テニス スマッシュ

スマッシュ

自分のスマッシュに「決定力が無い・・・」と感じている人が意識したい5つのポイント

「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。

口ばっかりの人はともかく、なかなかスマッシュって得意と呼べるまでには厳しい練習が必要。

技術だけじゃなくて、広い守備範囲が伴ってのスマッシュ上手、ですからね。

今回のテーマは「スマッシュの決定力」。

しっかりポイントを獲り切るスマッシュ、に大事なポイントを整理しておきましょう。

 

自分のスマッシュに「決定力が無い・・・」と感じている人が意識したい5つのポイント

 

1.速く、速く打点に入る

まず、これが第一。

しっかり後ろに下がる、横に動くフットワークが求められるのがスマッシュ。

決定力が欲しいなら、しっかり打てる場所に動くのは大前提。

まだまだ、アナタには動き出しの速度と相手のラケット面を観ての予測、足りないはずです。

 

2.角度を付けたコントロール

スマッシュをしっかり決めるには、コース勝負。

特にネットから近い位置では角度を付ける、コートのサイドライン近くを狙って相手に触らせないスマッシュが必要です。

ここで意識したいのは、しっかりと肩を入れた横向き、の態勢。

身体が正面向きだと、手首だけで操作しようとして上手くいかない。

サーブに近いような横向きを作れば、コートの横端にも楽に打てるはずです。

 

3.スライス回転をかける

意外とスマッシュは、「フラット系」のショットになっている方が多い。

それでも入るときは入りますが、緊張感が高まった場面でしっかり打てますか?

スライス回転を覚えておくと、打点が多少ぶれてもしっかり打てるメリットがありますので、オススメです。

バウンドしてからも滑っていく、相手の打点を低くさせることが出来ますので、しっかり練習しておけば決定力アップにつながるでしょう。

 

4.相手のいる場所を想像する

スマッシュは完全に目線を上、に向けるので相手のいる場所は見えない。

いる場所は見えないけど、それを「想定する力」は大事になります。

スマッシュを打つコースを決めるとき、それは「相手は多分、この辺にいるはず・・・」という想像力。

普段の練習から、上を見ながら相手コートを想像する。

このトレーニングは必須です。

 

5.決断力を養う

決定力には、まず決断力。

そもそも、スマッシュを打つには決断力が求められますよね。

ハイボレーばかりでカットする、では相手も怖くない。

全部のロブをがむしゃらに打つ必要は無いですが、しっかり勇気を持って打ちにいく姿勢は大事。

その決断力を養うには、しっかりした練習と準備、ダブルスであればペアとの連携力です。

 

試合でスマッシュを打つ回数、どれくらいあるでしょうか?

シングルスだから、ほとんどない?

それは、アナタがネットプレーを混ぜれていない証拠。

ダブルスなら、前衛として活躍出来ていない証拠。

しっかり打つ機会を増やす、そこで失敗しながら「決定力」の必要性に気付く。

全てはそれから、です。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

    テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。では、その…

  2. テニス ボレー
  3. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

  4. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

    テニスもラケットスポーツの一種。その中では、スマッシュでポイントが…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス タオル
  2. テニス 練習
  3. テニス トレーニング
  4. テニス ガット
  5. テニス ラケットバッグ
  1. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格、フォアハンドの回り込みダウ…
  2. その他

    テニスの試合、「見ていて気持ちの良い選手」は、コードボールに対する振る舞いが秀逸…
  3. シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5…
  5. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
PAGE TOP