テニス ストローク

スマッシュ

スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大事です

テニスのショットは、パワーよりもコースで勝負。

特に学生の皆さんは速いボールを打ちたいと思いがちですが、大事な試合のポイントの場面では、やはりコース重視で安全にジワジワ相手を追い込んでいくのが望ましい。

でも、よく狙おう・・・と思えば思うほど、ミスしたり緊張してラケットが振れなかったり、というのもありますよね。

今回は、スマッシュを例にとって、「コースを狙う」うえで重要な視点の置き方についてお話したいと思います。

 

スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大事です

 


 

■「打つ方向を見る」のは、ボールがラケットから離れた後

テニスにおいて、ボールを打った後に構え直す、相手の攻撃に備えることは重要です。

ですがその意識が高すぎて、打ちながらもうボールが飛ぶ方向を見てしまっている選手が多い。

これだと正しい打点で打つこと、ラケットの芯でボールを捕えることが難しくなります。

まずはしっかり打点に顔を残して、「良いショット」を打つことに集中しましょう。

良いショット、とはすなわち、しっかりコントロールされたショットです。

 

■スマッシュこそ、打点に顔を残したい

スマッシュが安定しない人は、打ちながらもう顔が下に降りて目線が下を向いている。

入るかどうかが気になって、打ちながら相手コートを見てしまっていることが多いのです。

打ったあと、そのまま上方向、空を見続けるくらい余裕を持って下さい。

ラケットはしっかりスィングするけど、身体と肩は回転しない。

自分が打ちたい方向が決まっていなくても、自然に良いスマッシュが打てるはずです。

その為にも、打点に顔を残すことは大事です。

 

■「それだとクロス方向に打てないんじゃ・・・」と思いますか?

身体の開きを抑えると、クロス方向に打つのは窮屈に感じるでしょう。

これはサーブと同じ。

あえて身体を閉じた状態で、ラケットとボールの当たる角度でボールのコースをコントロールする。

右利きの方であればボールの右側、左利きの方であればボールの左側を打って、しっかりスマッシュにもスライス回転をかける癖を付けましょう。

そうすればきっと、コースも安定しますし相手も読み辛いショットになるはずです。

 

スマッシュで打つ方向を見ていると、相手にばれます。

守備力が高い選手は、そこまで見て予測してコートをカバーしているのです。

身体の向きを一定にして、目線を残すだけで、相手はコースは分からなくなる。

窮屈だと思いますが、ぜひ動画で撮影してみて、「どっちのコースに打っても、同じ構えからになっているかどうか?」を確認しましょう。

まずは打つ方向を、早く見過ぎないこと。

これに尽きます!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「スマッシュできるボールも、ハイボレーで処理」テニスの試合でやってませんか?

    テニススクールやテニスクラブでしっかり練習している一般の大人の方は、と…

  2. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折れてしまう

    スマッシュが得意な人は、試合で強い。そりゃそうですよね、チャン…

  4. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

    ネット際のチャンスボール、皆さんはどんなイメージで打ち切っていますか?…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

    スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?スピード?コントロー…

特集記事

  1. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの
  2. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
  3. テニス知識

    「テニスコーチング研究部」始めます!
  4. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック
  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークが安定しないときに、調子を戻す方法
PAGE TOP