ロブ

相手がロブを打つ前に動くこと、こそ最高のプレッシャーになる

並行陣で戦いながら、相手のロブに対抗する。

でも、この考えだと・・・あまり前に出れない、詰められないと思いませんか?

確かに、特に女子ダブルスでロブは怖い。

でも、警戒し過ぎて最初から下がって待つのも、もったいない。

相手が打つ前、直前に動くことがベストです。

 

相手がロブを打つ前に動くこと、こそ最高のプレッシャーになる

 


 

1.相手がスライスの構えになった瞬間に!

私なら、2歩下がります。

相手のグリップ、バウンドした時点ではもう決まっているケースも多いですよね。

「あ、ロブだ」と思ったら、2歩下がる。

相手からすると、思ったよりフットワークが素早い、厄介な相手と感じるでしょう。

別に足が速い訳ではありません、先に下がっているだけ。

前にいるポジションを相手に見せて、そこからパッと下がるだけ、です。

 

2.下がる流れが出来ていれば、スマッシュは楽

「でも、下がってもスマッシュは苦手で・・・」という方もいますよね。

安心して下さい、これは大丈夫。

実は先に下がり始めることで、精神的にもかなり余裕が出来ます。

スマッシュって何が難しいって、いきなり下がって、素早く打つからなんです。

この「いきなり下がる」というのは精神的にも負担ですし、かなり辛い。

だから、先に下がり始めておく。

そうすれば、もう身体全体で後ろに下がる流れが出来ていますから、スマッシュも楽なんですよ。

「あれ?こんなに遠くから打っても入るの?」と思うくらい、楽に打てると思いますよ。

 

3.パートナーのボール、に合わせよう!

私が意識しているのは、これです。

自分のパートナーがどういうボールを打って、ロブを誘うのかを意識しています。

バック側へのサーブ、でリターンロブを先読みする。

深いボールが入ったら、ロブを先読みする。

もうパターンは決まって来ると思います。

相手を追い込むようなボールが打てる時には、ロブを予測して先に下がる。

特に、女子ダブルスのペアではロブ頼み、になっている選手が多いですからね。

パートナーの攻撃に合わせて、自分は少し下がってみる、というのも大事です。



4.とはいえ、バランスが大事

でも、これで相手も変えて来る可能性もある。

ロブを警戒していることが伝われば、今度はクロスに沈めて来るようなボールも考えられますよね。

ここは、やはり駆け引きが大事。

相手が変えて来る、ことも先読みして今度はネットに詰めてポーチに動く。

一つの作戦だけで試合に勝つ、のは難しいでしょう。

しっかりバランスを考えながら、先手、先手を取っていく。

バランス感覚を意識しながら、相手と駆け引きしていきましょう。

 

5.お勧めの練習法

クロスラリーの中で、お互いがストロークからスタート。

そこで、相手にアプローチショットを打って前に出る、時に「前に出て少し下がる」という動きを入れてみて下さい。

相手の状態を見ながら、苦しそう、ロブが来そうだったら下がってみる。

最初から下がり目のポジションに立つのではなく、前に出て数歩下がる、というのがポイントです。

相手に、「前に出たぞ!」という意志表示を示してプレッシャーをかける、ことでロブが引き出せるはず。

お互いに、今回のテーマは分かったうえでの練習ですからね。

ロブを打ったり、足下に沈めたり、フェイントをかけ合いながら練習してみましょう!

 

ちょっとした、1歩、2歩の動き。

これが出来る選手は、相手へのプレッシャーのかけ方が上手い。

アナタ自身、本当に小さいところでどれだけ汗をかけるかどうか。

これが勝敗の分かれ道、になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い

    試合でロブを打って、浅くなってスマッシュで決められる。こういう…

  2. テニス ボレー

    ロブ

    意外と使える、ネット近くからのロブの使い方について

    ロブについて、みなさんどんなイメージですか?きっと、コートの後…

  3. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

  4. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  5. ロブ

    落として入っていても「大丈夫」なロブの追いかけ方、出来てる?

    相手にロブを打たれて、下がって下がって、落としてみると・・・「やばい!…

  6. テニス フットワーク

    ロブ

    ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です

    凄いショットがある訳じゃないのに、試合で強い人。こういう人は、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    ドロップショットを確実に決める!為に必要な4つのポイント
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう
  3. シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ
  4. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    回り込みのフォアハンド、を使わないのは絶対に損なのがテニスです
PAGE TOP