準備運動、ストレッチを適当にやっている人は、頭も整理出来ていない。

練習前に集中力を高めたり、自分の身体と会話したりという時間が無いので、自分の身体をコントロール出来ていない。

しっかりと早く準備して、練習を開始する時間にトップパフォーマンスで入る。

これ、試合に出ている人なら分かりますよね。

試合は序盤が全て、ですから。

 

3.周りの人の怪我に無関心

例えば、足下にボールが落ちていても拾わない。

周りの人に対しての声掛けも少ない。

こんな人は、大抵自分も怪我します。

周りの人の怪我をケアする、のはチームで練習する上で当然のこと。

周りの人の怪我に無関心でケア出来ない人は、必ず自分も痛い目に遭っているはずです。

 



 

4.球数を打ちたがる

これも、練習熱心に思いきや・・・ちょっと違います。

数を打つことも大事ですが、それよりも私たちは練習の質を追求していきたいはず。

打って満足、走って達成感では、疲労だけが溜まって怪我の元。

特に、長時間の練習の後半って、怪我が多いですよね。

球数を打ってひたすら練習する、という人はストイックなようで怪我が絶えないはず。

スタンスから見直してみた方が良いでしょう。

 

5.試合に出ていない

試合に出ていない人は、意外と怪我が多い。

これは最近、私が感じることです。

試合に出ている人は、嫌でもマネジメントスキルは身に付いていきます。

当然、完全な状態で試合に出れる機会も少ないですが、やはり怪我して試合は辛い。

練習だけじゃなく、日々の生活から意識高く準備出来ている人、が多いですよね。

試合に出ていない人は、怪我すれば休めば良いと考えている方も多いですから。

悪いとは言いませんが、結果的に緊張感が乏しい人ほど、怪我してしまうのがスポーツでありテニスです。

 

冬に怪我をしないでしっかり練習すること、の難しさ。

これは多くの方が実感してるんじゃないでしょうか。

当たり前のことを、当たり前のように行うこと、続けること。

そうすれば、自然と怪我も減り、実力を高めていけるでしょう。

「あ、ちょっと今集中していないな」と思ったら、それは黄色信号。

自分で気付ければ、怪我は予防出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない

    相手の得意ショットは、なるべく避ける。これがテニスの試合の鉄則…

  2. テニス ボレー

    戦術

    「つなぐだけなら、誰でも出来る?」出来ないって、本当に

    粘るスタイルの選手のみなさん、はいつも誤解されがち。「あのス…

  3. 戦術

    もしも今、テニスが出来るなら

    長らく更新が止まっておりまして、失礼しました…。何かと今、み…

  4. テニス 練習

    戦術

    コードボールで失点、のような後には、遠慮なく時間を使って間をあけること

    試合の中で、ネットに当たってポトリ・・・と落ちるようなコードボール、あ…

  5. テニス 目

    戦術

    相手が打つ前に、「良い態勢なのかどうか?」は必ずチェック!

    相手が打つたびに、毎回ビックリ。これでは試合で、予測も何もあっ…

  6. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合で格上選手を相手にするとき、中盤に感じる「満足感」は最大の敵になる
  4. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちまし…
  5. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つの…
PAGE TOP