テニス ミス

スマッシュ

スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!

スマッシュミスで多いケース、はこのケースでしょう。

打点が近く、スロートにボールが当たってしまう人は、どこを気を付けていけば良いのか。

早く準備して、速いタイミングで振り出すことはもちろん大事ですが、それをやるもっと前段階、が大事。

ラケットの準備の位置って、意外とみなさん無頓着なんですよね。

 

スマッシュがスロート部分に当たる人は、準備のラケット位置を高くスタート!

 

1.鏡の前でスマッシュ、の素振りをしてみよう!

もし家で出来れば、ラケットは持たなくてもOK。

実際にボールを打つつもりで、ラケットを振ってみてください。

きっと、みなさんが自分で思っている以上に自分の腕の位置が低いはずなんです。

何も考えないで振ってみて、自分が第一印象、どう感じるかが大事です。

腕の位置、しっかり肘が耳より高い位置にセット出来てますか?

これが不十分だと、絶対ロブに差し込まれます。

肘の位置を上げて準備する、これを第一に考えて素振りしてみて下さい。

 

2.ラケットの先は上方向を向いて、グリップよりも高く準備

これも、ちょっとおかしい形の方が多いようです。

ラケットの先は、頭よりも高く、空の方向を指しているのが基本。

下から担いでいくような構え、ではどうしてもラケットの先が下を向いてしまいますよね。

グリップの位置よりも、ラケットの先が上の位置、にある。

これがスマッシュの良い「溜め」になるはず。

スロートに当たってしまうのは、スロート部分が一番高い位置にある、ただそれだけの話かも知れません。

ラケットの先が下がってしまっている形、ですのでこれでは良いスマッシュは打てません。

 

3.試合の現場で大事なのは、スマッシュを打つという意志表示

これが無いと、そもそもラケットの準備が出来ない。

「ハイボレー・・・いや、やっぱりスマッシュか!」みたいな決断力では、そりゃスロートにも当たりますよ。

下手したら空振り、かもしれませんしね。

スマッシュが苦手な人は、ほとんどがこの準備への意志、が不足してるはず。

決断力、が無い人に早い準備なんて無理ですからね。

 

4.スマッシュは、自分から打ちにいくショットです

落ちて来るのを待っている、そんなショットじゃない。

むしろジャンプして、自分からラケットを上方向に振って、打ちにいく。

そういう姿勢が、スマッシュには何より必要です。

自分から打ちにいくような意識、は練習から養っていかないと、試合の現場では身体が動かないでしょう。

練習からアウトするくらい、でちょうど良い。

とにかく打っていく、自分から積極的に。

その姿勢だけでも、差し込まれるようなポイントは自然に減るはずです。

 

スマッシュをしっかり振り切る、為に必要なことはシンプルです。

高く早い準備と、打ちにいく積極的な姿勢。

当たり前だと思うかも知れませんが、ロブのタイミングで「よし!」と思うだけでも違う。

私は、声に出したりもしてます。

いや、ほんとこれだけで結構変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. 【女子ダブルス 土居コーチ レッスン&ゲーム会】3/1(水) in S…
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. ※満員御礼【女子ダブルス 八木コーチ レッスン&ゲーム会】1/16(月…
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. テニス ガット

    スマッシュ

    サーブやスマッシュで効果的な、「反対の腕」の使い方について

    サーブやスマッシュ、上のボールをしっかり振り切って打つ時。この…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる

    スマッシュに苦手意識がある人は、まずこの意識から。逆クロス方向…

  3. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

    ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう

    アウトだと思って、ウォッチしたけど・・・ライン際、内側にポトン・・・と…

  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  6. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 日々の雑記

    テニスの試合に強くなりたければ、経験に投資しよう
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスはなぜ、残酷な競技なのか?
  3. テニス イベント

    その他

    テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう
  4. テニス 攻撃

    練習メニュー

    「手堅い並行陣」を崩す、テニスの試合におけるロブの戦略を磨く練習メニュー
  5. ボレー

    叩くふりしてドロップ、が試合で最高に使えるボレー
PAGE TOP