テニス ダブルス

ロブ

一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。

ダブルスの試合なら、相手の陣形を崩す、ようなショットを使っていきたい。

その発想があれば、こういうロブが自然と打てるようになるはずです。

精度が高い、だけじゃ試合で通用しない。

触れそうで触れない、から相手が崩れてくれるんです。

 

一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

 


 

1.最高のロブは、前衛も諦めるのが早い

良いロブ、最高に深くて高いロブは、確かに大事。

でも、どうでしょう。

そんなロブだったら、前衛は迷うことなくさっさと後衛に任せてしまう。

後衛も明らかに前衛が取れない、とすぐに気づくでしょうから、カバーに走る走り出しも早い。

これは一見崩しているようで、そうでもない。

相手のナイスショットに、素早く反応されてしまう典型例でしょう。

 

2.前衛が触れそうなロブ、は両者に迷いが生じる

前衛も後衛も、迷うロブ。

それは、触れそうに一見見えるロブ、ですね。

前衛も「打てるかも!」と思って少し下がる、スマッシュを打ちそうな素振り、を見せる。

後衛も、そんな前衛に期待する。

「お、これは打ってくれるよな」と思って、カバーに入る気持ちを無くしてしまう。

でも結果的に、実は甘いロブではなくて前衛も触るのがやっと、または触ろうとしたのに後衛に任せてしまう。

こういうロブ、が試合を動かすし相手のメンタルも削っていく。

それがダブルス、なんですよね。

 

3.低いスライスロブ、から挑戦してみよう

まず、高いロブから低いロブ、に変えてみる。

少しスライス回転をかけて、ボレーのような感覚で良いと私は思いますよ。

少し下がれば触れる、くらいの甘いロブで良い。

これを相手の前衛が、どう感じるか、が大事ですから。

そもそも、積極的に打ちに来るような相手なら、下がって打って来るかも知れない。

消極的な相手なら、パッと任せるかも知れない。

とにかく相手に応じて、任せるか自分で打つかの境目、のような軌道を探ってみることが大事です。

 

4.任せてばっかりの前衛、にはどんどんスマッシュやハイボレーを打たせよう

実際の試合では、結構任せる人多いと思うんですよね、前衛で。

とにかくロブ=自分のボールではない、と考えている人も多いですから。

こういう人には、どんどん触らせてOK。

甘いロブ、でも良いんです。

後衛の選手も、きっと甘いロブでも全部自分がカバーしないといけない、くらいに思っていますから。

打たせてミスを誘う、ますます試合に参加し辛くさせてしまう。

これでダブルスは、もう勝ったようなものです。

 

相手の陣形を崩すには、迷いを誘うこと。

自分で打つのか任せるのか、その境目を探るにはロブが一番効果的です。

「なんだよ・・・今の、どうすれば良いの?」と、相手が両方感じてくれるようなショット。

それがダブルスに必要な、相手を崩すショットですね。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?

    試合の中で、相手のスマッシュミスを誘う。これは、成功すると1ポイン…

  2. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。…

  5. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、き…

特集記事

  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    人数が多い練習で、「効率良く実戦的なメニュー」を行う為に必要なアイデアとは?
  2. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある
PAGE TOP