テニス リターン

リターン

試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。

サーブはファーストとセカンド、があるけど当然リターンは1回。

相手のサーブが入れば、選択の余地はない、絶対に返球しないと試合にならない。

なのに皆さん、準備が不足してはいませんか?

 

試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

 

1.ファーストリターン、セカンドリターンがあっても良い

私は、こう思います。

ファーストサーブがあるように、攻撃的なファーストリターンがあっても良い。

特に30-40、15-40のような場面、相手のセカンドサーブになったら準備して、攻撃的にいく。

逆に劣勢のときには、セカンドリターンが必要。

まずは返球出来ないと、ラリーに持ち込めないとリズムも出ないであっという間に試合は終わる。

ブロックリターンやスライス、下がっての高めの軌道、色々なリターンの種類が必要だと思いませんか?

 

2.リターンの種類を増やせば、色々な相手に対応出来る

ビッグサーバー、だけじゃない。

遅い緩いサーブだって、返球し辛いケース多いじゃないですか。

そういう相手にはライジング気味に前に入る、スライスでアプローチ出来るようなリターンも必要。

下がってブロックリターン、も男性の方なら必要ですよね。

どうしようも無い速いサーブ、フラットのリターンで返球なんてそりゃ無理ですよ。

試合の序盤に合わなかったら、もう終わり、じゃないですか?

 

3.リターンは「水物」であるという意識で準備する

フラット系のリターン、私はそもそも信用していません。

入るときは入るけど、水物だからやってみないと分からない。

フラット系のリターンしか打てない人は、試合の序盤でタイミングが合わないと修正が難しい。

ここで、別なリターンを持っていれば試合は立て直せますが・・・皆さんはどうですか?

「リターンの調子、今日は悪かったな・・・」で、負けて終わっているはず。

今日は?

いや、今日も、なはずなんですよ。

 

リターンの種類を増やすこと。

まず、これに真剣に真摯に取り組んでみて下さい。

「相手のサーブをしこるみたいで、嫌だな・・・」と、思う方も学生の方は多いでしょう。

何度も、繰り返し言いますが、自分のテニスにこだわって負けていく、方が私は嫌です。

ブロック、スライス、前に踏み込む、それからセカンドリターン。

一緒に磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ストローク
  2. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!

    スライスでリターン、練習したことはありますか?普段のストローク…

  4. リターン

    リターンを低く、鋭く沈めるコツとは?

    ダブルスの試合に出ていると、リターンの精度が非常に重要になります。…

  5. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に

    試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。か…

  6. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
  2. 戦術

    メンタル

    フワッと試合に入る人、が多過ぎるのが草トー大会
  3. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう
  4. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
  5. テニス スライス

    戦術

    スピン禁止、さぁどうする?
PAGE TOP