テニス ボレー

ダブルス

「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?

もちろんポイントとポイントの間は「ドンマイ!」とか「ナイスショット!」などと声を交わしやすい。

でもポイント中だとそんなに声を掛けにくいでしょ?

 

「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

 


 

「このボールどっちが取る?俺?お前?」なんて言ってる間に、もうボールは通り過ぎてしまう。

ロブが上がったのを「オーライ!」とか「お願い!」と声を掛けることはあるけど、基本的にポイント中に会話は無理と思った方が良いね。

という事は、パートナーとどういう場面ではどっちがボールを取りに行くのか・・・ということを決めておかないといけない

「俺のボールだ!」と思って取ろうとしたら、パートナーも飛び出してきて、結局両方遠慮して取れず・・・なんてことはよくある話。

こんなのはテニスの技術とは関係ないから、スゴイ勿体ない。

そんなことが無いようにしたいんだけど、大事なことは飛んできたボールはどっちの選手が優先的に取るのかを、瞬間で決めるのは意外と難しい。

 



 

ではどういう風に決めるのか・・・と言うと、基本はボールを打った相手選手の正面の人が、ボールを先に取る権利を持っているのだ

逆にクロスの人は基本的には、2番手として待ちかまえておく。

でもあくまでも「基本的に」であって、絶対ではないのがまた難しいところ。

自分よりもはるかに強い人と組んでいたら、強い人を優先的にした方が良いし、ミックスダブルスでも男性を優先させる場合がある。

普段は正面の人を優先にしておきながら、急にクロスの方が前に出て来る作戦もアリ・・・だしね。

とにかく色んなパターンはあるけど、パートナーと「どっちに優先権があるのか」共通の考え方で試合に臨まないと、なかなか実力出し切れない。

普段からしっかりそういった事を意識してダブルスを練習して下さい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛の前にドロップショット」を打たれたら?

    テニスのダブルスの試合、よくあるケースだと思います。相手が意図…

  2. ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛のボールか後衛のボールか、分からない・・・」人はこうやって判断しましょう

    ダブルスの試合では、陣形に関わらず「前衛と後衛」で役割が異なります。…

  3. ダブルス

    ダブルスのペアと考えたい、「自分はデュースサイド、アドバンテージサイド、どっちが向いている?」という…

    テニスにはシングルスでもダブルスでも、サイドはデュースサイドかアドバン…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのストレートリターンは、精度よりもタイミングと駆け引き重視で

    ダブルスの試合、リターンで「ストレートアタック!」効果的ですよね。…

  5. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?

    ダブルスの試合で、自分のパートナーがコートの外に追い出される。…

  6. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・?

    ダブルスの試合、パートナーとの打ち合わせで「前にいく」作戦を実行したい…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブって「ペアに申し訳ない」だけは、無しで
  2. テニス 観察

    サーブ

    テニス試合の中でよく聞く言葉、「ダブルフォルトを活かしていこう!」って、口だけに…
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    練習での球出しが上手い選手は、間違いなくテニス自体も上手い4つの理由
  4. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスの試合で「試合巧者」と呼ばれる選手は、相手の心を折るのが上手い選手です
  5. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る
PAGE TOP