テニス メンタル

戦術

テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ

12月に入り気温も下がり、テニスでは怪我が多い時期になりましたね。

寒くなり始めた今が、一番注意が必要な時期でしょう。

でも、私の感覚では怪我をする人ってどこかしら共通点があると思いませんか?

みなさんも、ココを意識するだけで自然と怪我予防出来ますよ。

基本的なことを、しっかり意識するだけで良いんです。

 

テニスコートで怪我が多い人の特徴5つ

 


 

1.おしゃべり大好き

まぁ、基本集中していないんですよね、練習に。

待っている間におしゃべりは良いんですが、周りを見ていない。

自分が話しかけている相手しか見ていないし、視野が狭い。

テニススクールでも、よく他人が打ったボールが流れて来て当たる人って、誰かと話に夢中になっている人が多いです。

どこで今、誰がボールを打っているから危ないのか、をしっかり把握しておかないとダメ。

テニスの練習は、そこかしこに危険が潜んでるんです。

 

2.準備運動が適当

こういう人も、怪我を繰り返します。

準備運動、ストレッチを適当にやっている人は、頭も整理出来ていない。

練習前に集中力を高めたり、自分の身体と会話したりという時間が無いので、自分の身体をコントロール出来ていない。

しっかりと早く準備して、練習を開始する時間にトップパフォーマンスで入る。

これ、試合に出ている人なら分かりますよね。

試合は序盤が全て、ですから。

 

3.周りの人の怪我に無関心

例えば、足下にボールが落ちていても拾わない。

周りの人に対しての声掛けも少ない。

こんな人は、大抵自分も怪我します。

周りの人の怪我をケアする、のはチームで練習する上で当然のこと。

周りの人の怪我に無関心でケア出来ない人は、必ず自分も痛い目に遭っているはずです。

 



 

4.球数を打ちたがる

これも、練習熱心に思いきや・・・ちょっと違います。

数を打つことも大事ですが、それよりも私たちは練習の質を追求していきたいはず。

打って満足、走って達成感では、疲労だけが溜まって怪我の元。

特に、長時間の練習の後半って、怪我が多いですよね。

球数を打ってひたすら練習する、という人はストイックなようで怪我が絶えないはず。

スタンスから見直してみた方が良いでしょう。

 

5.試合に出ていない

試合に出ていない人は、意外と怪我が多い。

これは最近、私が感じることです。

試合に出ている人は、嫌でもマネジメントスキルは身に付いていきます。

当然、完全な状態で試合に出れる機会も少ないですが、やはり怪我して試合は辛い。

練習だけじゃなく、日々の生活から意識高く準備出来ている人、が多いですよね。

試合に出ていない人は、怪我すれば休めば良いと考えている方も多いですから。

悪いとは言いませんが、結果的に緊張感が乏しい人ほど、怪我してしまうのがスポーツでありテニスです。

 

冬に怪我をしないでしっかり練習すること、の難しさ。

これは多くの方が実感してるんじゃないでしょうか。

当たり前のことを、当たり前のように行うこと、続けること。

そうすれば、自然と怪我も減り、実力を高めていけるでしょう。

「あ、ちょっと今集中していないな」と思ったら、それは黄色信号。

自分で気付ければ、怪我は予防出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会

関連記事

  1. 戦術

    上手い人は、逃げるように攻めてくる

    そんなに強いショットで攻められた訳じゃないのに、気が付いたら負けている…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    相手に気付かれないフェイントほど、悲しいものは無い

    試合で一生懸命使っていても、効果が無いこと。これ、一番多いのは…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    相手の調子を見るには、ポイント間に目を合わせることが一番

    試合の中で、ポイント間の時間ありますよね。この時間が、テニスで…

  4. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について

    テニスの戦術、作戦が、頭に入らない・・・という人は多い。これっ…

  5. 戦術

    試合の中では、難しい場面でこそ「大胆な自分」でいこう

    テニスの試合の中で、劣勢の場面。もうこのままだと負けてしまう・…

  6. 戦術

    「あいつセンスあるな‥」という相手ほど、実は倒しやすいのがテニスというスポーツです

    テニスって、面白い。私がそう感じる瞬間はたくさんありますが、特…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかない…
  2. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法…
  4. テニス アイシング

    テニス知識

    ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. フットワーク

    試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的
PAGE TOP