テニス 攻撃

スマッシュ

テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。

でもそれって、上級者の技術?

いえ、違います。

私の経験では、角度を付けて狙った方がスマッシュは入る。

特にネット近くはこういう理論が成り立つ、というお話です。

 

テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

 

1.ネット近くのスマッシュ、目の前のネット上を狙ってない?

よく思い出してみて下さい。

ネット近くで打つスマッシュ、まっすぐ打つこと多くないですか?

なるべく近くのネットを通過させたい、そう考えるのが普通です。

せっかく前にいるので、障害物は近くを通したい、ですよね。

でもこの考え方が、そもそも違う。

あえて、遠い場所のネットの上を狙うことも試合では大事なんです。

 

2.遠くのネットは「低く感じる」から、スマッシュを打ちやすい

イメージしてみて下さい。

ネット近くでスマッシュを打つときに、まっすぐ打とうと思えばネットは近い。

そして少し遠くの場所、のネットの上を通そうとすると・・・ネットは遠くになる。

結果的に打ったコースには角度が付いて、アレーに入ってくれるようなスマッシュになる。

ネットまでの距離があるので、少し回転をかけるようなスマッシュでも変化して入ってくれる。

ネットに対して垂直にボールが通過、するのではなく斜めに通過させてみる。

これでスマッシュは、各段に試合向け、になるのです。

 

3.角度を付けたスマッシュを打てないと、結果試合では勝てない

ダブルスの試合、は特にそうですね。

狙い過ぎるのも問題ですが、しっかりアレーに打てないと辛い。

特に甘いロブ、ネット近くでスマッシュを打てているのであれば、決めるスマッシュに変えていかないと。

試しにこの理論でスマッシュを打ってみると、気付くはずです。

「今まで狙わなかったのが、損してたみたい・・・」と。

思った以上に楽に打てる、はずですよ。

 

アナタ自身、スマッシュに苦手意識を持っているのは、ネットに垂直に通そうとしているからかも。

斜めに通過させる、と自然に角度が付くし攻撃的になる、安定もする。

良いことずくし、ですね。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせない」ようなコースを…

    スマッシュをしっかり「決める」ようになれる、レベルアップしていく為には…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

  3. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?

    試合でしっかり、スマッシュを決める。なんと、難しいことなんでし…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実

    ネットに出る機会が増えると、相手のロブが増える。シングルスでも…

  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つこと

    スマッシュには決断力が不可欠。特に低くて速いロブに対しては、打…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 言葉

    ボレー

    ローボレー、ハーフボレーを、返せない本当の理由
  2. テニス 客観視

    戦術

    学生選手もベテラン選手も、テニスは「筋力アップよりもしっかりボールに力を伝えるこ…
  3. テニス 練習

    ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ
  5. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ
PAGE TOP