テニス 準備

スマッシュ

テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあるかも知れません。

確かにレベルの高い試合では、スマッシュの決定力がすごい。

シングルスでもダブルスでも、強い選手はスマッシュに隙がありませんよね。

ですがパワー頼みになってしまうと、少しでも打点がずれたりするとミスにつながる。

試合のような緊張した場面で決定力を上げるには、思い切った発想の転換が必要かも知れません。

私自身、この発想でスマッシュが好きになりましたので、ご紹介します!

 

テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

 


 

■試合でパワーに頼ると、怖い・・・

スマッシュだけではありませんが、試合でパワー頼みになると怖い。

少しずれるだけでミスになりますし、試合の後半で体力や握力が落ちてくると、もうダメ。

でも試合の終盤に、大事なところでスマッシュを打つ機会も多いですよね。

そこで「どういう打ち方」が自分に出来るのか・・・を考えると、いかに力を抜いて、「ボールの飛ぶ方向を変える」ことが出来るかということ。

スマッシュは強引に抑え込む、という発想を変えることが第一歩です。

 

■高く上がったボールは既に、加速度が付いて力がある

ボールの飛んでいる向きを変える、だけで実はスマッシュは力強くなる。

なぜなら、高いロブはそれだけで加速度が付いていて、十分に力がある状態でラケットに当たるからです。

もちろんスマッシュのラケットワークは上にしっかり振っていきますが、その中で「ボールの向きを変える」ことを意識してみて下さい。

しっかり当たるラケット面を意識して、ボールの軌道を変える、ことが大事です。

軌道を変える、くらいの意識なら、精神的にも楽になるのでラケットの振り出しも自然に早くなるはずです!

 

■ゆったりしたスマッシュでも、十分にパワーは伝わる

大事なのは、リラックスすること。

リラックスしていれば、ボールが飛ぶ向きを変えても勢いは落ちません。

力が入ってグリップを強く握りすぎると・・・今度はボールが飛ばなくなる。

早い準備で、少し息を吐きながらゆったり振ってみましょう。

スマッシュの概念、が変わるかも知れませんよ。

 

テニスというスポーツ自体そうですが、ボール自体に結構力がある。

その向きを変えてあげる、ことがまず第一。

安全に自分の力を温存しながら、しっかりラリーしていく、スマッシュを打っていく。

くらいの余裕があれば、きっとアナタはもう試合上手。

ぜひ、スマッシュから意識を少し、変えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

    スマッシュが苦手な人って、そういう雰囲気がある。逆に決める人っ…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  3. スマッシュ

    太陽が眩しいからサーブを避ける、でも前衛は・・・?

    ダブルスの試合で、「どっちが先に、どちらのサイドでサーブを打つのか?」…

  4. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

特集記事

  1. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?
  2. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう
  3. 戦術

    持っているショットを、マネジメントするのがテニス選手
  4. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦…
  5. リターン

    「レシーブ構えている時」に意識したいテニスの試合で使える相手への印象付けテクニッ…
PAGE TOP