テニス 攻撃

スマッシュ

テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。

でもそれって、上級者の技術?

いえ、違います。

私の経験では、角度を付けて狙った方がスマッシュは入る。

特にネット近くはこういう理論が成り立つ、というお話です。

 

テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

 

1.ネット近くのスマッシュ、目の前のネット上を狙ってない?

よく思い出してみて下さい。

ネット近くで打つスマッシュ、まっすぐ打つこと多くないですか?

なるべく近くのネットを通過させたい、そう考えるのが普通です。

せっかく前にいるので、障害物は近くを通したい、ですよね。

でもこの考え方が、そもそも違う。

あえて、遠い場所のネットの上を狙うことも試合では大事なんです。

 

2.遠くのネットは「低く感じる」から、スマッシュを打ちやすい

イメージしてみて下さい。

ネット近くでスマッシュを打つときに、まっすぐ打とうと思えばネットは近い。

そして少し遠くの場所、のネットの上を通そうとすると・・・ネットは遠くになる。

結果的に打ったコースには角度が付いて、アレーに入ってくれるようなスマッシュになる。

ネットまでの距離があるので、少し回転をかけるようなスマッシュでも変化して入ってくれる。

ネットに対して垂直にボールが通過、するのではなく斜めに通過させてみる。

これでスマッシュは、各段に試合向け、になるのです。

 

3.角度を付けたスマッシュを打てないと、結果試合では勝てない

ダブルスの試合、は特にそうですね。

狙い過ぎるのも問題ですが、しっかりアレーに打てないと辛い。

特に甘いロブ、ネット近くでスマッシュを打てているのであれば、決めるスマッシュに変えていかないと。

試しにこの理論でスマッシュを打ってみると、気付くはずです。

「今まで狙わなかったのが、損してたみたい・・・」と。

思った以上に楽に打てる、はずですよ。

 

アナタ自身、スマッシュに苦手意識を持っているのは、ネットに垂直に通そうとしているからかも。

斜めに通過させる、と自然に角度が付くし攻撃的になる、安定もする。

良いことずくし、ですね。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る

    スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。色々な方法が…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。ダブルス…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに

    ダブルスの試合で、「スマッシュが重なりそう・・・」になったこと、ありま…

  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

    ストロークやボレーで相手を追い込んでも、ロブを上げられると途端に不安に…

  5. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める

    これも、一つのあるある、だと思います。試合でのスマッシュ、打つ…

  6. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマートフォン

    戦術

    自分の力を知ることが、テニスでは凄く難しいということ
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危…
  3. テニス 部活

    日々の雑記

    自分探しの旅、テーマはテニスで
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る
  5. ストローク

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら攻撃!
PAGE TOP