テニス メンタル

テニススクール

テニススクールでの練習は、「空気を読むのが大事・・・」だけど、試合に勝つにはそれだけじゃダメです

これはテニススクールに限った問題では無いかも知れません。

サークルや仲間うちで楽しむゲームって、本番の試合と結構違いますよね。

いきなりストレートになって打たないし、サーブ&ボレーだって控えめだったり・・・。

何より最後まで諦めないでボールを追う、ということ自体も少ないかも知れません。

楽しくワイワイみんなでテニス、であれば問題無いと思いますが、試合に勝ちたいと考えている人は、あえてその空気を破っていくような勇気が必要かも知れません。

 

テニススクールでの練習は、「空気を読むのが大事・・・」だけど、試合に勝つにはそれだけじゃダメです

 


 

■テニススクールの空気に、のまれてはいけない

テニススクール自体を否定するつもりは、全くありません。

ただし、前提としてスクールでは「健康的で怪我の無い、楽しくみんなでボールをたくさん打つ」というのが目的としてあります。

そしてゲーム形式になれば、「4人でボールを回す」ような雰囲気が求められる。

自分から仕掛けてミスをしたりすると・・・どこか、「何やってんだ、コイツ?」的な空気になりますよね。

これを気にしてばかりいると、試合とはかけ離れたテニスになってしまうので注意が必要です。

 

■ラリーをつなげる癖が付いてしまわないように!

試合になってもテニススクールの癖が抜けず、チャンスなのにつないだり、ミックスダブルスのときに女性に打てなくなってしまう人。

何も考えずテニススクールでテニスをしていると、それはマイナスな要素も溜めてしまっていることになるのです。

意識をしっかり高く持って、スクールのラリーでも勝負していく、ゲーム形式では駆け引きをしていく、ことを大事にしてみて下さい。

だって試合の本番では、バンバンストレートへのリターンも来ますし、ポーチもガンガン出てきます。

練習の時点で感覚を掴んでいないと、試合では相手の勢いにのまれてしまいます。

 

■コーチにはしっかり、「試合に勝ちたい」旨を伝えましょう

「でも実際にストレートにリターンを打ったり、ポーチに出るのは・・・勇気が要る・・・」と思った方、良い手が有ります。

コーチに事前に伝えておきましょう。

「自分は試合に出たい、勝ちたい」と。

そうすればきっと、コーチは理解を示してくれますし、良き理解者になってくれます。

アナタにとっても、良い覚悟が出来るはず!

ポイントを早く終わらせること、チャレンジしていくことは絶対にテニスの成長で必要なのです。

 

人数が多いスクールだと、どうしても気を遣いますよね。

それは仕方ないことですし、あまりに空気を読まないテニスをしていても、それはそれで困りモノ。

バランスを取りながら、でもちょっと、空気を読まない方に寄ってみてください。

そんな生徒、コーチはきっと大好きです。

きっとそれだけで、試合向きなプレーが身に付きます。

テニススクールでの意識、ちょっとずつ変えていっても面白いと思います。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ロブ

    テニススクール

    中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない

    みなさんの中にも、「一体自分は、中級?上級?」と悩んでいる方も多いと思…

  2. テニススクール

    テニスを習う側が諦めている、という話

    テニススクールでのレッスンを見ていると、感じることがあります。…

  3. テニススクール

    曖昧なアドバイスは、人を不安にしかしない

    最近改めて、私自身が感じていること。人にアドバイス、どこかで…

  4. テニス 上達

    テニススクール

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

    私がアルバイトコーチの頃には、よくこう言われたものです。「もっ…

  5. テニススクール

    テニススクールの中級クラス、を目指すなら必要な要素5つ

    テニススクールで、初球クラスから中級クラスへのステップアップを目指すみ…

  6. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

    テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    安定して深く入れる、にはラケットを振り切るに限る
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!
  3. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考え…
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「しまった・・・出れた・・・」と思った相手前衛の顔を見逃すな!…
PAGE TOP