テニス スマッシュ

スマッシュ

テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基本を見直して顔を残そう!

テニスの試合では、「頭より上」のボールはしっかり打ち切ってポイントを獲りたい。

特にスマッシュの場面では、失敗してしまうと試合の流れを大きく左右してしまって、気持ち的にも落ち込んでしまいますよね。

試合で緊張した場面、しっかりラケットでボールを捕える為に必要なポイントは・・・?

今回はシンプルに、いかに目線を残すかに注意して確認してみましょう。

 

テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基本を見直して顔を残そう!

 


 

■「良いスマッシュ」を打つことにだけ集中する

スマッシュを打つときに、やりがちなのが打ったボールをすぐに見てみたいという気持ちにかられ、目線を速く相手方向に移してしまうこと。

または打った時に頭が下がってしまって打つ瞬間をしっかり見れていない。

こんな感じでは、ボールがラケットの真ん中に当たるのは難しい

まず、良いスマッシュを打つことに集中して、打った後のことは考えない。

この意識を持って臨めば、打点に顔を残してしっかりラケットを振り切れるはずです。

 

■アゴを上げて「打ち終わる」までその形を崩さない

スマッシュの練習やポイントは、「打つ前」に守ることが多い。

左手を上げて、横向きを作って・・・というのは基本として大事ですが、打つ瞬間とその直後が実際のスマッシュの精度を決めます。

アゴをしっかり上げて、打ち終わってもその顔の角度を変えないようにしてみて下さい。

打ち終わった後に、頭が下がってしまうのを防ぐ為にはこのアゴを意識してみましょう。

 

■ラケットの真ん中に当てる為には、「早く」ラケットを振り出すこと

中級者までの方のスマッシュを見ていると、振り出しが遅い。

ラケットを準備して、ボールが落ちてくるのを待ち過ぎているケースが多いように思います。

自分からしっかり打ちにいく意識を持つ為には、常に「早く」ラケットを振り出して自分から打ちにいくようにしてみましょう。

アゴをしっかり上げてキープできれば、きっとラケットの真ん中に当たる確率も上がり、早く振り出せば打点を高い位置に取れる。

シンプルに考えると、スマッシュは必ず上達してアナタの武器になります。

 

スマッシュだけでなく、テニスの技術って「目線が変わらない」というのが大事な要素。

ボレーでもストロークでも、目線が変わってしまうと打点がぶれて安定しない

ぜひスマッシュに関わらず、「打った後に目線を残す」ということは意識してみて下さい。

良い攻撃こそ、良い守備に繋がる。

次への心配はさておき、まずは良いショットを打つことに集中してみませんか?

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

    テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。では、その…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー
  4. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜いていこう!

    試合の中で、ダブルスでもシングルスでも「センターロブ」を打たれるケース…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合でしっかり「ポイントが奪える」スマッシュに必要なのは、2種類スマッシュを打ち分ける技術です

    スマッシュでポイントを終わらせることが出来ると、試合でも乗っていける。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう
  2. サーブ

    安定感のあるスピンサーブを身に付けたいなら、「ボールを捉えてから手のひらを外側に…
  3. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・…
  4. テニス ボレー

    その他

    「あぁ・・・助かるなぁ」と、試合中に感じた相手のプレーをまとめておくと参考になる…
  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い
PAGE TOP