リターン

ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません

ストロークはすごく伸び伸び打っているのに、リターンになると急にミスが増えたり、自信が無くなる人。

もしかしたら、ちょっとした意識を変えることで、劇的に改善できるかも知れません。

元々、ストロークの技術がある方であれば、試合でラリー戦に持ち込めれば主導権を握れるはず。

気楽な感じで、一度トライしてみて下さい。

 

ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安定するかも知れません

 


 

■テニスにおいて、リターンがなぜ「難しい」と感じてしまうのか

シングルスでもダブルスでも、リターンを苦手にしている方は少なくありません。

そして逆に、得意な人もいます。

この差は何なんでしょうか・・・。

サーブは人それぞれ球種が異なり、またラリーの最初のボール返球ということで緊張感がありますね。

試合でリターンミスは目立ちやすいということもあり、苦手意識を持ってしまう方も多いようです。

 

■サーブを「浅い球出し」だと思えば、リラックスできて怖くない!

サーブは浅い球出しのようなもの。

サービスラインより深いボールはフォルトになりますので、必ずボールは浅い位置にバウンドして失速します。

特にセカンドサーブであればより浅くなる可能性もありますので、自分から前に入って積極的に打ちにいくようにしましょう。

リターンが苦手という方は、ボールが飛んでくるのを待ってしまっているケースが多い。

意識を変えて、自分から打ちにいきましょう!

■そもそも学生や一般レベルで、良いサーブを持つ選手はなかなかいない

やや偏った意見かも知れませんが、学生・一般の試合では、相手サーブを恐れる必要はありません。

ビッグサーバーなどいない。

いれば、同じような大会には出ていません。

大抵はリターンが有利である、くらいの前向きな意識を持って良いでしょう。

 

細かい部分ですが、こういった意識を普段から持って練習すれば、試合での積極性も変わってきます。

リターンを苦手にしている方は、もし自信が持てるようになれば、試合が劇的にやりやすく感じるでしょう。

「そんな単純な話じゃないよ・・・」と考える人もいるでしょうが、テニスでは簡単に考えることもときには大切。

少しの視点の変化で、テニスは変わります!

ピックアップ記事

  1. その練習を、疑おう
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. + POWER CUP について
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

    リターンの攻撃力アップ、これは試合の結果に直結します。前に入る…

  2. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  3. テニス メンタル
  4. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

    レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

  6. テニス ダブルス

    リターン

    「ミックスダブルスの試合で効果的!」リターンからのドロップショットで女性サーブを崩していく方法

    学生の方は試合する機会が少ないかも知れませんが、社会人になると増えるの…

特集記事

  1. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ
  2. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう
  3. 戦術

    もしも今、テニスが出来るなら
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、…
  5. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツでは…
PAGE TOP