テニス 攻撃

スマッシュ

テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

角度を付けたスマッシュ、試合で打ちたいですよね。

でもそれって、上級者の技術?

いえ、違います。

私の経験では、角度を付けて狙った方がスマッシュは入る。

特にネット近くはこういう理論が成り立つ、というお話です。

 

テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します

 

1.ネット近くのスマッシュ、目の前のネット上を狙ってない?

よく思い出してみて下さい。

ネット近くで打つスマッシュ、まっすぐ打つこと多くないですか?

なるべく近くのネットを通過させたい、そう考えるのが普通です。

せっかく前にいるので、障害物は近くを通したい、ですよね。

でもこの考え方が、そもそも違う。

あえて、遠い場所のネットの上を狙うことも試合では大事なんです。

 

2.遠くのネットは「低く感じる」から、スマッシュを打ちやすい

イメージしてみて下さい。

ネット近くでスマッシュを打つときに、まっすぐ打とうと思えばネットは近い。

そして少し遠くの場所、のネットの上を通そうとすると・・・ネットは遠くになる。

結果的に打ったコースには角度が付いて、アレーに入ってくれるようなスマッシュになる。

ネットまでの距離があるので、少し回転をかけるようなスマッシュでも変化して入ってくれる。

ネットに対して垂直にボールが通過、するのではなく斜めに通過させてみる。

これでスマッシュは、各段に試合向け、になるのです。

 

3.角度を付けたスマッシュを打てないと、結果試合では勝てない

ダブルスの試合、は特にそうですね。

狙い過ぎるのも問題ですが、しっかりアレーに打てないと辛い。

特に甘いロブ、ネット近くでスマッシュを打てているのであれば、決めるスマッシュに変えていかないと。

試しにこの理論でスマッシュを打ってみると、気付くはずです。

「今まで狙わなかったのが、損してたみたい・・・」と。

思った以上に楽に打てる、はずですよ。

 

アナタ自身、スマッシュに苦手意識を持っているのは、ネットに垂直に通そうとしているからかも。

斜めに通過させる、と自然に角度が付くし攻撃的になる、安定もする。

良いことずくし、ですね。

ぜひ、試してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス テニススクール

    スマッシュ

    後ろをネットで仕切ったテニススクールの練習、〇〇を持てない生徒は成長しない

    皆さんは、テニススクールでこんな経験、無いですか?コートをネッ…

  2. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  3. テニス フットワーク

    スマッシュ

    スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い

    スマッシュをしっかり打つ、ポイントを取る。そのために、初心者の…

  4. スマッシュ

    強いスマッシュを打ちたければ、腕を振ってはいけない

    ここを勘違いしていると、いつまで経ってもスマッシュは上達しない。…

  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、スライスロブを打ち抜け!」一般レベルの試合の勝敗は、この決定力で決まる!…

    スマッシュを打ち切れるかどうか、はテニスの試合の勝敗を大きく左右します…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    戦術

    テニス歴1年未満の初心者の方でも、「試合で迷惑をかけたくない・・・」と思ったら、…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    大一番でこそ、理想を捨てる勇気を
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである
  5. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感…
PAGE TOP