テニス ボレー

ダブルス

「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

ダブルスの試合中、パートナーと声を掛け合っている?

もちろんポイントとポイントの間は「ドンマイ!」とか「ナイスショット!」などと声を交わしやすい。

でもポイント中だとそんなに声を掛けにくいでしょ?

 

「ペアと仲良く」テニスのダブルスの試合で分担する為に、基本的な優先権を確認する

 


 

「このボールどっちが取る?俺?お前?」なんて言ってる間に、もうボールは通り過ぎてしまう。

ロブが上がったのを「オーライ!」とか「お願い!」と声を掛けることはあるけど、基本的にポイント中に会話は無理と思った方が良いね。

という事は、パートナーとどういう場面ではどっちがボールを取りに行くのか・・・ということを決めておかないといけない

「俺のボールだ!」と思って取ろうとしたら、パートナーも飛び出してきて、結局両方遠慮して取れず・・・なんてことはよくある話。

こんなのはテニスの技術とは関係ないから、スゴイ勿体ない。

そんなことが無いようにしたいんだけど、大事なことは飛んできたボールはどっちの選手が優先的に取るのかを、瞬間で決めるのは意外と難しい。

 



 

ではどういう風に決めるのか・・・と言うと、基本はボールを打った相手選手の正面の人が、ボールを先に取る権利を持っているのだ

逆にクロスの人は基本的には、2番手として待ちかまえておく。

でもあくまでも「基本的に」であって、絶対ではないのがまた難しいところ。

自分よりもはるかに強い人と組んでいたら、強い人を優先的にした方が良いし、ミックスダブルスでも男性を優先させる場合がある。

普段は正面の人を優先にしておきながら、急にクロスの方が前に出て来る作戦もアリ・・・だしね。

とにかく色んなパターンはあるけど、パートナーと「どっちに優先権があるのか」共通の考え方で試合に臨まないと、なかなか実力出し切れない。

普段からしっかりそういった事を意識してダブルスを練習して下さい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス力

    「ダブルスで並行陣を教えたいんだけど・・・」という質問を受けた。…

  4. ダブルス

    パートナーがダブってばっかり、その時前衛にいるなら…?

    「もう…何だよ!」と、心の中で怒っているだけ?ですか?こうい…

  5. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合、「雁行陣で行き詰ったとき」には、前衛が守備を捨てるのも有りだと思う

    ダブルスの試合、前衛の選手は動きが激しい。ボールを打っていなく…

特集記事

  1. 練習メニュー

    日々の練習を、大切に出来る人はこういう人
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がア…
  3. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく
  4. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合、厳しいリターンこそストレートに展開していこう
PAGE TOP