テニス メンタル

ロブ

テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

目次

最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。

今までは、ダブルスでしか使わない、どちらかと言うと「前に出来た相手に対して、前衛に対して」打つショット、という感じで私も考えていました。

でもこれが上手く使えると、試合の幅がグッと広がるし勝てる試合も増える。

特に大事なのは、精度よりもタイミング。

ロブショットの特性を考えると、その有効性が見えてきます。

 

テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

 


 

■「自分が打たれて嫌なロブ」って、どんなロブ?

少し考えてみて下さい。

自分が前にいて、打たれて嫌なロブってどんなロブでしょう?

高くて深いロブ?

でもそれだと追いつけてスマッシュ、または一回落としてラリーに持ち込めますよね。

打つ方もアウトになるリスクが高い。

それよりも・・・自分が構える前に、低くて速いタイミングでロブが来ると、すごく嫌じゃないですか?

 

■「よし、ロブだ!」と誰もが思う瞬間に打っても、効果0

ロブを打つのが慣れていない、下手な人はロブを打つ雰囲気がすごく出ている。

だからこそ相手も備えるし、高くて深い、いわゆる普通のロブになりがち。

試合で勝てる選手は、ロブを上げるタイミングが早い。

ライジング気味に相手がスプリットステップを踏む前に打ったり、深いボールはそのままロブボレーで上げてくる。

これがすごく、前にいる選手にとっては脅威になるんですよね。

 

■ロブが得意になったら、どんどん「相手を前に」おびき出そう!

ロブが身に付くと、試合で攻撃パターンが増えます。

とにかく一度、相手を前に出してみて、そこから上を攻撃していくことが出来ますよね。

ドロップショットは、甘くて良いんです。

攻撃はあくまで、その返球をロブで後ろに下げる展開で。

触られるくらいでも、良いと思います!

決まるとすごく気持ちが良いですし、相手の体力を奪うことが出来る有効な攻撃パターンになるはずです!

 

山なりのボールで、どういう軌道で打てばコートに収まるのか。

ドッカンドッカンとストロークを打ってばかりだと、こういうタッチ系のショットは身に付きません。

いつもの練習から、しっかり「低くて速い、タイミングも早いロブ」を練習しておきましょう。

試合での武器がきっと増えて、相手を翻弄出来るテニスに近付くはずです!

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. Note はじめました
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  2. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

    相手のスマッシュを、ロブで返球する。こういう技術って、ちゃんと…

  3. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!

    ミックスダブルスで、今年は結果を出していきたいみなさん。まず、…

  4. テニス ボレー
  5. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

    いかに、相手にロブを隠すか。これって、特にダブルスでは勝つため…

  6. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

特集記事

  1. テニス ラケット

    テニス知識

    【保存版】テニスのストリングについて、必要な知識を用語別にまとめてみました
  2. テニス 雨

    その他

    テニスのやる気が起きない時に、自分を責めるのは止めよう
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!
  4. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える
  5. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する
PAGE TOP