テニス ストローク

ロブ

深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。

普通にロブで粘る、のも手ですがここは思い切ってトップスピンロブも打てるようになっておきたい。

難しい技術ですが、これが成功すると相手は前へポジションを取り辛くなる。

ぜひ女性の方も、スィングスピードを意識して練習してみましょう!

 

深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

 


 

1.トップスピンで急激な回転をかけて相手の頭上に

深いボレ―をしっかり引き付けて、トップスピンでロブを上げる。

難しい技術ですが、まずはしっかり低い態勢を作りましょう。

そして後ろ足でコートをキックするようにして、ジャンプしながらボールの後ろ側を思い切りつぶすようにしてこすりあげる。

軌道は相手の頭上、通常のロブより少し低めくらいで大丈夫。

まずは足の使い方から、練習してみて下さい。

 

2.アゴは上がらないように、打点に顔を残す!

アゴが上がってしまうと上体が開いてしまいますので、しっかり締めて打ち終わるようにしましょう。

そしてジャンプしながらラケットは顔の横くらいまでしっかり振り切って上げること。

気持ちに迷いがあっては、このショットは打てません。

しっかり振り切る為に、速い決断も大事です。

 

3.「ギャンブル的なショット」であることを忘れずに

難しい技術ですので、大事なポイントでは使いたくない。

しっかりリードしているときに、更に相手をねじ伏せたいようなときに、打ってみると良いでしょう。

安全策も大事ですが、ときにはこういったチャレンジも試合の中で大事。

ぜひ、メリハリをつけてトライしてみて下さい。

 

新しい技術に貪欲になること、はテニスにおいて絶対に必要。

今ある技術だけで勝てる、試合だけでは上を目指せません。

「どうせ、男性がやるショットでしょ・・・?」と思って敬遠している女性の方、違います。

今のラケットやガットなら、色々な技術が実現できる。

ぜひコーチにも相談しながら、ベテランの女性の方もチャレンジしてみて下さい。

きっと世界、変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. その練習を、疑おう
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  2. テニス メンタル

    ロブ

    自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう

    ロブでの攻撃、ダブルスの試合では必須。女子ダブルスだけじゃない…

  3. ロブ

    ミックスダブルスで女性の上にロブ、を打つことは勝つための大前提です

    ミックスダブルスの試合、常套手段なのに・・・。意外とやる人、少…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

  5. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す

    シングルスでもダブルスでも、ロブを打たれる機会は試合である。そ…

  6. ロブ

    ロブの精度の見極め、職人技にまで極めよう

    自分、または自分のパートナーが打ったロブ。このロブが、良いのか…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です
  2. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  3. ストローク

    「ドロップショット病にかかったら・・・」テニスの試合で使えるにはいつものショット…
  4. その他

    希少種になること、は強くなるということ
  5. テニス サーブ

    練習メニュー

    テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー
PAGE TOP