テニス 練習

スマッシュ

「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。

当然決めればかっこいいし、盛り上がる!

ですが失敗してしまうと・・・その失った1ポイントは、それ以上の損失がある。

試合の流れを大きく左右するスマッシュですが、まずは自分とネットの距離感をつかんでおくことが大事。

その距離感によって、スマッシュも求められる要素が異なることをしっかり理解しておきましょう。

 

「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

 


 

■サービスラインが攻守において一つの目安に

私はいつも、サービスラインを一つの目安にしています。

サービスラインより自分がネットに近いときには、攻撃的なスマッシュを打つ。

サービスラインより後ろからなら、しっかり返球すること、まずはミスしないことを意識する。

自分がいる場所、から下がってどこでスマッシュを打つのかを、相手のロブを見て瞬時に判断できるようになりましょう。

スマッシュはラケットワークよりも、判断力が問われる技術なのです。

 

■守備的なスマッシュは回転量が多く山なり、で全然OK!

守備的なスマッシュ、少しネットから離れた距離からのスマッシュはまず回転量。

フラットに当たってしまうと直線的な軌道になるので、ネットやアウトのリスクだけ高くなってしまいます。

回転をかければ急速も遅くなるので、打った後に自分たちも態勢を立て直しやすい。

深いロブで攻撃されていることも、頭に入れておくこと。

しかもバウンド後にはしっかり伸びていくので、相手もそこまで強い攻撃が出来ないのです。

 

■しっかり上方向にラケットを振って、スマッシュにも深さを出そう!

スマッシュはコートに叩きつける、というイメージですよね。

でもそれは攻撃的なスマッシュが可能なとき。

守備的なネットから遠い位置では、しっかり深さを出すことが良いスマッシュの大事な要素です。

振り出して最初のボールの軌道は、少し上方向で山なりになる。

ですがそもそも距離がある、深さを出したいのでそれで良いんです。

球足の長い、少し遅めのスマッシュ、この機会に練習してみませんか?

得意になるとネットプレーでの守備力が、グッと広がるはずです。

 

渋いスマッシュ、の方が実は試合で重宝される。

ダブルスでもシングルスでも、後ろに下げられてどういうスマッシュが打てるのか・・・。

相手に攻撃の主導権は渡さない、回転系のスマッシュは絶対に試合で必要です。

自分の中で、ぜひスマッシュのバリエーションを増やしていきましょう。

きっとコートでの位置関係を把握して、良い選択が出来れば負けない選手になる。

テニス選手として、一皮むけていくはずです!

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  3. テニス ダブルス
  4. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

    テニスもラケットスポーツの一種。その中では、スマッシュでポイン…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと

    特にダブルスの試合、ではこの意識が大事。無理に決めよう、として…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合では、「スライスでのリターン」を覚えておくだけで絶対に試合での勝…
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう
  3. テニス知識

    飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. ストローク

    ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを…
  5. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について
PAGE TOP